18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > 2009年06月

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テラストーリー 1  ~告白~

テラストーリー ~告白~

<ストーリー>
主人公・ケイスケは五月学園に通うごく普通の気のいい少年。騒がしくも世話好きな幼なじみ・理奈とともに電車に揺られて学校に通っています。ときどき、なぜか無言電話がかかってきたりもしますが、とりあえず平和に日々を過ごしていました。

そんなある日、ケイスケは電車でとても美しい少女を目にしました。あれは、おそらく聖・神無月学園の女子生徒。ケイスケはその少女に恋をし、いつしか宝物のように大切だとすら思えるほどの気持ちを育みます。

さて、恋人いない暦一年ばかりを数え、そろそろ新しい彼女が欲しい頃合。ぜひ、あのひとに恋人になって欲しい。そう考えたケイスケでしたが、接点がまるでありません。そこで、こういうことに詳しい友人のトモヤに相談してみたのですが、なんとトモヤのたくさんいるカノジョのひとりが神無月学園の女子生徒だというのです。

これはチャンスとばかり、ケイスケはトモヤに、くだんの女子生徒の名前などの情報を収集することを依頼しました。もちろん、無料というわけにもいかないので、トモヤのデート代を支払うということで合意に達します。

と、そんなわけでアルバイトに精を出していたケイスケでしたが…(ゼロアニメーションより)

<感想>
非常に甘酸っぱく、照れくさい作品です。ラブコメの類になると思われるのですが、コメディというよりはドラマ寄りで、真面目な感じのお話になります。

絵に関しては極めて美しく、実に丁寧です。顔がやや個性的ですが、これは特長として褒めるべきところでしょう。基本的にはリアル志向の絵で、萌え絵が好きな方には違和感があるかもしれませんが、これはこれでとてもいい絵だと思います。また、絵が上手いために女体の表現にも迫力があり、エロ度にも貢献しています。

そして肝心のエロ度に関しては、内容が真面目っぽいわりにセックスシーンのボリュームもきちんととってあるため、実用性はそこそこあるでしょう。なにぶん真面目な作品と但し書きがつくような内容であるため、そういう考えで見づらいのが難点と言えるかもしれません。シチュエーションというか、セックスをする場所選びに関してはなかなかがんばっていると思います。

なお、この作品においては主人公のセックスシーンがありません。そのあたりで、ひとによって好みが分かれる可能性があります。つまり、主人公ががんばって恋愛成就に向け邁進する一方でヤリチンがセックスしまくっている、というような感じの展開になるからです。さらにある状況から、べつにそういう内容ではないのにも関わらず、そこはかとなく寝取られのような雰囲気が醸し出されています。

さて、面白いか面白くないかでいうと、わたしはちょっと微妙だと感じました。いくつか不満を述べさせていただくなら、まずはラブコメにありがちなすれ違いが少々鼻につく点です。波風が立つのは仕方ないにせよ、大切な分岐点において主人公が最悪の行動(しかもほとんど偶然や他人の暴走の結果によって)をとってしまうために問題が発生するのはあんまりです。

それと、ヒロインについても、デザインは美麗ながらちょっと性格に難があるかもしれません。幼なじみの理奈は今風にいうとツンデレで、思い込みが強すぎ、主人公のためとはいえ勝手に暴走した挙句少々理不尽なことで主人公を責めたりします。また、五月学園の女子学生である美々は行動に一貫性が感じられず、主人公の思い人である美砂は宝物と表現されるだけあって遠い存在であり、感情移入するほどの絡みが存在しません。

この作品はエロゲー原作であり、原作を知っている方ならヒロインを理解できたのかもしれませんが、たった30分未満であるこの作品単体だとそこまで魅力的だと言えないが残念なところです。

ふと考えたのですが、もしなにかわたしが知ってる作品の二次創作でこれと同じ筋の話をやったとしたら、かなり面白いと感じたのかもしれません。つまり、キャラクターに愛着がないと楽しさが半減してしまうタイプの物語だったのだと思います。

