18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > 2010年04月

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

奥様は魔法使い 前編

奥様は魔法使い 前編

<ストーリー>
主人公・蓮河玄陽(よもぎかわくろはる・クロ君)とアナスタシア(アナ)はごくありふれた国際結婚カップル、ではありませんでした。なんと、アナは人間の精気を吸うことによって力を得る魔法使いだったのです。

とはいえ、アナ自身は少々ズレたところはあるものの、ごくふつうに人間社会に溶けこむことのできる幼な妻です。クロ君も、ふつうの人間ではないアナを、こよなく愛していたのでした。

そんなふたりの関係が新婚から愛はあれども倦怠期に突入しはじめたある日、クロ君はとなりの家の人妻・罰谷さんに声をかけられます。

豊満・高身長・熟女と、ロリでツルペタなアナとは正反対の美女である罰谷さんに、クロ君はひそかに憧れのような気持ちをいだいており…(ゼロアニメーションより)

<感想>
夕方の時間帯に放映されているアニメのような、落ちついていてシンプルな絵柄の作品です。タイトルからして往年の名作ドラマ・奥様は魔女のパロディであり、いかにもホームドラマのようなつくりになっています。

かわいらしい絵柄ですが、萌え絵としてのメリハリは効いており、なかなかエロ度は高いでしょう。メインヒロインはロリ妻・アナですが、意外にもエロシーンの存在する熟女キャラがふたりもいて、むしろ熟女好きのほうが楽しめる気がしないでもありません。

声優さんの演技も、とくにアナ役のかたは表現力もすばらしく、エロ度も高いため、なにもなければ超オススメしたいところです。

しかし、ストーリーに少々問題があります。といっても、つまらないということはまったくありません。ただ、この絵柄でこの内容は詐欺レベルの、激烈な鬱展開が存在するのです。

どのぐらい鬱かというと、たとえばふつうにサザエさんを見ていて、波平がオヤジ狩りにあい、病院に担ぎこまれたあげくそのまま帰らぬ人になったらおなじぐらい衝撃的だろうという感じの鬱さです。子供が見たらまず泣きます。まあこの作品はエロアニメなので子供は見ませんが、イメージ的に。

わたしは予備知識一切なしでこの作品を視聴してしまったため、マジでビビってしまいました。いちおう、鬱自体はわりと耐性のあるほうだと自認しているのですが、これは家の中を歩いていたらタンスに小指をぶつけた的嫌さがあります。精神有害なので、ご注意ください。



※波平がオヤジ狩りあう…へんな例えになってしまいました。わたしはあまりくわしくませんが、クレヨンしんちゃんの登場人物に、テロで亡くなるキャラクターがいたかと思われますが、それにも似ているかもしれません。ただ、クレヨンしんちゃんはなんとなくもとから毒が強そうな気がするので、あえて国民的健康優良アニメであるサザエさんを例にした次第です。なにしろ、この作品は途中までほとんど毒らしい要素を感じなかったものですから。
このエントリーをはてなブックマークに追加

英才狂育+聖泉学淫

英才狂育+聖泉学淫

<ストーリー>
英才狂育
化学教師・嘉神慎(かがみしん)は、若いながら学生を育成することにかけては高い評価をもっている男。そんな彼を、有名でありながらも昨今は凋落し、落ちぶれつつある学校・私立秀華学園がスカウトしました。

慎の高い能力をみこんでのことでしたが、ああ、なんということでしょう。じつは、慎は、人当たりがよく、おだやかな外見とは裏腹に、女を犯して性奴隷のようにしてしまう変態鬼畜男だったのです。

当初より、そのことを見抜いていた女教師・佐倉ほのかを、まず手始めに奴隷としたあと、つづいて慎は管弦楽同好会会長にして幼なじみの少女・麻生柚月を…。

聖泉学淫
女子校の新任教師・防人伸介は、同僚の女教師・和泉詩織によって、水泳部と考古学同好会の顧問を兼任させられてしまいます。

しかし、気が弱く、生徒たちに「あいつのアレって小さいんじゃない?」などと根も葉もない噂をたてられるような伸介は、唯々諾々とその状況に甘んじることしかできませんでした。

ところがある日、伸介が疲れた体を引きずりつつ考古学同好会の部室にむかうと、なんと女子生徒のひとり結城沙耶がオナニーを…(ゼロアニメーションより)

