18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > 2009年02月

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

殻の中の小鳥 3 ~アイシャ・ファーファリス~

殻の中の小鳥 3 ~アイシャ・ファーファリス~

<ストーリー>
追憶。酒場の喧騒のなか、フォスターはかつて愛した女性を思い出します。それはかつてフォスターが政府特務機関で働いていたころのこと。その女性はすでにこの世におらず、最近、フォスターは暇をみて近くにある彼女の墓を訪れたばかりでした。

実は、墓に花束が置かれていたのです。どうやらフォスターの知らない誰かが、彼女の墓参りをしていたようです。墓石に刻まれた名は、ファーム=バートン。鉄道王ドレッド=バードンの妻でした。

と、フォスターの物思いはひときわ盛り上がるテーブルの声によって破られました。見ると、金髪で健康的な肢体を持つ美しい娘が、賭けに負けて身包みはがされています。派手な格好や態度から、その娘は娼婦のようでした。

その娼婦、アイシャ・ファーファリスはどうやら、ひとりで酒を飲んでいた美中年、すなわちフォスターに興味を抱いたようで、テーブルに近づいてくるとトランプを…(ゼロアニメーションより)

<感想>
ゼロアニメーションでは殻の中の小鳥シリーズ第二話として配信されていますが、実際には第三話ということになります。第二話にはユウキ・レン(結城恋、すなわち日本人)というロリっぽいメイドにまつわる話が描かれています。シリーズの途中が抜けているのは残念ですが、とりあえず見なかったからといって話がわからなくなるような回ではないかと思います。

さて、今回のヒロイン・アイシャは高身長・グラマラス・容姿端麗という素晴らしいデザインの娼婦になります。行動が少々エキセントリックで、性格がつかみきれないところがあり、つまり言動が嵐を巻き起こすタイプのヒロインということになります。

お話自体は、シリーズ通じての伏線などが全面に押し出され、メインを張るアイシャについての描写は薄めかもしれません。行動がエキセントリックと書きましたが、つまり行動原理がよくわからないので、驚かされはするもののあまり感心するというものではなく『このキャラはなにを考えているのかさっぱりわからない』という印象を抱いてしまいます。

そして肝心のエロ度ですが、アイシャはメイドの中ではもっとも体が大きく、大女フェチの方にはかなり好ましいのではないかと思います。とくに前半のノーマルなセックスシーンは相手役であるフォスターのセクシーさもあり、なかなか見応えがありました。

ただし、後半の接客・調教シーンについてはお話との絡みもあり、あまりそれが目的で見るというような仕上がりではないかと思います。女の子のおまんこに蝋燭を挿してキャンドルスタンド、などとアホな遊びをする紳士というのはかなり笑えますが、やはりネタレベルでしょう。

全体として、見る価値は十分にあります。最高の作品とはいえませんが、体の成熟したいい女というのはそれだけで目の保養になるのではないでしょうか。



関連シリーズ
雛鳥の囀
このエントリーをはてなブックマークに追加

殻の中の小鳥 1 ~クレア・バートン~

殻の中の小鳥 1 ~クレア・バートン~

<ストーリー>
19世紀・イギリス。鉄道王ドレッド=バートンの屋敷に、ひとりのみすぼらしい中年男が連行されてきました。男の名はフォスター。かつては政府特務機関・キュレイポートにて、女性を使った陰謀のための高級娼婦を育成する仕事に携わっていた男です。キュレイポートが解散し、犯罪者として追われる身となってしまいましたが、その眼には不敵な光が宿っています。

そんなフォスターがバートンの屋敷に連れてこられた理由。それは、クレアというメイドの高級娼婦への調教でした。なんらかの理由により莫大な借金を作ってしまったというクレアは、そのために体を売らなければならなくなったのです。

自分は落ちぶれたままではいない。かならず這い上がる。そう心に誓うフォスターは、当初この仕事をきっちりとこなすことで足がかりを得ようと考えていましたが、どうもおかしなことになってきました。どうやらドレッド=バートンはクレアに対してただのメイド以上の、憎しみにも似た感情を抱いているようです。

まだろくに調教の成果もでないうちに、無理に客を取らされるクレア。でっぷりと肥った肉と脂肪の塊のような客にイラマチオされ、苦しさのあまり思わず肉棒に歯を立ててしまうという醜態をさらしてしまい…(ゼロアニメーションより)

<感想>
以前レビューした雛鳥の囀シリーズの前作にあたる作品です。

わたしはものすごく大昔にこの作品を見たことがあるのですが、昔すぎてほとんど内容を覚えておらず、今回ほとんど初見の新鮮な気持ちで見ることができました。

絵に関しては、十分に美しいです。館の様子や庭の草木、あるいは雨や水滴などの水の表現などもこなれています。また、女の子キャラクターに関しても、デザインは可愛らしく、妙にスカートが短いメイド服もいい味を出しています。今回のヒロイン・クレアはちょっと可愛くしようとしすぎ感があるものの、バートンの秘書・ミーファやフォスターの助手としてクレアを調教するメイヤはかなりいい感じです。

そして肝心のエロ度ですが、修正が必要ない描写ではありますが、なかなか実用性があります。キャラクターデザイン的には少々あざとさを感じたクレアですが、その精神性には初々しさが漂っており、いかにもこれから調教されるという雰囲気で、かなりそそります。また、メイヤとの絡みも、いかにも女性調教師という感じがして、好きな方にはたまらないでしょう!

とりわけ、メイヤは淫乱キャラとしてセリフも味わい深いものがあり、かなり見応えがありました。

そして、男キャラが中々渋い!声優さんたちの素晴らしい演技もあり、またフォスターは年齢不詳ながら若さを失っていないセクシーな中年という感じで魅せます。ストーリー的な盛り上げもよく、この作品の最大の魅力はむしろ男かもしれません。さらに、カッコイイ男だけでなく、客としてやってくる男の醜悪さも、短い登場なりになかなかインパクトがあります。

ストーリーに関しては、長編の最初の作品なのでまだなんとも言えません。サブタイトルを見ればわかるとおり、ある重大な秘密がいきなり明かされており、衝撃があるとともに先が楽しみになります。

全体として、古い作品ですが問題なく超オススメできます!メイド萌えの草分け的作品ですが、歴史的価値ではなく、作品の面白さでオススメします。ぜひ見てみてください!



関連シリーズ
雛鳥の囀
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム