18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > 2009年01月

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

夜が来る! 第2夜 ~邪つの月~

夜が来る! 第2夜 ~邪つの月~

<ストーリー>
真月が輝く夜・凍夜(とうや)。火倉いずみを中心とする桜水台学園天文部の面々は、今日も『火車(かしゃ)』として邪悪なる『光狩(ひかり)』と戦い続けています。

今日の光狩は、ムラサキ色の長髪に半裸、刺青という奇矯ないでたちの男。そして、無抵抗な怪我人を足蹴にし、さらにひどい傷を負わせようとしています。

男は光狩としては雑魚もいいところで、あっというまに火車たちに叩き潰され、どこかに逃げ去ってしまいました。

しかし、火車のひとり、星川翼は衝撃を受けていました。実は、光狩の男は『O.T.O(オト)』というバンドのボーカル・拝島ツトム(ハイジ)で、被害者は同じくバンドのリーダーで平山だったのです。星川は、O.T.Oを敬愛しており、このバンドが少し前にリーダーの怪我で解散してしまったことに落ち込んでいたのでした。そう、以前リーダーに怪我を負ってしまったのも、ハイジの暴行が原因だったのです。

一応、いずみの能力で怪我の応急処置をすませたものの、被害者の心の傷も甚大です。いつものように、いずみは平山の記憶を消すことしますが、星川はそのことに疑問を投げかけ…(ゼロアニメーションより)

<感想>
伏線などを上手に盛り込んだ作品です。

今回、邪悪なる光狩(怪物)を量産する者や火車たちの日常風景、さらに戦いと敵か味方かもわからない存在たちの襲来など、内容はてんこ盛りです。しかし、話はテンポよく進み、時間のわりに十分な情報量を持たせているのはさすがです。

とりわけ、学生としての天文部員たちの文化祭をからめた青春模様など、ダイジェストながら上手に表現しており、なかなか味わい深いものがあります。

また、あとあとに重要な意味を持つ伏線は、今回ちゃんと目立つようにわかりやすく表現されています。時系列などがわかりにくかった前回夜が来る! 第1夜 ~双つの月~に比べると、ストーリー表現にも磨きがかかっています。

そして肝心のエロ度ですが、これはかなり高いです。のっけからら濃厚な乱交シーンあり、監禁・拘束しての陵辱ありと、なかなかディープです。エロシーンの表現が個性的ですが、実用性を損ねるものではないでしょう。

短い時間で表現するという制約から、切り捨てられてしまう説明が多く、またそのために疑問に感じてしまう部分はありますが、後半の葛藤などは納得であり、登場人物の心理や行動も実に面白いと思いました。

全体として、これはかなりの傑作です。普通に超オススメで、続きが配信されるのを楽しみに待ちたいと思います!

なお、前回が触手系だったのであわせましたが、むしろただのファンタジーっぽい作品だと考えた方がいいかもしれません。怪物や触手はほんの数十秒単位でしか描かれていませんから。



※拝島ツトム…個人的な話ですが、某時間を消し飛ばす超能力をもったギャングのボスとデザインが似ている気がしてちょっと笑えました。いや、むしろボスがいい歳してビジュアルバンドのギタリストみたいな格好しているのが問題なんですけどねw
このエントリーをはてなブックマークに追加

夜が来る! 第1夜 ~双つの月~

夜が来る! 第1夜 ~双つの月~

<ストーリー>
真月と呼ばれる、物理的に存在しない蒼い月が本来の月のとなりに浮かぶようになって、三年の時が経ちました。

ある日、私立桜水台学園に通うごく普通の生徒・羽村亮は夜の街で何者かに襲われてしまいます。それも、人間ではありません。相手は念動力としか言いようのない不思議な力で巨大な道路標識を自在に操り、さらに全身をほぐして触手状のおぞましい形状に変えることができるという、恐るべき怪物でした。

追い詰められ、もはやこれまでか、と思ったとき、突如紅の瞳をした不思議な少女が現れ、死神の武器を連想するような巨大な鎌で怪物を両断してしまいます。

君は…?助けてもらって安堵した涼でしたが、瞬きをするほどの時間の間に少女の姿は消え失せており…(ゼロアニメーションより)

<感想>
実にテンポよくストーリーが進む作品です。

出だし、主人公が得たいの知れない化け物から逃げ回るシーンで、すでに感心させられます。カメラワークや間のとり方も素晴らしく、また絵も美しいので非常に見応えがあります。

アクションに関しては主に剣や鎌などの武器を使用しており、殺陣のシーンは迫力があります。とくに序盤に挿入される主題歌では、あるキャラクターが振り下ろされた敵の剣のうえに飛び乗ったうえで、敵を真っ二つに切って落とす姿が描かれており、軽快さと切れ味を感じさせます。

エロ度に関しては、なくてもストーリーが成立するような作りであるわりに、実用性はかなり高いです。絵が美しいうえに動きがいいので、触手メインのシーンながら美しさを感じます。

さて、よいところをずらずらと挙げてきましたが、残念ながら悪いところもあります。25分強の時間で、通常なら二話分に相当する内容を詰め込んでいるのです。

お話自体はむしろ練り上げられていると感じますが、登場人物が多すぎるうえによく見ないと時系列がわかりにくく、そのために伏線にも気付きにくく、キャラクターの心理もわかりにくなります。このせいで後半はセリフがやたら説明調になり、本当に惜しかったです。

全体として、作品の出来自体は当たり前のように超オススメです。ただ、もう少しじっくり描いて欲しかった、と思いました。



※伏線…以下にちょっとまとめてみます。微妙にネタバレを含みますので、気にする方は読まないでください。



<まとめ>
1.主人公・涼が火倉いずみと出会い、光狩(これで『ひかり』と読みます)との戦いに誘われる。一週間後に返事の約束。
2.その数日後、三輪坂真言美が喫茶店でカップルの男の方に侮辱される。むかついて、かなりシャレにならない悪戯をする。
3.その数日後(1の一週間後、つまり約束の日)涼がクラスメイトの後藤(2のカップルの女の方)を見かけ、事件が起こる。
4.2と3の出来事が真言美の心に残り、のちの行動に影響を与える。

この部分、初見ではかなりわかりにくい描かれ方をしていました。小説なら、『○日後』というようなことを書けばいいようなものですが、アニメではそうもいかなかったのかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ANGELIUM アンジェリウム 2

ANGELIUM アンジェリウム 2

<ストーリー>
冥界。ごつごつした岩に囲まれた荒れ果てた場所で、地上の様子を伺っている者がいます。彼の名はハデス。冥界の王たる存在でしたが、最近おかしなことに気付いたのです。

天上界に住まう天使たちの昇級試験が地上で行われているということを、ハデスは知っていました。しかし、そこに神々の王・ゼウスが介入してくるとなると、話は穏やかではありません。

ゼウスが下級天使の娘たちを手篭めにするためにくだらない策謀に浮き身をやつしているなどとは夢にも知らないハデスは、まさかゼウスが冥界に野心を持っているのではと疑心暗鬼に陥り、配下の淫魔・ペルセポネにゼウスの邪魔を命じると…(ゼロアニメーションより)

<感想>
いろいろとぐだぐだした設定ですが、つまり大物が軽率な行動をとったら敵対勢力から過剰反応したやつが出た、というだけの話です。要するに他愛ない話であり、物語がどうこういうようなものではありません。

ちょっと気になった点は、エウプロシュネ(優菜木美喜)のプッシュが目につきます。このキャラクターは背が高いグラマラスなデザインで、存在自体が美しくて目の保養になるうえに、性格がなかなか面白いというかちょっと抜けていて可愛らしく、わたしはかなり好みでした。

しかし、逆にそのほかのキャラクター、とくにアウロラ(朝霧チャド子)など満足なヌードシーンすらなく、ロリ好みの方には肩透かしかもしれません。チャド子はシャワーシーンすらカットというおかしなことになっており、なにか大人の事情でもあったのかと勘繰りたくなります。

さて、肝心のエロ度ですが、ゼウスが憑依している寄城くんにこだわりを感じます。徹頭徹尾、女の子から奉仕されて喘ぎながら悶える青年の姿を活写しており、かなりの迫力と実用性を感じました。なにぶん悶えているのが男なわけで、その意味で人を選ぶところはありますが、それでもわたしはこのエロさを超オススメしたいです。

また、後半に用意された触手シーンも絵が丁寧で、時間は短いものの好みの方は必見と言っていい出来だと思います。

なお、前作ANGELIUM アンジェリウム 1で般若の面のような顔に描かれていたゼウスの妻・ヘラがなぜか感覚的に二倍ぐらい可愛くなっていてちょっと笑えました。

全体として、お話は普通ですが、絵は極上、エロ度も十分ということで、見応えのある秀作です。残念ながらシリーズは打ち切られたようですが、それでも質が低いというわけでは決してないので、ぜひ見てみてください!



