18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > 2010年08月

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

誘惑 ~終電の章~

誘惑 ~終電の章~

<ストーリー>
脅されてしかたなかったとはいえ、自分を慕う女子校生・染井桜を毒牙にかけてしまった主人公・綾部博之。彼は苦悩し、雨の中、傘もささずに街をうろついた挙句、交通事故にあってしまいます。

一方、博之を罠にはめた張本人である琴原蛍は、なんと学年主任・恭本真咲によって性的な拷問を受けていました。蛍は真咲の命令で博之を誘惑し、セックスの現場をビデオにおさめることで逃げられないようにしていたのですが、どうやら罪の意識を感じていたらしく、証拠品を盗み出そうとしていたようです。

真咲が、桜が、蛍が、それぞれ思惑を胸に秘めるなか、しかしいまだ事故の傷がいえない博之は、病室で…(ゼロアニメーションより)

<感想>
極めてエロ度の高い作品です。これはエロい!

とにかく、ストーリーについては最低限の描写しかせず、ひたすらエロを追求しています。陵辱、堕ち、純愛、マヌケなアヘ顔など、かなり振れ幅の大きいエロ展開で、飽きさせません。絵も極めて美しく、実用性抜群です!

ただ、そのおかげで、お話が破綻しています。エロアニメはエロければいいとはいえ、正直あんまりなレベルです。

とくに主人公の鬼畜シーンとそれ以外のシーンとの変貌ぐあいたるや、ほとんど多重人格者のようで、人間のありようとして説得力に欠けます。

また、オチも、衝撃的が失敗して安直になったというお手本のようなもので、ストーリーにかんしてはまったく評価できません。

全体としては、物語を重視されるかたには向きません。逆に、エロければいいというかたには、シリーズ通して間違いなく超オススメです。

なお、一箇所、非常に醜い禿デブ親父のセックスシーンがあります。相手は可愛い女子校生であるため、汚している感が半端なく、そこがいいともいえますが、なにぶん親父のデザインがひどすぎるので、精神有害かもしれません。



※恭本真咲…黒幕の美しき女学年主任。どうでもいいことですが、これだと、読みが『きょうもとまさき』になってしまいますよね…。
このエントリーをはてなブックマークに追加

誘惑 ~始発の章~

誘惑 ~始発の章~

<ストーリー>
満員電車。ひとりの少女が、痴漢に股間をまさぐられていました。

それも、太ももをさわったり尻をなでたりといった生易しいものではありません。なんと、大胆にも下着に手を入れ、あまつさえおまんこの穴にまで指を入れてくるのです。

少女の処女は、痴漢の指によって奪われました。

痴漢の正体は、星峰女学院の臨時教師・綾部博之でした。そして、少女は彼の教え子で、博之を慕う女子校生・染井桜です。

なぜ、このようなことになったのか。それは…(ゼロアニメーションより)

<感想>
教師が教え子たちを陵辱し、性奴隷と化してしまうというよくある内容のお話です。ただし、見せ方が非常にうまく、謎の盛り上げもあり、じつに興味の引かれるつくりになっています。

まず、最初に作中のエロシーンのダイジェストから始まるのですが、そこで大体の先の展開を匂わせたうえで、見事に予想を裏切ってくれます。このあたり、視聴者の印象を上手に操作しているわけで、うまさを感じます。さらに、序盤から挿入されているとあるカットは、伏線として十分に効いており、わかったときにおどろかされます。

また、カメラワークや視点の動かし方もうまく、心理描写などもたくみで、アニメとして手放しで面白いといえるできにしあがっています。

そして、肝心なエロ度ですが、実用性・絵の美麗さとも極めて高く、抜き目的に耐えます。通常のエロシーンのエロさはもちろんのこと、痴漢による手マンでの処女喪失、あるいは媚薬と暗示によって指一本ふれられていないにもかかわらず絶頂してしまう少女など、珍しいシチュエーションもあります。

ただし、アヘ顔はかなり強烈なので、ひとによっては好みではないかもしれません。また、この内容なのになぜか痴漢プレイがメイン(というか無駄に導入としてつかわれている)になっており、やはり好みはわかれます。

しかし、全体としては、普通に超オススメできる傑作です。まだ後編が未見なので、シリーズとしての評価はできませんが、とりあえず単品購入して見ても楽しめるレベルの作品であることは太鼓判がおせるでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。