18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > 2008年01月

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

艶母 taboo-1 ~満たされぬ人妻~

艶母 taboo-1 ~満たされぬ人妻~


<ストーリー>
雨宮美沙子はまだ若い後妻。夫・洋介と、弟ほどしか歳の離れていない義理の息子・一彦との三人暮らしです。金銭的には十分に余裕のある生活でしたが、それでも美沙子には悩みがありました。

このところ毎日、いたずら電話がかかってくるのです。内容は、へらへらした口調の若い男が、いやらしいことを言って美沙子をからかうというもの。しかし、夫に相談しようにも忙しくて夜はすぐに寝てしまうし、警察沙汰にするのも大げさです。

とはいえ、さすがに毎日毎日うるさいので、これ以上しつこく電話すると警察に行く、と相手に告げた美沙子でしたが、相手はプレゼントがある、と返してきました。置いておいたから玄関のところにいけ、と。言われるまま美沙子が確認すると、なんとそこには極太のバイブレーターが入った箱がありました。

なんて汚らわしい!衝撃を受けた美沙子でしたが、電話口の男はバイブに爆弾をしかけた、といってきました。ええ!?驚いた美沙子は、男に言われるまま、起爆装置を解除するためにバイブのスイッチを入れると、バイブはウィンウィンと音を立て、上下左右に身をくねらせながらも強烈に振動します。

爆弾というのは男の冗談でした。しかし、美沙子はいぼいぼの生えたバイブのあまりにもいやらしい動きから目を反らすことができなくなり…(ゼロアニメーションより)

<感想>
淫乱人妻の妄想オナニー・テレフォンセックスが全開の極めてエロ度が高い作品です!抜きに超最適で超オススメ!

絵に関しては主人公・美沙子の顔も可愛らしく、さらにおっぱいも巨乳です。体の動きにも躍動感があり、またバイブの動きをじっと見る美沙子の表情などの描写も優れています。さらにおまんこやアナルをバイブで抉る時の描写も無修正で迫力があります。

とりわけ素晴らしいのが、エロシーン時におけるモノローグです。主人公の激しいオナニーやいやらしい妄想にかぶせるように、自分がいかに淫乱で今どれほど淫らな誘惑に負けて堕ちてしまっているのかを、生々しい言葉で解説しているわけですが、この辺りも非常に迫力がありました。

人妻熟女属性をお持ちの方には最適、そうでない方にとってもこれは十分に実用性のある大変エロいアニメです!ぜひ見てみてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

夜勤病棟・弐 Kranke 児玉あい

夜勤病棟・弐 Kranke 児玉あい


<ストーリー>
妹・あいに無用の心配をかけないため、つい比良坂竜二との結婚を口にしてしまった児玉ひかる。とにかく体裁だけでも取り繕うため、病院の中でこれ見よがしに竜二とベタベタくっつきます。

そんなひかるの態度に気をよくしていた竜二ですが、二人きりになると、甘い囁きどころか、この変態、わたしに触るな、と手酷く罵倒されてしまいました。ひかるが言う結婚は、一時しのぎのためのでまかせだったのです。

ひかるの嘘に激怒した竜二は、その場でひかるを犯します。口では勇ましいひかるでしたが、すでに体が竜二の味を覚えてしまっており、ちょっと刺激されるとすぐに蕩けてしまい、陵辱される悦びと竜二への心に秘めた愛を告白してしまいます。

一方、そんなひかるの幸せ(?)を少々間違った形で理解してしまった妹・あいは、ひかるに羨望の感情を抱いていました。病弱で先が長くないことを自ら理解しているあいは、だからこそ本当のセックスを体験してみたいという気持ちを胸に抱いており、ある日ついに…(ゼロアニメーションより)

<感想>
夜勤病棟シリーズの中でも児玉姉妹編とでも名づけたいエピソードの後編になります。実に迫力ある面白いお話でした!

とにかく、児玉ひかるの洗脳されっぷりが素晴らしい!よく、調教のされすぎで発狂する、というような内容のエロアニメはありますが、ひかるは狂っていても社会性を失っていません。静かにまっとうな判断力を失っています。大抵の作品では快楽のあまり壊れる、というのがオチになっており、壊れたあとのその後が描かれることはまずないのですが、この作品ではひかるの狂いっぷりを実に丁寧に描写しています。

そして妹・あいの方も、病弱な自分への絶望と活発で皆から愛されて幸せな(ようにあいには見える)姉への羨望から、少々常識外れな決断をしてしまいます。これも、描写が丁寧であるため、異常な感覚であるにも関わらず説得力があります。

そして、体の弱い病人までも陵辱するというありえないほどの鬼畜作品でありながら、なぜか見た後はとても爽やかな気分になりました。これだけ暴走した展開を、よくもまあこんなに上手くハッピーエンドにまとめたものだと感心してしまいます。

エロ度に関しては、もはや言うことはありません。最高です。ただし、今回も例によって糞汁のシャワーという感じの凄まじいスカトロシーンがあります。これはひかるの錯乱を見事に表現した本当に素晴らしいシーンでしたが、スカトロが苦手な人には厳しいものがあるのでご注意ください。しかし、人により性癖により閲覧注意ではありますが、わたしとしては超オススメとしたい作品です。



関連シリーズ
夜勤病棟 NIGHT SHIFT NURSES
夜勤病棟・参
このエントリーをはてなブックマークに追加

夜勤病棟・弐 Kranke 児玉ひかる

夜勤病棟・弐 Kranke 児玉ひかる


<ストーリー>
今日も今日とて元気に実験に勤しむ比良坂竜二。今回の素材はバカチビナース・児玉ひかるです。実験のテーマは、バイブのサイズと絶頂到達までにかかる時間との比較。竜二はひかるを縛り上げるとおまんこに極太バイブをぶち込み、その上からパンティを履かせて落ちないように仕掛け、観察に入りました。

ところが、なんということでしょう。ひかるは感じやすく、いとも簡単に絶頂に達してしまうのです。どうも、気持ちいいことに対する耐性がとても低いようです。つまり、我慢が足りないということ。これでは実験になりません。

不甲斐ないひかるに腹を立てた竜二は、「あい?あいじゃないか」と、ひかるの最愛の妹の名を出します。もちろん冗談ですが、ひかるは一瞬でパニックに陥ってしまいました。竜二は、そんなひかるの口に、さっきまでおまんこの中で粘液にまみれていたバイブをねじ込むと、そのまま激しく責めたてます。

ぐええ。ひかるは激しくえづくと…(ゼロアニメーションより)

<感想>
夜勤病棟シリーズの続編になります。主人公・比良坂竜二は本編においてはすでに死亡しているので、これは児玉ひかる調教編である夜勤病棟 NIGHT SHIFT NURSES Karte.4と本編最終回である夜勤病棟 NIGHT SHIFT NURSES Karte.5の間の時期に起こったエピソードということなのでしょう。

児玉ひかる調教の回では、会話の軽妙さやひかるの性格の面白さもあってドタバタコントのような感じだ、とレビューを書きましたが、今作はドタバタ風の面白さもありつつ極めて鬼畜な展開になっています。いや、むしろ、極めて鬼畜なのになぜかドタバタコントのような面白さを失っていない、と言うべきかもしれません。

そもそもひかるが竜二にいいように犯されているのは、ひとえに病弱な妹・あいに心労を与えたりしないですむように、という理由からです。あいの病弱さや、姉妹の絆など、きちんと描いており、その点について非常に説得力があったわけですが、今回はこの理由を逆手にとり、全く予想外ながらきちんと説得力のある衝撃的な展開に持って行きました。わたしは正直度肝を抜かれましたが、ただ驚いたというだけではない味わい深い面白さがありました。

エロ度に関しては、極めて高いです。なにしろひかるは、犯され、陵辱されて悔しいのはさておいて、気持ちいいことをされると感じてしまうという実に体は正直だなといいたくなるような娘であるため、反応の具合が素晴らしいのです。さらに、後半では薬でぐっすりと眠っている妹の病室で陵辱したりと、シチュエーションも素晴らしく、実用性に貢献しています。

ただし、この夜勤病棟シリーズは鮮烈なエロさだけでなく、スカトロ描写にも定評があります。今回も、浣腸し、排泄されたものを容器にとり、それを飲ませる(!)というとてつもないシーンがあります。このシーンはただスカトロなだけではなく、ひかるの心理を読み取る上でも重要な意味を持つシーンなのですが、ともかく万人向けでないことは言うまでもありません。

面白さだけなら超オススメなのですが、スカトロシーンが苦手な方には厳しい作品ですので、ご注意ください。



関連シリーズ
夜勤病棟 NIGHT SHIFT NURSES
夜勤病棟・参
このエントリーをはてなブックマークに追加

Mi・da・ra screen 2 お兄ちゃん、ア・ゲ・ル

Mi・da・ra screen 2 お兄ちゃん、ア・ゲ・ル


<ストーリー>
魔法のビデオを優美の親友・瑠璃に見られてしまいてしまった主人公・祐斗。動揺のあまり、ビデオをしまうのも忘れたまま瑠璃を追いかけ、家を空けてしまいました。

そこに、祐斗の妹・優美が帰ってきて、誰もいない部屋においてあるビデオを見つけてしまいます。

これは、お兄ちゃんのアダルトビデオ…。真面目でセックスに対して晩生な優美は、しかし心のうちにある好奇心を抑えかね、ついビデオを再生してしまいます。

しかし、そこに映し出されていたものは…(ゼロアニメーションより)

<感想>
一応ホラー系に分類しましたが、怖かったりグロかったりということは全くありません。むしろ、実に奇妙な味わいのある展開で、ちょっと笑えるところがあります。

お話に関しては、少々描写が不足しています。途中、兄と妹が同時進行的に魔法のビデオを鑑賞しているのですが、描写を見る限り魔法のビデオは一本であるはずです。妹がダビングしたのか、あるいは妹の方はビデオを見たことによって感覚が惹起され、夢を見ているのか、そうでもなければ回想によって時系列が入り混じっているのか、この描写では判断がつきません。

また、ビデオが複数の人間によって鑑賞されてしまう状況の作り方が都合よすぎで、主人公は間抜けとしかいいようがないのがちょっと気になります。

しかし。この作品で見るべき点はそこではありません。この作品の最大の魅力は、ビデオの中で展開されている、おそらくは登場人物が心の中で秘めている願望、そしてそれを見てショックを受けている登場人物たちのモノローグであると思います。

魔法のビデオは、大正時代を舞台とし、祐斗が良家の婿養子になる予定の婚約者、夏織が祐斗と結婚予定の良家の息女、優美と瑠璃が屋敷に勤めるメイド、という内容の時代劇なのですが、大まかな内容は同じながら、見る人や状況によって微妙に内容が変わってくるようです。

とにかく、この登場人物たちの秘めた欲望が面白すぎます。特に、妹・優美は素晴らしい。優美は、セックスの話題になると軽いパニックを起こすほどの典型的な晩生少女なのですが、この優美が、ビデオの中では、淫らで少し鬼畜な性癖を持った小悪魔的メイドになります。そして、兄であるビデオの中の「若様」を唆し、現実世界で苦手意識をもつ兄の恋人・夏織をいたぶり、陵辱します。この辺りは、絵やセリフから見て取れる優美の変貌ぶりも迫力があり、エロ度に貢献しています。

また、登場人物たちのモノローグは官能小説の朗読のようで、なかなか味わい深いものがありました。さらに、ビデオの中で暴走を繰り広げる自分に引いてしまい、「何やっているんだお前は」と突っ込みを入れる主人公というのもシュールで笑えます。この作中劇の面白さとそれを見ている登場人物たちの反応の面白さで、超オススメとしたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Mi・da・ra screen 1 お兄ちゃんは、何を望むの?

Mi・da・ra screen 1 お兄ちゃんは、何を望むの?


<ストーリー>
互いに伴侶を失った両親の再婚も、すでに5年。連れ子同士である祐斗・優美の義兄妹は、足りないものを埋め合うように仲睦まじく生活していました。

しかし、月日の過ぎ行く様は時に残酷ですらあります。5年の間に、両親の関係はすでに冷え切り、もはや離婚も時間の問題とすら思えるほどになってしまいました。そして当然、親が離婚すれば、その子供である二人も離れ離れになってしまいます。

多感な少年少女であった二人にとって、5年の月日は両親とは違う意味を持つ濃いものでした。いつしか二人は、兄妹ではなく、男と女としてお互いを想い合うようになっていたのです。

もちろん、お互いにそのような気持ちを口や態度に出したことはなく、それゆえにお互い、満たされぬ恋心に焦がされていたのでした。

そんなある日、家路を急いでいた祐斗は、奇妙な雰囲気の女性とぶつかって転んでしまいます。持っていた荷物をぶちまけてしまった祐斗は、女性に謝りながらも慌てて拾い集めていたのですが、その中に見慣れないビデオテープが混じっていました。

手に取り、「これは、おれのじゃないな」と呟いた祐斗に、「差し上げます」という女性の声が聞こえました。…へ?訝しむ祐斗が顔を上げると、すでに女性の姿はなく…(ゼロアニメーションより)

<感想>
人間を幸福にも破滅にも導くという力を持った、魔法のビデオテープにまつわるお話です。一応ホラー・猟奇系に分類してみましたが、どちらかというと世にも奇妙な物語といった感じで、グロさは全くありません。

絵に関しては、極めて美しいです。背景や公園の鳩なども丁寧に描かれ、食卓のシーンで、料理の描写も非常にしっかりしています。人間の表情が微妙に乱暴に思えるところがないでもありませんが、全体としてはとても高いクォリティだと思います。

ストーリーに関しては、心理描写が素晴らしい!ばらばらになる寸前の家族。その中で、お互いを深く想い合う義兄妹と、ドラマシーンに非常に説得力があります。

そして肝心のエロ度ですが、これも素晴らしい!今回、エロシーンのほとんどが魔法のビデオテープに映し出された、おそらくは登場人物の心に秘めた欲望を映像化したものになります。つまり、幻想とか妄想の類になるわけですが、これがなかなか面白いです。

というのも、現実には行われていない、主人公と妹とのセックスが映し出されており、主人公はビデオの中の幻想の自分に激しく嫉妬し、ほとんど泣き叫びそうな勢いで、やめろ、といいます。これはほとんど寝取られのノリで、わたし好みでした。また、後半には妹の友人も登場しており、なかなか激しいセックスシーンを披露してくれています。

続きも気になるとても面白い作品で、超オススメだと思います!



※魔法のビデオ…作中登場する魔法のビデオは、再生すると主人公が富豪となって登場する不思議なドラマが始まります。この内容は、貨幣価値や登場人物のファッションから、おそらく大正時代と思われます。これになんらかの意味があるのかはわかりませんが、近世と現代の間に位置する不思議な世界として、なかなかいい味を出していました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

特別授業 後編

特別授業 後編


<ストーリー>
主人公・三神拓美の異常性欲はとどまるところを知らず、その手口はだんだんと大胆なものになって行きました。ついには、トイレで用を足しているバスケ部キャプテン・新川夏希に薬物を嗅がせ、白昼堂々拉致して犯し、ビデオに収めるほどです。

そんな中、妹・真緒の様子がおかしいことに気付いた桜野みのりは、ある日、三神が西条ゆかりを犯しているところを目撃してしまい、衝撃を受けます。気が弱い妹を、どうかよろしくお願いします。そうお願いした相手が、よりにもよって悪辣非道なる強姦魔であったなんて。そう、真緒はすでに三神によって犯され、その一部始終をビデオに撮られてしまっていたのです。

自責と復讐の念に駆られたみのりは、とにかく妹の強姦テープを取り返すため、三神の助手のようにレイプ現場に同席してビデオ撮影している東冴妃に直接談判を…(ゼロアニメーションより)

<感想>
例によって主人公・三神が鬼畜な暴走を繰り広げる作品です。とにかく、女子校生にフィストファックを決めたり、姉を犯す現場に妹を呼び出してレズをさせたりと行動が鬼畜である上に、セリフも身勝手・横暴を体現したような感じで、実に爽快感のある主人公です。やはり、こういった作品は主人公が遠慮をしていると面白くないので、この主人公造形は成功だったと思います。

そして、今回は三神の助手で恋人・冴妃がいい味を出しています。冴妃は三神をほとんど狂気の域に達するところまで愛しており、それがゆえにレイプ幇助と現場撮影という犯罪行為にまで手を染めてしまいます。そうした描写がきちんとされているので、ラストの衝撃展開がとても生きています。

ちょっと乱暴な展開が目立つので、お話をシリアスに楽しむことは出来ませんが、インパクトもあり、エロ度も高く、十分な実用性があると思います。



関連シリーズ
特別授業 2
このエントリーをはてなブックマークに追加

特別授業 前編

特別授業 前編


<ストーリー>
ホテルの一室で愛し合う若い男女。しかし、何か様子が妙です。女はとても楽しそうにセックスの悦びを表現していたのですが、それに対して男が突然怒り始めたのです。

男は女を乱暴に扱い、自分勝手にセックスを終わらせると、とっととシャワーを浴びてしまいました。そして女に促し、帰ろうとします。女は素直に従いました。

その男、三神拓美は元美術教師でありながら女を調教しては苦痛と快楽に歪む表情を撮影するのが好きでたまらない鬼畜な強姦魔でした。そのために職を失い、今は定職についていません。そして、相手の女、東冴妃は三神の大学の後輩でしたが、調教を受けて屈服し、表面上は恋人のような関係でありながら実際は奴隷のようになっていたのです。

しかし、数年も関係を続けてきたため、三神は冴妃に飽きてきたようです。そして、事も無げに冴妃に、別れを切り出します。

すでに精神的にも完全に三神に依存しきっている冴妃は、この三神の申し出を肯んじることができず、三神に言われるまま勤め先の学校で同僚教師に一服盛り、入院させることで人員に空きをつくると、自らの紹介で三神を学校に招き…(ゼロアニメーションより)

<感想>
実にわかりやすい鬼畜陵辱作品です。

お話に関しては例によって例のごとく、鬼畜教師が女子学生を順繰りに陵辱して回るというマンネリズムな展開ではありますが、所々パターンを外したちょっと意外な展開が見られ、工夫して丁寧に作ってある印象です。セリフなどやナレーションもなかなか味があり、笑えます。

絵に関しては、背景が極めて美しいです。人物に関してはそれほど美しいという印象はありませんが、構図やポージング、遠近感などが面白く、なかなかいい感じです。

エロ度に関しては、主人公が苦痛に顔を歪める女が好き、という性癖であるため、好みが分かれるかもしれません。しかし、クォリティは十分で、実用性はあると思います。



関連シリーズ
特別授業 2
このエントリーをはてなブックマークに追加

Natural2 -DUO- 第四話 HI-NA-MI

Natural2 -DUO- 第四話 HI-NA-MI


<ストーリー>
出版社に勤める奈良橋翔馬の後輩カメラマン・江崎日奈美。翔馬が教育実習生をしていた頃の教え子でもある、ドジでおっちょこちょい、しかも騒がしい日奈美を、翔馬はうるさく思いつつもそれなりに可愛がっています。

そんなある日、日奈美とコンビを組んで最近流行のデートスポット特集記事を書くという仕事で、二人していろいろ回っていた時のこと。どうも日奈美の様子が妙です。ラストに来たのはデートの最後に行く場所、すなわちラブホテルだったのですが、なぜか、日奈美は入る時に料金を払っていたのです。

取材なら、当然事前に話がついているはず。そうツッコミを入れる翔馬に、日奈美は慌てて「潜入取材です」と言い訳をしましたが、さすがに後輩の姑息な言い訳に惑わされる翔馬ではありませんでした。

そう、実は日奈美は翔馬を愛していて、仕事と言いながらデートをし、ラブホテルまで連れて行けばその気になるはず、という計画を立て、それを実行したのでした。それはおっちょこちょいの日奈美らしい杜撰きわまる計画ではありましたが、もとより女性と関係を持つことに遠慮を持ち合わせていない翔馬はあっさりと日奈美を…(ゼロアニメーションより)

<感想>
Natural2 -DUO-シリーズの最終回になります。このシリーズはもともと全6回の予定で作られていたものの、売り上げが振るわず、最終的にこの第四話で打ち切りということになりました。クォリティが本当に高い素晴らしいシリーズなのに、残念です。

お話に関しては、残り2話分を残して打ち切りというだけあって、かなりダイジェストっぽい内容になっています。もっとも、それにしては一応お話は理解でき、きちんと終わっているのはさすがというべきでしょう。しかし、おそらく売れなかったテコ入れだと思われますが、エロシーンの分量がかなりのものであるため、ストーリー部分は筋を追うのが精一杯というところです。

エロ度に関しては、ストーリーを犠牲にしてエロを優先しただけあって、かなりのものになっています。特に今回のヒロインである日奈美はかなり騒がしくてアホの子っぽいところがあり、なかなか可愛いです。また、今回は鳥海千紗都・空姉妹や柴崎彩音のエロシーンもあり、実用性は十分です。

打ち切りということで無理をしているため、シリーズ最高の出来とはいえませんが、それでもエロアニメとしては高水準の素晴らしい作品ですので、超オススメとしておきたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Natural2 -DUO- 第三話 KU-MI-KO

Natural2 -DUO- 第三話 KU-MI-KO


<ストーリー>
若くして内縁の夫を癌でなくした端本久美子。籍こそ入れていなかったものの、その心は今も亡くなった夫に向けられたまま、氷ついていました。

そんなある日、姉妹二人が暮らすお隣・鳥海家に、男の人がいることに気付きました。奈良橋翔馬。もともと鳥海家の姉妹は主であった老人の養女で、翔馬という人物はその老人の血の繋がった孫になります。つまり、鳥海千紗都・空の義理の兄ということ。そういう人がこれから共に暮らすのだ、という話を事前に聞いていた久美子は、愛想よく翔馬に会釈します。

しかし、翔馬の顔を見た瞬間、久美子は衝撃を受けてしまいました。顔つき、背格好、何もかも違うはずなのに、夫にそっくりに思えたからです。亡くなった夫はピアノの演奏者。そして翔馬は、不幸な事故により断念したものの、元バイオリニスト。どちらも音楽家ということで、同じ匂いを感じ取ったのかもしれません。

やがて久美子は翔馬のことを思うと心が乱れ、いつしか翔馬に抱かれることを夢想しながらオナニーをすることが止められなくなり…(ゼロアニメーションより)

<感想>
全編にわたって未亡人の肉欲への葛藤が描かれた非常にエロ度の高い作品です。

お話に関しては、若くして最愛の夫をなくした未亡人の悲しみ、寂しさと、新しい恋への逡巡、さらに隣人でありメインヒロインでもある鳥海千紗都への感情が描かれており、大変味わい深いものになっています。特に今回、久美子が翔馬を見つめる時の目の動きが素晴らしい!一瞬目をそらした後、思い直して見つめ返す、というような動きが丁寧に描かれており、見ているこっちもちょっとときめいてしまいます。

そして、エロ度が大爆発です!これまで、このシリーズは翔馬にSM調教師のような隠された顔があることを仄めかしつつも、内容は純愛よりのお話でした。ところが、今回は翔馬がその本領を遺憾なく発揮し、久美子を言葉で責め、縛り上げてバイブで責め、とまことにエロスな仕上がりになっています。

また、久美子の方も、亡くなった夫に翔馬を重ね合わせ、野菜や指を駆使しておまんこと肛門を同時に刺激する激しいオナニー三昧の日々を送り、ついには自ら懇願して翔馬に抱いてもらうなど、実用性の高いエロシーンてんこ盛り!

さらに、エロアニメとしては珍しくコンドームの使い方が非常に素晴らしい!翔馬が久美子に命じて、口を使ってコンドームをつけさせるといった、直接的なエロさに加え、ずっとコンドームを使ってセックスをしていた二人がついに生でセックスする、というようなお話としても味わい深い展開に持っていくなど、小道具としての役割を存分に果たしています。

とにかく、エロ度とストーリーの面白さが一体となった超オススメの傑作です!ぜひあなたも見てみてください!



※野菜…野菜をおまんこに入れるときはコンドームを使いましょう。この作品ではせっかくコンドームを上手に使っているのに、野菜は生で入れていてちょっと気になりました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Natural2 -DUO- 第ニ話 KUU

Natural2 -DUO- 第ニ話 KUU


<ストーリー>
アニキ、すなわち奈良橋翔馬が10年ぶりに帰って来たと姉の千紗都から連絡を受けた鳥海空。勤労学生である空は、しかしバイト先で気もそぞろでした。幼かった頃は気が弱く、それでも10年の間に前向きに生きる術を学び取った空。しかし、その心の中ではいつも「お兄ちゃん」の大きな背中を求めていたのです。

ところが、なんという偶然でしょう。出版社に勤める翔馬は、鳥海の家で再会を果たす前に、空のバイト先に取材の仕事で現れてしまったのでした。

帰り道、車で送ってもらいながら、せっかく家で感動の対面ができると思ったのに、とぶーたれる空に、おれの取材先で働いてるお前が悪い、と返す翔馬。何気ないさばさばとした会話の中で、翔馬は10年の歳月の重み、姉妹が変わったしまったという実感を口にしますが、空は口ではそれを肯定しながらも、心の中では翔馬を「お兄ちゃん」と呼んでいました。

やがて、時は流れ、雪が止み、春の訪れ。しかしある日、夜中に目が覚めた空は、姉の千紗都が浴室で翔馬と激しくセックスをしている姿を目撃してしまい、衝撃のあまり呆然としてしまいます。

それは考えてみれば男女の仲としてごく当たり前の組み合わせ。しかし空は…(<ゼロアニメーションより)

<感想>
ストーリー構成・エロ両面において実にハイクォリティな作品です。超オススメ!

前回Natural2 -DUO- 第一話 CHI-SA-TOのラストシーンとまったく噛み合わない状況からお話がスタートし、何事かと思ったのですが、インパクトのあるシーンを最初に出しておき、あとからそれがどういうことなのか説明する、という構成でした。この作品はエロゲー原作なのですが、ハーレム状況の作り方が上手く、なかなか衝撃力がある上に先が気になり、うまいやり方だと思います。

お話に関しては前回が姉・千紗都の視点で展開していったのに対し、今回は妹・空の視点からストーリーが進行していきます。共通する時系列のシーンでもきちんと空の視点から丁寧に描かれており、ストーリーがとても理解しやすくなっています。

また、主人公・翔馬の別の顔も、今回さらにしっかりと描き出されています。すでに作家として名を挙げている以前の恋人・柴崎彩音と再会し、メスブタ、と罵倒しながら犯すように関係を持つのですが、どうやら本性を隠しているというより、心に二面性があるという人物という感じに描かれています。その後、空とのセックスの最中にいきなり目つきが変わったりするので、なかなか面白かったです。

そして肝心のエロ度に関してですが、空は寝ている間に漏れ聞こえてきた千紗都と翔馬のセックスの物音のせいでいやらしい夢を見てしまったり、初めての野外セックスにも応じるなど、性体験が薄いなりに多感で興味があるキャラクターとして描かれています。また、この辺りはお約束ながら体質的に濡れやすく感じやすいらしいので、経験回数が少ない(おそらくまだ2回)わりに反応もいい感じです。さらに、絵が美しいので直接的なエロさも十分にあり、実用性もあると思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Natural2 -DUO- 第一話 CHI-SA-TO

Natural2 -DUO- 第一話 CHI-SA-TO


<ストーリー>
祖父と養女二人の三人家族だった鳥海家。しかし高齢であった祖父は亡くなり、鳥海千紗都・空の姉妹は二人力を合わせて生活していくことになりました。そのうち姉の千紗都は自らメイド服に身を包み家事全般を、妹の空は星和芸術学院にて勉学に勤しむ毎日です。

そんな鳥海家に、兄さま、すなわち奈良橋翔馬が帰ってきました。出版社に勤める翔馬は、祖父の訃報を聞きつけ、二人のそばにいることを決めたのです。

翔馬は10年前、鳥海の家で生活をしたことがありました。実の両親との折り合いが悪かった翔馬にとって、祖父と小さな女の子二人に囲まれたその一ヶ月は、暖かな家族の温もりの思い出であり、もう一つ、決して忘れ得ぬ悲しい思い出でもありました。

翔馬が帰ってきたその日、10年の年月を経て美しい大人の女性になった千紗都は翔馬への愛を告白し、処女を捧げると…(ゼロアニメーションより)

<感想>
短い時間の割りに情報量が多い作品です。10年前の思い出を効果的に挟みながら現在が描かれており、かなり複雑な設定を説明的にならないように工夫して描いています。また、時間の経過を表現するのが上手く、自然に作中時間で数ヶ月経っていることが仄めかされています。

絵に関してはきわめて美しく、背景も丁寧です。人間の顔は鼻が長いバランスとなっており、個人的にはもう少し目が下のバランスになっていてもいいのでは、と思いますが、その辺りは好みでしょう。人体の美しさも格別で、エロシーンの実用性に貢献しています。

肝心のエロ度に関しては、最初のエロシーンが処女のセックスであったため、少し大人しいか、と思ったのですが、後半かなり激しさが増します。上記時間の経過を表現するのが上手いと書きましたが、つまり数ヶ月の間に大分慣れてきて、時には激しいセックスもするようになった、ということで、なかなか味わい深いものがあります。

また、それとは別としてどうやら主人公・翔馬には裏の顔があり、純愛でありながらも調教モノのような感じに話が展開していくようです。

ラストはなかなか盛り上がるところで終わっており、先が気になります。非常に良く出来た素晴らしいクォリティの作品で、超オススメだと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

STAR BALLZ スターボールズ

STAR BALLZ スターボールズ


<ストーリー>
孫悟空っぽいハン・ソロのような人が、ピカチュウっぽいR2D2のようなキャラクターたちとともに月野うさぎっぽいレイア姫のような人をミッキーマウスっぽいダース・ベイダーのような人から救い出すお話です。スターウォーズのパロディである他、様々な映画のワンシーンを取り入れているようです。(ゼロアニメーションより)

<感想>
スターウォーズのパロディであり、かのジョージ・ルーカスが本気で激怒して1億4千万ドル(今なら150億円強です)の賠償金を求め提訴したという曰くつきの作品です。

とにかくあらゆる場面にパロディがちりばめられており、なかなか楽しめます。わたしは映画はあまり詳しくありませんが、猿の惑星のパロディと思われるシーン(砂漠の廃墟に自由の女神)やセブンのラストシーンだと思われるシーン(別にグロくはありません)、羊たちの沈黙と思えるシーン(鉄格子越しに精液を投げかけられる)など、なんとなく元ネタがわかるシーンはニヤリとさせられました。映画に詳しい方なら、そういう意味でももっと楽しめるのではと思います。