<感想>
ゼロアニメーションでの当該ファイルは、20分弱のまったく関係ないアニメを2本くっつけたものです。聖泉学淫のほうが、はじまってすこしたってからタイトルロゴの登場する構成になっていたため、途中まで第二話がはじまるのかと面食らってしまいました。

さて、英才狂育のほうは、ありがちな鬼畜教師ものです。絵に関しては、いちぶキャラの感情表現がかなり見事ですが、平均点はそんなに高くありません。かなり手を抜いているらしいコマが散見され、ちょっと評価を落とさざるをえないのです。

しかし、声優さんの演技が神がかっています。これはすばらしい!

途中、キスシーンやフェラチオシーンなど、口がふさがっている場面でのセリフで、声がこもったような演出をしていて、工夫しているなあという感じだったのですが、後半の麻生柚月は表現力も高く、じつに聞きごたえがありました。

セリフ自体はわりとふつうなのですが、この演技を聞くだけでもこの作品を視聴する価値はあると思います。

聖泉学淫のほうは、古代の遺物が超常現象を引きおこす淫具だったという、ちょっとしたSFっぽい内容の作品です。こちらは英才狂育と打って変わり、絵の平均点が高いです。

セックスシーンなども安定感があり、セリフもちょっと説明的ながらキャラクターの関係や見ている人間が状況を理解しやすいようにしているので、好感が持てます。

ただし、良くも悪くも平均よりはすこし上というぐらいで、あまり華はないかもしれません。もちろん、安心して楽しめるわけですから、貶すようなことではありませんが。

この2作品はいずれもお話が途中で止まっています。このように、2本まとめて出されるからには、続きが出る見込みもないのでしょう。安売りワゴンセールのなかのひとつであれば、値段以上の価値があるという感じのものだと思います。



※スネカミ…英才狂育で、麻生柚月の髪型が極めて難解なことになっています。ドラえもんに登場する骨川スネ夫の髪型が物理を超越していますが、ちょうどあんな感じでした。

※アルコール浣腸…英才狂育で、麻生柚月が発泡ワインでアルコール浣腸を受けたあと、そのままアナルセックスで中出しされるシーンがあります。急性アルコール中毒を引きおこして危険なので真似をするのはやめましょう。

※温泉浣腸…聖泉学淫で、水泳部員・水嶋彩が温泉浣腸(肛門、もしくは腸内で尿をされること)をされます。感染症などを引きおこして危険なので真似をするのはやめましょう。

※聖泉学淫…聖水いわゆるおしっこプレイがテーマになっています。ただし、この作品において聖水を放出するのは常に男であり、女は常にかけられたり飲んだりして吸収するほうなのでご注意ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

淫欲特急ゼツリンオー Station.01 初体験ゼツリンオー

淫欲特急ゼツリンオー Station.01 初体験ゼツリンオー

<ストーリー>
近未来。地球上に飛来したオルガストーンという岩石を調査していた鷺ノ宮博士は、しかし突然ひとが変わったようになってしまいます。

博士はオルガストーンのいちぶを持ち逃げし、特急型車両M-77で線路を縦横無尽に駆けめぐりつつ、50人を超える女性を拉致しては凌辱し、さらにガングロ女子校生を模した巨大ロボット「輪鬼(リンキ)」を市街で暴れさせるなど、暴虐のかぎりをつくします。

いっぽう、鷺ノ宮博士と浅からぬ因縁をもつ女性研究者・こまちは、博士とはべつにオルガストーンを研究し、正義の車掌型ロボット・輪王を完成させます。

鷺ノ宮博士の暴走を止めるべく、のぞみ、つばめ、ひかりの三人の女性パイロットをそろえたこまちでしたが、結果は芳しくありませんでした。どうにも出力が足りないのです。

とはいえ、正義側の準備が整わないからといって、悪が手心をくわえてくれるはずもなく、ついに鷺ノ宮博士が街に攻撃をしかけてきたとの報がはいってしまい…(ゼロアニメーションより)

<感想>
ロボットアニメ、なかんずく勇者シリーズと呼ばれるもののエロパロディとでもいうべき作品です。

パロディといっても、ストーリーの流れ自体はむかしからある巨大ロボットヒーローものと大差ありません。わたしは当該シリーズはよくしりませんが、ふつうに楽しむことができました。