なんにせよ、アニメとしては極めて高いクォリティの作品なので、見て損ということはないでしょう。



※無言電話…作中に無言電話のシーンは存在しません。重要な場面で後出しのようにセリフ出てくるので、前提条件というか設定として知っておいていいと判断しました。おそらく、原作にこのような展開があるのでしょう。このあたりを見ても、この作品は原作を知っているひと向けなのだと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴィシャス 2

ヴィシャス 2

<ストーリー>
メイド・ブリジットが死にました。主たるヴィドック卿にいいように犯され、精神を壊していく様を見かねた使用人・ジョンが、ふたりして逃亡することを持ちかけた翌日、湖に浮いているのが発見されたのです。状況から見て、自殺だと思われました。

引き上げられたブリジットのなきがらに対し、しかしヴィドック卿は庭にでも埋めておけと冷たく言い放つばかり。また、アンジェラにしても悲しむそぶりすら見せず、むしろ悲嘆にくれるジョンに対して激しくセックスを求めてきます。

盛りがついた獣のようなアンジェラの欲求にただ流されるジョンでしたが、やがてその胸にはある疑念が浮かびはじめ…(ゼロアニメーションより)

<感想>
ものすごくわたし好みの作品です。

ネタバレになるのでなにがどうわたし好みなのかは言えないのですが、とりあえず人間が死ぬ展開になるため、ひとにより好みが分かれるとだけ言っておきましょう。個人的な好みだけでいえば超オススメなのですが、ホラー・猟奇系に分類されるべき作品であり、血の表現などもあるので、万人に手放しでオススメできないのが残念です。

さて、この作品の見所といえば、やはりアンジェラの淫乱ぶりに尽きると思われます。普通、権力を持って目下のものを陵辱するというのは男の主人であることが多いのですが、この作品ではお嬢様たるアンジェラが使用人・ジョンをほとんど犯すようにして関係を持つようになります。

なにしろ、ジョンが寝ているあいだに強引に上に乗って腰を動かすだの、暇さえあれば物陰に引っ張っていっておまんこを舐めることを強要するだの、やりたい放題。しかも外見がロリなものですから、いかにもセックスを覚えたばかりの少女が男に狂っているという感じで迫力があります。

少女は狂っているほど美しい。そんな感性の持ち主の方は、見ても決して損はないでしょう。こういう系列の作品の中ではかなりできがいいと思いますので、猟奇風味が嫌いでない方はぜひ見てみてください!



※庭にでも埋めておけ…作中でジョンがヴィドック卿の人間性に疑問を持つ言葉。しかし、これって冷たいのかなと思わないでもありません。すくなくとも、この作品の時代背景であれば、普通、メイドが死んだら家族が呼ばれてそちらで埋葬されるはずです。身寄りがないなら共同墓地に埋めると思います。勤め先の庭に埋めるというのは、むしろ温情を感じるようなことなのではないでしょうか。実際のところどうなのかよくわかりませんが、わたしがまえに読んだ時代小説で、死んだ愛妻を庭に埋めるというシーンが出てきたので、どうなのかなと思った次第です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴィシャス 1

ヴィシャス 1

<ストーリー>
母親が階段からの転落事故で亡くなったあと、ヴィドック家の一人娘・アンジェラは塞ぎこんでいました。使用人のジョンは、そんなアンジェラの姿を、母の死にショックを受けたからだと考えています。しかし、それは正確ではありませんでした。

なんと、アンジェラの父であるヴィドック卿は、妻の葬儀に仕事と称して出席しなかったくせに、そのあいだ実はメイドのブリジットを手篭めにしていたのでした。そして、アンジェラはふとした偶然からその様子を目撃してしまったのです。アンジェラが塞いでいたのは、そんな父に対する嫌悪。そして、性に対する歪んだ興味からでした。

そんなこんなで半年。使用人ジョンがひとり変わらぬ穏やかな日常を過ごす中、しかしヴィドック家では水面下でさまざまな歯車が狂いはじめ…(ゼロアニメーションより)

<感想>
貴族の爛れた性事情を描いた作品です。

絵に関しては十分に美しいです。微妙にチープな感じのする絵柄であるため、すごい絵だと手放しで褒めるほどではありませんが、チープさが逆に下品さを醸し出しており、エロ度には貢献しています。ものすごく美麗な絵もいいですが、わたしはこういう絵のほうが好みかもしれません。とくに、主人であるヴィドック卿がメイド・ブリジットをうしろから犯すシーンで、突き込みながらクリトリスをくりくりとこねまわすシーンには迫力がありました。

また、アンジェラの陰毛は生えかけなのかほんのひとつまみぐらいの量しかなく、また乳房のふくらみも可愛らしいということで、ロリ好みの方には嬉しいかもしれません。

エロシーンのボリューム、シチュエーションの美味しさともに十分納得でき、抜きの使用には十分に耐えます。お話からして、セックスが重要な要素を占める内容であるため、まさにエロアニメに相応しいというべき作品でしょう。

さて、この作品の主役はおそらく使用人ジョンで、ヒロインがアンジェラということになるのだと思いますが、ジョンがほどよく鈍感(ブリジットとヴィドック卿との関係に気付いていないとか、アンジェラの早熟な魔性に気付いてないとか)なので、いろいろと美味しいことになっています。微妙に寝取られな感じもあり、好みのかたにはかなりいいのではないかと思います。

なお、この作品にはライトな表現ながら薬物中毒の描写があります。そのあたりで微妙に鬱が入るかと思いますので、ご注意ください。全体としてはよくできた佳作であり、見る価値は十分だと思います。



※ヴィシャス(Vicious)…悪意のある、危険なの意。セックスピストルズの二代目ベーシストであるシド・ヴィシャスの芸名としても知られている単語。シド・ヴィシャスは薬物の過剰摂取で世を去っていますが、この作品もそれに引っ掛けているのかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

学園の狩猟者 後編

学園の狩猟者 後編

<ストーリー>
学園長・鷹峰大三郎を陥れるために画策する主人公・加納秀一。学園長の姪である鷹峰白音を抱き込み、着々と陰謀をめぐらしていきます。

一方、同じころ、ノエルは柳原青葉・双葉・三葉の三つ子によって体育用具倉庫に監禁されていました。じつはこの三つ子はかなり邪悪な性質をもっていて、ノエルに対し教師の妹であるということに因縁をつけ、体育倉庫に引きずりこんできたのです。

全裸に剥かれ、縛り上げられ、竹刀でおまんこをつつきこまされた挙句、無理矢理ねじ込まれと、口にするのもはばかられるような陰湿ないじめを行われ、あまつさえその恥ずかしい有様を携帯で写真に撮られるというあまりにも悲惨な目にあっていたノエルでしたが、そこに秀一が現れ…(ゼロアニメーションより)

<感想>
しょっぱなから鷹峰白音との濃厚セックスに続き、柳原三姉妹によるノエル陵辱、さらに秀一による三姉妹への報復と、強烈なエロシーンが続きます。はじめから飛ばしているなあという感じで、実に見応えがあります。

とくに、柳原三姉妹のシーンについては中々のものです。三つ子ということで、みっつ同じ顔と体が並んでいるというのも壮観ですが、すごいのは主人公です。三人の女を同時に犯しまくり、全員の足腰が立たないようにしてしまうのですが、いったいどこのセックスマシーンかという感じで、冴羽りょうもびっくりです。

そのほか、父の見ている目の前で結合部分を見せつけながら娘を犯すなど、シチュエーションにも凝っており、エロ度・実用性ともに十分!エロアニメとして超オススメです。

さて、お話に関してですが、場面の演出などは実に上手いのですが、少々登場人物の行動原理にぶれが感じられます。一応、伏線なども張っており、説得力を出そうとしているのはわかるのですが…。

これはおそらく、必ずエロくしなければならないというエロアニメとしての制約と、登場人物の多さにより描写が散漫になってしまったからでしょう。エロ要員としてはいい味を出していた柳原三姉妹や前作学園の狩猟者 前編に登場した御坂春子あたりは、ストーリー的にはいなくてもいいキャラだったと思います。

とくに御坂春子は今回登場していません。そのため、柳原三姉妹という脇役を目立たせるための伏線としての役割しかないといいう、大変不憫な状況になっています。この人物たちをばっさり削除して、もっとノエル、そして鷹峰白音、恵玲奈らについて掘り下げたほうが、お話は面白かったのではないかと思います。エロアニメなのでエロければいいのですが、やはりこれは惜しいです。