また、音楽がわりと出来がいいです。ダースベイダーのテーマ曲をアレンジしたような曲や、ミッションインポッシブルをアレンジしたっぽい曲など、パロディというコンセプトらしくシーンに合わせて作られています。

絵に関しては背景がコンピュータグラフィックで処理されていてきわめて美しいです。人物に関しては明らかに下手糞な絵が見られる一方で、特にアクションシーンや一部のセックスシーンでの滑らかな動きなどはかなり躍動感がありました。出来にムラがあるものの、良いシーンに関しては普通に見応えがあってカッコイイです。

全編英語ですが、「OH!Yes.That's Good!」が聞き取れれば十分なわかりやすいストーリーであり、なおかつそれだけでも十分な面白さがあります。40分の作品で、見ている間ずっと面白かったとまでは言えませんが、いくつかのシーンではギャグで爆笑できたところがありました。

エロ度に関しては、セックスシーンのノリがまんま洋モノであるため、好みは分かれます。さらに、人物の絵にムラがあるのとエロがお下品ギャグの方向に向かっているので、実用性に関しては微妙ながら、ライトセイバーがちんぽの形をしていたり、兵士たちのヘルメットが亀頭の形をしていたりとなかなか笑えます。

なお、最後まで見ているとわかりますが、これはジョージ・ルーカスの激怒も納得です。顔を真っ赤にして憤慨するルーカスの顔が目に浮かぶようでしたw
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sailor and the 7 Ballz セラゴンボール 2

Sailor and the 7 Ballz セラゴンボール 2


<ストーリー>
おそらく、孫悟空たちが宇宙に散らばったドラゴンボールを回収するストーリーだと思われます。全編英語であるうえにあまりにも意味不明でシュールな展開の作品であるため、よく理解できません。(ゼロアニメーションより)

<感想>
一応ゼロアニメーション側で前回Sailor and the 7 Ballz セラゴンボール 1とセットでまとめてあるのでこのタイトルにしておきましたが、本当に続編なのか激しく疑問です。もっとも、シリーズのつながりなどと考えるのも馬鹿馬鹿しいような作品ではありますが。

意味不明な展開に加え、執拗に繰り返される乱交や性的拷問、ゲイセクシュアルなホモセックス、油断しているとちょっとショックが大きい残酷シーンなど、悪夢のような印象すら受けるシュールな映像が実に50分も続きます。それとは別に、明らかに手抜きに見える絵や明らかに効果音を口で言ってる(!)シーンがあったりと、作品クォリティの低さもあり、受け付けない人も多いだろうな、と思います。

絵に関しては、背景はコンピュータグラフィックで処理され、立体感があってかなりいい感じだと思います。人物に関しては上記の通り明らかに手抜きに見える絵が散見され、平均点は低めにならざるを得ませんが、時々GJといいたくなるようないい絵もありました。

エロ度に関しては、絵がよくないシーンが多いのと、体の動きが下手糞かつ同じ動きを繰り返しているだけであるため、実用性はほぼ皆無でしょう。時々意外と悪くないシーンがなきにしもあらず、といった感じですが、この作品はいろいろとマイナス要素が多すぎて使えません。声に関しては全編英語ですが、セックスシーンでは日本語が混ざります。おそらく、アダルトビデオの音声を利用しているのでしょう。これも同じフレーズを何度も使いまわしているだけです。

紅の豚ことポルコ・ロッソをはじめ、ちょっと意外なキャラクターが登場しているのは面白かったですが、孫悟空が黒人に犯された挙句肛門にドラゴンボールを詰め込まれたり、何の脈絡もなくキャラクターが血飛沫くズダボロと化すなど、かなり気分の悪い描写も多いです。正直なところ、わたしはこういうカオスな作品もそう嫌いではないのですが、決してオススメはいたしません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sailor and the 7 Ballz セラゴンボール 1

Sailor and the 7 Ballz セラゴンボール 1


<ストーリー>
セーラームーンこと月野うさぎと、プリンスことタキシード仮面の結婚披露宴に招待されたあまたの有名アニメキャラたちが、会場となるタキシード仮面の居城で乱交を繰り広げるお話です。ストーリーらしいストーリーはありません。(ゼロアニメーションより)

<感想>
ゼロアニメーションにはAnime FictionMANIA エロの森の物語など、明らかに同人作品と思われる有名アニメのエロパロディがありますが、これも同じタイプの作品です。わりと面白く出来がいいAnime Fictionは例外として、普通こういう作品は所詮素人の製作ということで、あまり実用性も面白みもなく、せいぜいネタにするのが正しいと考えるべきでしょう。

絵に関しては、背景はコンピュータグラフィックでそこそこに処理されていますが、人物は中高生が描いたと言ってもまあ信じられる程度です。お金を取るレベルに達しておらず、ダウンロード販売で大量に落とす中の一つとして考えるなら我慢できるかな、といった感じです。

お話に関してはお下品ギャグ作品としては一応まとまっていて、結構笑えるシーンもあります。しかし、いかんせん1時間もあり、長すぎます。一応30分でコマーシャルが入るので、そこで一旦一区切りして2回に分けて見るのがいいかもしれません。