※般若の面…嫉妬や恨みで怒り狂う女性の顔をかたどった面。母親に怒られて般若の面のような顔だ、などと形容するのは誤用のようです。嫉妬深い妻に怒られて、というようなときに使うことにしましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ANGELIUM アンジェリウム 1

ANGELIUM アンジェリウム 1

<ストーリー>
天上界。美しい神殿に暮らす神々の王・ゼウスは、実はどうしようもないエロ親父でした。

今日もゼウスは美しい天使の女の子を部屋に引っ張り込み、全知全能神たる自身のすごさをその体に教えようとしていたのですが、あえなく妻・ヘラに見つかり、厳しい折檻を受けてしまいます。

なんとか妻に見つからずに、若い娘としっぽりやれないものか。そう思い悩むゼウスでしたが、仕事の連絡に来た天使長の言葉に、不意によいことを考え付きました。

いまは、天使たちの進級試験の時期。試験の内容は、地上に降りて、人間たちの役に立つこと。これを利用し、地上でこっそり天使たちを食っちゃえば、さすがのヘラも気づくまい。この名案に気をよくしたゼウスは、地上に住まう寄城という若者に憑依すると…(ゼロアニメーションより)

<感想>
絵、そしてキャラクターの動きが極めて素晴らしい作品です。

お話に関しては、いまのところはどちらかと言えば他愛ない内容になります。人間の世界でいろいろなアルバイトなどをしながら人助けをする天使たちと、たまたまいろんな場所でアルバイトを掛け持ちしている寄城という若者が、バイト先でエッチをするというだけのもので、エロが優先されており、ストーリーのシリアスさもありません。

微妙に後の方でなんらかの伏線になりそうな展開があります。もっとも、お話が楽しみ、というよりも、それでエッチのバリエーションや組み合わせが増えることが期待される、というようなものでしょう。

ギャグに関してはキレがあるというより、のんびりほのぼのできる、というタイプになります。不愉快なキャラクターがいないわけでもありませんが、それほど深刻ではなく、あっという間にやっつけられて退場していくのでストレスにはなりません。

さて、肝心のエロ度ですが、これは実に素晴らしい!上記のとおり、とにかく絵が素晴らしいため何気なくおっぱいを揉んだり、ちんぽを扱いたりするだけでも十分な迫力があります。

ただし、ボリューム自体はそれほど多くなく、また二回あるエロシーンのうち一回目は手コキで終了、二回目はセックスの途中で邪魔が入ってしまいます。それにも関わらず十分なエロ度が確保されているのはすごいと思いますが、ちょっと惜しいと思うかもしれません。

とはいえ、とくに一回目のエロシーンは登場人物の性格の面白さもあり、なかなか見応えのあるものに仕上がっていると思います。また、二回目のエロシーンでは、ネタバレになるので詳しくはいえませんが、なかなか面白いものを見ることができるかと思います。

全体としては、普通に出来がよく、超オススメとしていいでしょう。見て損は決してありません。

なお、この作品には触手シーンが存在します。あまり触手メインという感じではないのでファンタジー系に分類しましたが、苦手な方はご注意ください。



※天使には本名と地上での名前の二種類があります。以下にそれを記しておきます。

・ヘスペリス(天宮ユウ):赤い髪のツインテール。元気娘。『禽獣戦隊ビキアニマ(ビキアンマ?)』という戦隊物のショーの着ぐるみアルバイトをしている。

・エウプロシュネ(優菜木美喜):青いロングヘア。おっとりとしたグラマーお姉さん。プールでスポーツインストラクターのアルバイトをしている。

・アウロラ(朝霧チャド子):栗色のショートヘア。マイペースなロリ娘。下宿先の花屋でアルバイトをしている。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Maple Colors 第二幕 青春H編

Maple Colors 第二幕 青春H編

<ストーリー>
問題を大きくしてしまった責任上、演劇対決の旗振り役に祭り上げられた主人公・佐久良次郎。あまり乗り気でないクラスメイトたちに対し、それぞれの得意分野で勝負を挑んで勝ったり、セックスして意気投合したりして味方につけます。

そんな中、芸能人のクラスメイト・卯月あむが突然登校してきて演劇部員たちの力になると言い出しました。あむはもともと滅多に学園に登校してこなかったのですが、最近になって急に休業宣言を行ったというのです。

芸能人に近づけたことを無邪気に喜ぶ良次郎は、その後も対決のための味方作り及び劇の台本製作にいそしみ…(ゼロアニメーションより)

<感想>
前半はギャグ漫画としてもエロアニメとしても秀逸です。とくに、最初のセックスシーンはとりあえずセックスを描き、腰を動かしながらなぜそのような状況に陥ったかの説明を行うというやり方で、勢いがあるうえにわかりやすく、なかなか見事だと思います。

エロシーン自体の描写も丁寧で、シチュエーションも優れており、実用性も十分。とりわけ、図書委員のクラスメイトとのシーンは、『図書委員フェチ』にはかなりそそるものがあるのではないかと思います。

さて、前半は実に優れた作品だと思えるのですが、後半困ったことになります。完全にダイジェストであるうえに、話が終わっていません。起承転結の『転』部分、さらにその半分ぐらいのところで終わっているのです。

要するに途中で切れているわけで、これでは評価のしようがありません。前回Maple Colors 第一幕 Hな激闘編がまるまる一本『起』に相当する部分を描いていたわけで、ボリューム的に全四回程度は欲しいところだと思いました。

作品単体として考えた場合、雰囲気は楽しく、またお話をどうこう思わなければ、描かれているシーン自体は悪くありません。ストーリーを端折りすぎ、ぽっと出のキャラクターが自己紹介するがごとくに悩みを吐露した挙句に主人公に裸にされ、ほとんど絡みがなかったのに愛のあるセックスをし、数分の間に処女を散らして絶頂して中出しされ、という状況に陥ってしまいますが、これは笑えて楽しい部類でしょう。

あきらかに打ち切り作品ということがわかるので、ネタとして楽しむ分には十分であり、絵などのクォリティも高い方なので、ストーリーがきちんと作っていなければ嫌だ、という方でもなければ、見ている間は楽しめるかと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Maple Colors 第一幕 Hな激闘編

Maple Colors 第一幕 Hな激闘編

<ストーリー>
演劇に関しては有名な紅華学園に転校してきた主人公・佐久良次郎。しかし、編入されたクラス・2-Bは、壁中に罵倒の落書きが書き込まれるなど、学園ぐるみの嫌がらせを受けていました。

クラスのリーダー的存在で『キャプテン』などと呼ばれている葵未来が、憤怒のあまり金属バットを持ち出して走っていくのを目撃した良次郎は、放っておくわけにもいかず、あとを追いかけていきます。

ようやく追いついてみれば、2-Bのクラスメイトのひとり、目々倉下駄郎がいじめという名の暴行を受けているところでした。

相手は三人。しかも見るからに気の弱そうな下駄郎を寄ってたかって嬲っていたというのは明らかです。こういうことが大嫌いな良次郎は、とりあえずいじめっ子たちをたたき伏せてしまいますが、そこに現れたエリート演劇部長・愛善幸仁が…(ゼロアニメーションより)

<感想>
ギャグとエロのバランスがよい秀作です。

ひとつのクラスが学園ぐるみで嫌がらせを受けている、というのは書いてしまうとかなりの鬱っぽい設定のようですが、実際はそこまで重くはありません。嫌がらせの内容は範馬刃牙の家のパロディになっていますし、いじめのシーンではいじめっこのデザインが人間に見えず(作中でも宇宙人みたいと言及されています)、深刻さを感じないようになっています。

また、キャラクターデザインなどにもは他の漫画などのパロディがちりばめられていると思われ、そういうのが好きなひとにはネタ探しも楽しいのでは、と思います。

お話に関しては、上記ストーリー紹介部分のあと、なぜか演劇部と演劇対決、という流れになっています。このあたりはよくある対決もののパターンを踏襲しており、展開があまりにも強引です。お話よりはキャラクター同士の言葉遊び、掛け合いなどを楽しむギャグ漫画として見たほうが正しいでしょう。

キャラクターに関してはいささいか類型的です。とくに悪役に魅力がありません。対決である以上こいつらをやっつける、あるいは改心させるなどの形で溜飲を下げるのだと思いますが、その前段階で不愉快な展開になることが予想されるのはマイナスかもしれません。

さて、肝心のエロ度ですが、実用性はかなり高いです。お色気シーンがふんだんに用意されているほか、セックスシーンの質・量とも十分。また、絵もほとんどのシーンで極めて美しいため、目の保養にもなります。わたしは、中盤に出てきたヤリマンの女の子がとくに気に入りました。

全体として、いかにもエロゲー原作の萌えエロアニメです。超傑作の類ではありませんが、見ている間は十分楽しめることは請け合いだと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。