ラスト、さらりと描写されていますが、相当に悲しい結末になっています。鬼畜系や鬱系が苦手な方には注意が必要かもしれません。せめてここで御坂春子が出てきてくれれば…。



※冴羽りょう…シティ・ハンターの主人公。うろ覚えですが、どこかで40人の女たちと関係を持ち、全員足腰立たなくしたというのがあったように思います。もっとも、たしか一ヶ月ぐらいの期間をかけてのことであり、おそらくはほんの一時間足らずで三つ子を再起不能にした加納秀一も負けてはいないと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

学園の狩猟者 前編

学園の狩猟者 前編

<ストーリー>
両親の事故死をきっかけに、実家に戻ってきた主人公・加納秀一を出迎えたのは、母親の違う妹・ノエルでした。

なぜか両親と確執があり、実家に寄り付かなかった秀一でしたが、ノエルにとっては大好きなお兄ちゃん。親がいなくなってしまったのは悲しいことだけれど、これからは義兄妹手を携えて仲良くやっていこう。そう提案するノエルを、しかし秀一は突然押し倒してしまいます。

お前はおれの保護者だ。おれの言うことにしたがえ。そう怒鳴りつけ、秀一はやにわにノエルの喪服を剥ぎ取ると、そのまま前戯もなしに貫いてしまいました。

両親の遺影が見守るなか、義理の妹を激しく貪る兄。しかし、やがてノエルはレイプの衝撃と兄に対するかねてからの恋慕、そしてなすすべなく犯される被虐的な快感に我を忘れはじめ…(ゼロアニメーションより)

<感想>
同名のゲームが原作の作品です。

出だし、いきなりの妹レイプシーンに始まり、上手にストーリーを展開させつつエロシーンのボリュームを確保するという、なかなか構成のうまい作品です。絵についても極めて美しく、適度なデフォルメが効いていて十分に見応えがあり、エロ度・実用性に貢献しています。

一応、処女やそれに近い状態の女が犯されてすぐに自ら腰を動かし、よだれをたらして性奴隷になることを誓うという、実に即物的な描写なので、ひとによっては微妙に萎えるかもしれません。わたしはこういういかにもなエロが大好きなので、大喜びで見てしまいましたが、エロさはひとそれぞれです。

さて、ストーリーについては、主人公が新たな赴任先となった鷹峰学園に妹を編入させ、そこでなんらかの陰謀を目論み女たちを犯しまくるという内容になっています。主人公の目標がなんなのか、仄めかされているだけでよくわからないため、現状ではストーリーがどうとは評価しきれないところがあります。しかし、各場面の演出が素晴らしいため、かなり引きこまれてしまいました。とりわけ、登場人物の娘たちが全員なにがしか魅力的な部分を持っていて、インパクトがあります。

一部、トラウマの表現や、冷静に考えれば陰湿・陰惨な設定も存在するのですが、上手に流しています。痛みを感じるというよりは、意外な設定に驚きながら登場人物の人格を理解できるという感じで、うまいと思います。

全体として、普通に超オススメできる面白い作品です!ぜひ見てみてください!



※ノエル…クリスマスやそこで歌われるキャロルを意味するフランス語。男性・女性ともに使える名前。日本語でいうと『みゆき』とか『かおる』とかそんな感じかもしれません。



※登場人物…意外に人数が多いので、登場人物をまとめておきます。

男キャラ
・加納秀一…主人公。マザコン?なにか家庭に関してトラウマがある模様。主人公ながら、現状ではなにを目的に行動しているのか不明。とくにすごいセックステクニックを持っているというわけでもなさそうだが、犯すとなぜか女が狂う。
・学園長…政治家を目指しているらしい。選挙の準備をしているため、学園を空けたりする。

女キャラ
・加納ノエル…主人公の義理の妹。ブラコンで、兄に対して従順。フランス語の名前ですがべつにハーフではないみたいです。
・御坂春子…鷹峰学園での主人公の同僚女教師。ロリ巨乳天然ボケ。
・鷹峰恵玲奈…学園長の娘。三年生ながら学園長の補佐をこなす才媛。
・鷹峰白音…学園長の遠縁にあたる娘らしい。ノエルのルームメイト。スレンダー長髪無口素直クール。今回一番美味しいキャラかもしれません。
・柳原青葉・双葉・三葉…一卵性の三つ子。かしましい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