たぶん、しっているひとならこまかいところでニヤリとできるのでしょうが、しらないひとでもバトルの迫力や正義側の雰囲気、悪人の雰囲気などもしっかりしており、見応えがあります。

そして肝心のエロ度ですが、設定上エロが必要不可欠(ロボットを動かすのに性的興奮が必要、また快感の深さにより強いパワーが出る)ため、きわめて高いです。

具体的には、悪人側が拉致した女性たちを触手や肉棒で凌辱、正義側がオナニーなどで性感を高めてエネルギーを充填し、パワー比べをするということになります。バトルをはさみながらというのと、はじめから快感を引き出すためで心理的なものがなにもないというところで好みが分かれるでしょうが、まず見応えはあります。

アニメ単体としては、アホなことを大真面目にやっているところがいかにも笑え、またロボットヒーローものとしての要素もとても楽しいものです。そのぶんちょっと子供っぽくはありますが、そういうのが好きな方には超オススメ、そうでない方にもそれなりといった感じだと思います。



※出力…とある理由により、正義側が女性パイロットしか集めなかったことが原因になります。後半、ネタバレになるので書きませんが、謎のキャラクター・リンの活躍により解消されます。

※ロボット…男の博士があやつる悪のロボットが女子校生型で、女性パイロットのあやつる正義のロボットが男性車掌型になります。それに付随して、バトルでの必殺技の応酬がとても愉快なことになります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

淫の方程式 第二話 凌辱の宴

淫の方程式 第二話 凌辱の宴

<ストーリー>
学園理事長の暗殺に失敗してしまった佐伯沙夜子。彼女は逃亡の途中、肉の疼きに耐えかねて街のチンピラふたりを路地裏に引きこみ、二本挿し3Pをおこないます。

尿と唾液と愛液と精液にまみれ、気でも狂ったかのように悶える沙夜子が立ち去ったあと、のこったのは完全にミイラ化して死んでいるふたりのチンピラでした。

翌日、自身の正体を隠して学園養護教師に復帰した沙夜子でしたが、学園側の追及は彼女が思うほど甘くはありませんでした。

なんと、沙夜子がスパイであることはすでに露見しており、クラス委員長・中禅寺桐華をはじめとした学園長・ソニアの手先たちが…(ゼロアニメーションより)

<感想>
エロ度は高いものの、非常に意味不明な展開を見せる作品です。

とにかく、キャラクターたちはひたすらヤリまくってるだけで、いったいどこを目指してストーリーがすすんでいくのはわけがわかりません。主人公は人間というよりは淫獣のたぐいらしく、だからといって敵もぜんぜん正義には見えませんし、そもそも前回淫の方程式 第一話 夜の獣で最初にでてきたドラッグがどうとかいう話にも触れられません。

コミック原作の作品で、おそらくは設定など、いろいろと練られている気配はあるものの、気配だけです。ほとんど描写がないため、考えるだけむだでしょう。

第二話の段階でおわっておらず、また続きもなさそうなので、この説明不足は打ち切りにともなうグダグダなのかもしれません。

さて、散々悪いところばかり書いてしまいましたが、エロ度はなかなかのものです。

残念ながら絵はへたですが、爆乳と腰のくびれ、そして尻のでかさ、さらに斬新かつ大胆な体位など、ネタにできる楽しいへたさです。また、いい感じに下品な表現なので、絵が綺麗じゃないといやだというかたでもなければ、実用性は充分でしょう。

そして、声優さんも、淫乱きわまりないセリフを気合の入った演技でこなしてくれています。ふつうのアダルトビデオの痴女ものなど、セリフが棒読みだったりして萎えることがあるのですが、アニメのセリフは訓練をうけた声優さんがやっているので、迫力があります。

なにぶん、ストーリーがグダグダかつおわっていないので、むりに見る必要はありませんが、見ているあいだはエロとして楽しめるでしょう。いろいろとダメダメですが、わたしは悪くないと思いました。


淫獣…分類しにくいのでファンタジー系にしていますが、触手シーンが存在します。しかし、通常、触手というのはちんぽを比喩的に表現するために描くものですが、この作品ではなぜかふつうにちんぽが触手化しています。つまり、うねうねと稼動するちんぽが一人の人間から何本も生えているというとても奇怪な状態で、ちょっとびっくりしました。言っていることがわかりにくいかもしれませんが、触手ならモザイクなしでも絵にできますが、うごくちんぽはモザイクを入れないとヤバイという違いがあります。

触手…女性をおまんこもしくは肛門から口まで串刺しにして貫通しているとしか思えないシーンが存在します。ただし、貫かれた女性はとくにダメージを負っている様子はありませんでした。

ソニア…ふたなり熟女です。ふたなりといっても、クリトリスが巨大化するタイプではなく、膣から引っぱりだすタイプのようです。自分の膣内で感じたりしないんでしょうか。じつにふしぎです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

淫の方程式 第一話 夜の獣

淫の方程式 第一話 夜の獣


<ストーリー>
ホテルにて、三人の不良少年たちに、肉棒でつらぬかれ、えぐられ、ほじくられるひとりの美女。しかし、女は行為の翌朝、なにもいわずにいなくなってしまいました。

ところが数日後、その少年たちのかよう学園に、例の女があらわれました。佐伯沙夜子。なんと、彼女は学園の新任養護教師だったのです。

じつは、沙夜子はある目的のために学園に潜入したスパイであり、不良たちと肉の交歓を演じたのも、その目的のためでした。

巧妙に、学園保健室のアイドルの立場にたった沙夜子は、自分にあこがれの感情をもつ学生(ただし変態のぞき魔)の矢野涼一を利用し、学園長・ソニアの周辺をさぐりはじめ…(<ゼロアニメーションより)

<感想>
非常に下品な表現で実用性の高いエロアニメです。

なにしろ、女性キャラクターは全員メロンどころかスイカのようなおっぱいの爆乳、そしてくびれた腰に巨大な尻、さらにたわしのような剛毛陰毛、シーンによってはなんとケツ毛まで生えているという卑猥なデザインです。

そんないやらしいキャラクターが、卑語をたれながし、舌をぬめぬめと動かしながらザーメンまみれになっていくということで、非常にエロエロな仕上がりになっています。

とくに、主人公の沙夜子が、主人公にしてはめずらしく正真正銘の淫乱であるため、セリフまわしなどもかなり迫力のあるものでした。

絵はそんなにうまくありませんが、こうも遠慮のない即物的な表現をされると、むしろこのへたさ(というほどへたでもありませんが)も味があると思えてくるからふしぎです。

さて、ストーリーに関してですが、これはちょっと説明しづらいです。

いちおう、中盤まではありきたりなスパイものなのですが、エロの比重がきわめて高く、どちらかというとストーリーはどうでもよさそうな雰囲気がただよっています。

しかし、中盤以降、スパイものなのはおなじなのですが、なにか雰囲気がかわっている気がします。ネタバレになるのでいえませんが、これはなかなかさきが気になり、楽しみになります。

全体として、傑作のたぐいではありませんが、見ているあいだは楽しめるレベルの作品でしょう。期待しなければかなり楽しいといったところではないかと思います。



※ノーブラ…どうやらこの作品内はブラジャーが存在しない世界らしく、女性キャラクターは全員服の胸の先端あたりがなにかのスイッチのようにもりあがっているほか、前をはだけただけでぷるんとおっぱいがこぼれでます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

淫娘-いんこ-シリーズ( Episode.1・2・3)

淫娘-いんこ-シリーズ( Episode.1・2・3)

<ストーリー>
淫娘-いんこ- Episode.1『異常な愛情』
ファストフード店でアルバイトをする女子校生・レナは、しかし店長・雄一郎のセフレになることでお小遣いをもらうこと、すなわち援助交際という秘密のアルバイトをもこなしていました。今日も妊娠よけのためのアナルセックスで腸内に中出しを…。

淫娘-いんこ- Episode.2『性欲の代償』
バイトもおわり、着替えの時間。レナは遅れてやってきた同級生で友人でセフレの彩夏に悪戯をしかけ、レズ行為におよんでしまいます。

しかし、そこに店長が乱入してきて…。


淫娘-いんこ- Episode.3『最愛の人』
更衣室でレズという格好の弱みを握った店長。彼はふたりをお仕置きと称して犯すという職権乱用行為にでます。

ところが、レナの口から飛びだした『勝』という少年の名前に覚えのあった店長は…(HanimeZより)

<感想>
極めて絵がエロ美しい実用向きの作品です!抜きに超オススメ!

中の中レベルの作品であった淫母-いんぼ-シリーズ( Episode.1・2・3)にくらべると、というか比較にならないほどレベルの高い作品です。

正直、おなじ会社が関連シリーズとしてつくっているとは思えません。淫娘シリーズのほうは、内容こそ普通のアダルトビデオですが、絵とエロ度に関しては超傑作レベルです。

この作品も、淫母とおなじく十分ていどの作品がみっつくっついているのですが、とくにすばらしいのは淫娘2と淫娘3になります。絵の美しさもさることながら、表情などによるキャラクターの感情表現が見事で、しかも実用性に貢献しています。

とくに、乳、尻、太ももの表現、肛門とおまんこの表現、そして陰毛の表現はすばらしい!ひさしぶりにすばらしいを連呼したくなる作品です。

なお、ストーリーに関しては、淫母シリーズとはたしかに関連がありますが、かなりむりやりくっつけたという印象です。淫母シリーズも、つまらなくはありませんでしたが、もしDVD等で単品購入を考えている方がおられるなら、まずこちらを見ておくだけでいいでしょう。

それにしても、こういう伏兵が突然出てくるから、知らない作品を見るのはやめられません。個人的には、最後のあたりでレナがウィンクするシーンはなかなかキました。



※伏字…この作品においてはレナが女子校生であるというというセリフに伏字、いわゆるピー音処理のフィルタがかかっています。おそらく大学生をふくむ女子学生の一形態をあらわす『女子校生』という単語と、女子の高校生をあらわす『女子高生』という単語と発音がおなじため、誤解をふせぐための処置でしょう。当然のことながら、作中登場人物たちはすべて十八歳以上です。ゆめゆめ、おまちがえくださいますな。


<相関関係>
いちおう、ザッピング手法の作品なので人物の関係をまとめておきます。ネタバレになるので、気にするかたは読まないでくださいませ。ちなみに、ふつうに淫母→淫娘と見たほうがおもしろい気がします。



勝…男子校生。淫母シリーズの主人公。サッカー部所属
さおり…勝の義母。
みゆき…さおりの姉。
レナ…みゆきの娘。淫娘シリーズの主人公。友人でレズセフレの彩夏をアルバイトに誘う。
彩夏…レナの友人でレズセフレ。勝が好き。でも男が苦手。
雄一郎…レナや彩夏の働くファストフード店の店長。勝の学校のサッカー部のOB。
このエントリーをはてなブックマークに追加

淫母-いんぼ-シリーズ( Episode.1・2・3)

淫母-いんぼ-シリーズ( Episode.1・2・3)

<ストーリー>
淫母-いんぼ- Episode.1『熟女の色香』
男子校生・勝は義母・さおりから『帰りに自分の姉のところによって忘れ物をとってきてほしい』とのお使いを頼まれます。

すなおにいうとおりにした勝でしたが、母の姉、すなわち伯母のみゆきは、なんとまだ明るいうちにもかかわらず部屋のカーテンをしめきり、アダルトビデオを見ながらオナニーを…。

淫母-いんぼ- Episode.2『止められない劣情』
伯母のオナニーを目撃した勝は、まだ年若いこともあり、思わずビビってその場から逃げ出そうとしてしまいます。

しかし、植木鉢をひっくり返してしまい…。

淫母-いんぼ- Episode.3『新たなる劣情』
義理の息子・勝や姉のみゆきに電話をかけるも、つながらなかったさおり。どうしたのだろうと不審に思い、姉の家に向かってしまいます。

しかし、そこで目撃してしまったあまりにも衝撃的な場面に…(HanimeZより)

<感想>
ストーリー紹介のところがすこしおかしな感じになっておりますが、じつはこの作品は十分ていどの長さのショートストーリーがみっつくっつけられているという変則的な構成になっています。

なぜふつうに一本の作品として出さなかったかというと、どうやら、『淫母-いんこ-』というシリーズとセットになっているらしようです。おそらく、製作者側の意図としては『淫母1』→『淫娘1』→『淫母2』→『淫娘2』というふうにザッピングしながら見てほしかったのかもしれません。もっとも、配信サイト側のまとめで問題が生じるというわけでもありませんが。

さて、予備知識にしかならない内容説明をしてしまいましたが、この作品はようするにただの熟女モノのアダルトビデオだと考えていいでしょう。よくも悪くも超常現象はおきませんし、アニメならではの表現もとくにありません。せいぜい、勝のキャラクターがいい感じに美少年しているところぐらいでしょうか。

とはいえ、絵はそんなにうまくないながらなかなかに下品で、わりとそそります。M男属性が入っているひとには、勝がうらやましく感じられるかもしれません。

それに、血が繋がっていないとはいえ禁断の関係に陥るにもかかわらず、登場人物みんなが楽しくやっているので、見ていて気分よくなれます。

どちらかというと笑い飛ばせる内容であり、しかも下品さからエロ度も充分に確保されているので、傑作とはいかないまでも見ている時間は楽しめるでしょう。これめあてに単品購入するようなものでは全くありませんが、月額会員の方ならオススメできます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

淫堕の姫騎士ジャンヌ THE ANIMATION Seen2.「晒されたボテ腹王女」

淫堕の姫騎士ジャンヌ THE ANIMATION Seen2.「晒されたボテ腹王女」

<ストーリー>
オーガ族族長・ギドーにより、肉体改造のお札でおまんこを封印されてしまった聖王女・ジャンヌとその母・セリーヌ。そのお札の力は、しかし肉体を異種交配できるように改造するという本来の目的のほかに、思わぬ結果をもたらしました。

なんと、そのお札は、貼りつけたものでしか取ることができないというのです。すなわち、ジャンヌたちは、おしっこという恥ずかしい排泄行為をするときにすら、いちいちギドーの許しを得なければならない状況におちいってしまったのでした。

もちろん、のべつまくなしに肛門を犯しまくられ、とくに歳も若く、性体験の薄いジャンヌは、やがて精神的にも追い詰められていきます。

やがて、ジャンヌは錯乱のあまり、周りから自分を辱めるような幻聴にさいなまれるようになり、さらに…(ゼロアニメーションより)

<感想>
極めてエロ度の高い実用性抜群の作品です。抜きに超オススメ!

高貴で気高い人間が卑語を言わされる、あるいは美少女の寄生虫による強制ふたなり化と近親相姦ふたなりレズ、あるいは断面図表現による中出しと孕ませ、寝取りいわゆるNTRなど、単体でも破壊力抜群のシチュエーションをこれでもかとつめこんであります。修正済み表現の作品ですが、もはやそんなことはどうでもいいぐらいにエロい!これはすばらしい!

そして、セリフがすばらしい!

「孕んで、はらんでください。わたくしの子を、生ませてあげたいの、お母さま。……もういけません。わたくし、ちんぽ……ちんぽ、ちんぽ、ちんぽしびれて」

「いやあ! 意識させてはいや。妊娠いしきしたら、子宮がおりてきて……ああ、開いたわ。いま子宮口が、ジャンヌのおちんちんをくわえこんで……いやあ! いけないの。娘のおちんちんですの。親子なんです。天使さまお許しを、罪深い親子にお慈悲を……! 」

と、このような素敵に感動的なセリフが目白押しです。声優さんの演技も気合のはいったもので、実に聞き応えがありました。わたしはこういうのは大好きです!

なお、いちおう、ヒロインが完堕ちしているので、バッドエンドという形になります。といっても、非常に爽快感があるので、へたにハッピーエンドにするよりもある意味後味はいいかもしれません。ジャンヌ自身もラストでは幸せいっぱいのようですし、むしろこの作品はオーガ側に感情移入したほうが楽しめるかと思います。



※断面図…内臓が透けて見え、なかで射精しているのが見えるジャンル(?)を『断面図』というらしいです。わたしはごく最近まで知りませんでした。エロ用語というのも奥が深いですね。

※アナル…肛門は英語でアヌスといいます。アナルとは形容詞で、『肛門の』というような意味になります。しかし、アナルセックス(肛門での性交)という言葉が広く知られているためか、肛門そのものをアナルと表現することがまま見られます。この作品においても、アナルを肛門の意味で使っているようです。言葉は生き物ですし、和製英語としてのアナルはエロ用語として定着したと考えたいところです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。