フロントイノセント VOL.1

フロントイノセント VOL.1

<ストーリー>
二ヶ月ぶりに農場に帰ってきた娘が家族やそれに準ずるメイドたちと、楽しい時間を過ごしながらセックスする話です。途中、伏線らしきものが出てきますが、現状ではストーリーらしいストーリーはありません。(ゼロアニメーションより)

<感想>
極めて絵が美しい作品ですが、同時に奇妙な味わいのある不可思議な作品でもあります。

公式サイト見ると、舞台は南北戦争時代のアメリカ南部ということですが、いろいろと異様です。たとえば、ヒロインであるフェイの住まう農場のメイドさんたちです。なぜか胸と下腹部が剥き出しのメイド服を着ています。そのため、乳房やたわしのようなものを丸出しにしているメイドさんたちに、ごく普通にフェイが帰宅の挨拶をしているというものすごい状況になります。

また、フェイは家に着くと真っ先に父親のもとに向かい、子供らしく嬉しそうに抱きつくのですが、父親はそのときメイドふたりを犯していました。ひとりのメイドが床に倒れ伏し、もうひとりがちょうど中出しされたばかりでおまんこから精液をしたたらせるなか、父親はフェイに抱きつかれて目を白黒させるという凄まじい状況になります。その時代のアメリカについてはよく知りませんが、驚くべきことです。

一応、ひとさらいらしきキャラクターが出てきたりと、VOL.2以降の波風は予想されますが、現状では上記のとおりの愉快な日常が展開されるだけで、たいした起伏もありません。こういうのをツッコミを入れつつ笑って見ることができる方なら、相当に楽しい作品といえるでしょう。

さて、肝心のエロ度ですが、とにかく絵が極めて美しいため、それだけで見る価値があります。とくにおまんこの表現は衝撃的と形容していいほどの緻密な描きこみです。

ただ、やっているプレイ自体はごく普通なので、そういう意味での驚きはないかもしれません。シチュエーションや組み合わせについてはがんばっていますが、ストーリーというより設定の無茶さ加減が面白すぎてツッコミを入れるのに忙しく、そういう気分にならなかったのが残念です。

また、絵は本当に美しいのですが、ところどころ微妙に感じる部分がありました。どこかバランスが悪いというか…。たとえば、液体の表現などは実に見事なのですが、水滴が全く動きません。そのため、そういうアクセサリーを体に貼り付けているかのように見えたりします。このあたり、絵が上手すぎてかえって抜いた部分が目立ってしまうということなのかもしれません。また、中年男性キャラとそれ以外のキャラの顔付きが違いすぎるのも違和感があります。

全体としては気合の入ったつくりで面白かったのですが、傑作とまでは褒めきれない作品といったところでしょうか。原作・キャラデザなどを手がけるうるし原智志氏のファンなら必見、そうでなくても見て損はないので機会があったら見てみましょう、というぐらいだと思います。

なお、VOL.1とありますが、VOL.2以降はいまだ存在しないようです。売れていないというわけでもないようですが、製作に何年もかけたらしいので、そういう意味でコストが高すぎたのかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

校内写生 3

校内写生 3

<ストーリー>
第一話『世にも幸福な物語』はいじめられっ子の惨めな少年が一生分の幸福を使い果たす話。

第二話『スランプの乗り越え方』は野球部のマネージャーの少女がスランプのエースをある方法で立ち直らせる話。

第三話『A(エース)をねらえ』は港町の学校のテニス部で、少女たちが淫行コーチに騙される話。

第四話『一番怖い話』はキャンプに来た少女たちがめいめい怖い物語を披露する話。

第五話『行けッ、世界平和の為に』は世界平和のために人造人間を作ったマッドサイエンティストが、その外見の美しさに思わず欲情してしまう話。

第六話『伝説の少女』は探検隊モノのパロディ。

数分レベルのショートストーリー群です。(ゼロアニメーションより)

<感想>
シリーズ中でもっとも残念な仕上がりの作品です。

絵に関しては、とりあえず最低限の水準には達していますが、前作校内写生 2の絵の美しさとは比べるべくもありません。

声優さんの演技に関しては概ね普通ですが、第二話のヒロインが驚くほど下手です。滑舌が悪く、きちんとした訓練を受けたとは思えません。

そして肝心の内容ですが、第一話はただのピタゴラスイッチで感想がどうのというようなものではありません。この長さで、楽しいシーンよりもいじめやかつあげなどの不快なシーンのほうが比率が大きいというのはどうなんでしょうか。第二話は中学生のジョークレベルですし、第三話はタイトルからしてパロディですが、だからなにという感じです。

第四話は唯一きちんとしたオチがついている話ですが、そこまで面白いネタではありません。第五話も悪くありませんが、たいしてよくもないです。

第六話はおそらく大昔の川口浩探検隊のパロディではないかと思われますが、ギャグのレベルもエロのレベルもコロコロコミックに載っていてもおかしくない程度です。前者はともかく後者はエロアニメとしては問題ではないでしょうか。

正直に言わせてもらえば、なめてんのか、と思ってしまうような作品です。見る価値はないでしょう。



※第四話…わたしは原作の漫画で、サムネイルのオナニーシーンを見たことがあるのですが、たしか大根を使っていたように思いました。可愛い女の子がおまんこに大根をぶち込んでぐちゅぐちゅとオナニーするという衝撃的な描写で、かなり印象に残っていたのですが、その後、別の機会に漫画を読んだところ、ごく普通のオナニーに変更されていました。記憶違いではないと思うのですが…。原作者の遊人氏は著作が有害図書として槍玉にあがったそうですので、そのあたりの絡みでなにかあったのかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

校内写生 2

校内写生 2

<ストーリー>
第一話『子供の日に帰りたい』は映画用の特殊メイクを生業とする青年がその特技を活かして近所の女子校生にエッチな悪戯をしかける話。

第二話『宅配ピザをタダで食べる方法』はアルバイトで高層マンションにピザを届けることになった高校生の少年(童貞)が信じがたい体験をする話。

第三話『セーラー服戦士アッコちゃん』は地球を守る女子学生・アッコちゃんが巨大化して、同じく巨大な変態おじさんと死闘を繰り広げる話。

第四話『気功少女』はテレビ出演のために来日したチャイニーズ超能力少女・珍々が人違いから風俗で働く話。

実に他愛ないギャグストーリー群です。(ゼロアニメーションより)

<感想>
一発ネタレベルのお話にもかかわらず、やけに絵のレベルが高い作品です。

第一話は近所に住まう子供とエッチな遊びをする女子校生が登場し、主人公が持ち前の技術を利用して自分も一緒に遊ぶことを画策する話です。なにを言っているのかわからないかと思いますがわたしにもよくわかりません。そもそも幼児とエッチな遊びをする女子校生とはなんなんでしょう。

第二話はギャグ漫画としては小さくまとまっていて好ましいです。絵が極めて美しく、見応えがあります。ピザが30分以内に届かなかったら料金は配達員の負担というサービスを逆手にとり、ある方法で妨害するという内容なのですが、あまりにも他愛なさすぎてツッコミを入れる気にもなりません。高校生が男同士で雑談するときに言うジョークレベルの内容です。ギャグについては興奮のあまりほとばしる鼻血で空を飛ぶ、というようなもので、ちょっと古さを感じるかもしれません。

第三話はウルトラマンのパロディでしょう。導入部が少々意味不明ですが、全体としては悪くないです。ただし、ラストでちょっとびっくりする展開というかエピローグがさらりと語られています。ひとによってはどこか黒さを感じるかもしれません。また、おじさんの描写に少々嫌悪感を覚えてしまいます。

第四話は本物の超能力を持った少女がテレビ局の出迎え人とヤクザを間違えて風俗で働くことになります。この絵でアクションを見てみたいというほど気合の入った絵なのに、内容がこれというのは褒めるべきなのかなんなのかよくわかりません。とにかく、超能力で客を射精させてしまうため、風俗で働いているのに穢れを知らないというおかしな状況になっています。個人的に、声優さんの演技が可愛らしくツボにはまりました。

全体としては、実にマイルドで安定感のあるショート作品群です。絵柄が好みなら見て損はないでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。