ほぼ全編日本語なので、他のエロパロディ作品に比べて内容が理解しやすいのは助かります。男性の声優さんは日本語・英語とも上手く、かなり流暢でリズミカルな喋りなので、わりと聞き応えがあります。女性の声優さんはセリフが棒読みだったり所々トチったりしますが、アヘ声が妙にリアルなので、音だけ聞いている分には実用性があるかもしれません。

ゼロアニメーションのユーザー掲示板を見ると、案の定というか、酷評が見受けられます。わたしはエヴァンゲリオン初号機がセックスしていても月野うさぎにちんぽが生えてきてもそれはそれと割り切って笑って見ていられますが、日本のアニメに思い入れがある方は見ない方がいいかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

個人授業 LESSON.2 「ERIKA」

個人授業 LESSON.2 「ERIKA」


<ストーリー>
主人公・飯島沙羅のスタンフォード大学時代の友人・島田エリカ。生真面目な努力家であり、沙羅とお互いに尊敬しあう良きライバルであったエリカが、すでに超一流の心理カウンセラーとして名声を築いていたニューヨークを去り、日本の高校に専属カウンセラーとして赴任したという情報が沙羅の元に入ってきました。

友人なので、それなりに気楽に会いにいけるのは嬉しい限りではあるものの、どうも腑に落ちないものを感じた沙羅は、職権を利用し、面会かたがた、エリカの仕事について調査を試みます。

表面上沙羅を丁重に出迎え、友人として暖かく接するエリカでしたが、エリカの補習と称して行われるカウンセリングの模様を隠しカメラで盗み見た沙羅は、あまりのことに衝撃を受けてしまいます。

沙羅とエリカが大学で、デビッド・チャン教授に指導を受けたサイコフィード療法とは、悩める相手と信頼関係を作り上げた上で催眠を行い、悩みを取り除くというもの。それに対し、エリカが行っていたのは、カウンセリングとは名ばかりの強制的な催眠による洗脳で…(ゼロアニメーションより)

<感想>
学生時代からお互いに尊敬しあい、切磋琢磨してきたライバルが、ある理由から道を踏み外し、主人公と対決するという内容の作品です。キャラクターの設定が上手に作られているうえに、真相の明かし方が見事で、ストーリーが素晴らしい作品です!

特に、今回は敵役の島田エリカの行動原理が十分に納得のいくもので、なかなか魅力的なキャラクターに仕上がっています。さらに、下ネタギャグ担当とばかり思っていた助手・田峰が実にいい活躍を見せています。

しかし、残念なことに絵、とくに人物がまるでダメです。顔が原作者である遊人氏にまるで似ていないのはまあいいですし、妙に顔が濃い目なのも好みの範疇ですが、絵柄が安定しなさ過ぎです。また、エロ度に関しても下ネタギャグ程度のレベルでしかなく、実用性は皆無としか言いようがありません。

さらに、このシリーズは相手を催眠術にかけ、精神世界に入り込んで事件を解決するという内容であるため、作中のかなりの部分を精神世界での抽象的な描写に費やされています。これも、人によっては嫌がる方もおられるかと思え、手放しでオススメはできません。

ただ、ストーリー自体は本当によく出来ていて、短いにしてはとても感動的な仕上がりです。よほど上記人を選ぶ表現が嫌な人でもない限りは、見て損がない佳作だと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

個人授業 LESSON.1 「YURI」

個人授業 LESSON.1 「YURI」


<ストーリー>
青少年特別対策委員会別室二課所属・飯島沙羅。問題行動を起こす青少年に対してカウンセリングを行い、最新の心理治療技術であるサイコフィード療法でその悩みを解きほぐしてやることを生業とする、豊満で美人なサイコセラピストです。

今回の対象は聖桜ヶ丘学園の女子学生・斎藤有里。真面目で清純そうな有理は、しかし外見とは裏腹に、毎日デートクラブに通っては売春を繰り返しているらしいと通報されたのです。助手の田峰とともに調査を開始した沙羅は、早速有理が女性下着売り場で、なぜか巨乳の人用ブラジャーを切り刻むという異常行動を起こしている現場に遭遇します。

さらに、ヘリコプターを用いての尾行の最中に、有理はハゲたデブ親父とホテルにしけこみ、お金のためとも思えないのに嬉々としてフェラチオをはじめ…(ゼロアニメーションより)

<感想>
遊人氏原作のコミックをアニメ化した作品です。

絵に関しては、遊人氏の絵の面影はまるでありません。似ていないというだけでなく、残念ながらあまり美しい絵ではありません。一応背景、特にヘリコプターなどはかなりいい感じの絵なのですが、それでもどこかしら今風に感じられません。

どうも、絵柄や演出を含めた表現そのものが古い感じです。再放送でちょっと古めのテレビアニメを見たような気分になりました。雰囲気自体はそんなに悪くないものの、製作年代がそう古い作品ではないはずなのですが…。

内容に関しては、笑いあり、衝撃あり、感動あり、といったわかりやすいエンターテインメント作品です。サイコフィード療法、サイコセラピーなど、精神医療っぽい用語が飛び出していますが、やっていることは「大きなおっぱいをぐるぐる回して相手を催眠状態にし、セックスをしながら相手の精神世界に入り込んで暗示などで悩みを取り除いてやる」というものです。

ストーリー自体は短いなりに丁寧に作られており、登場人物の設定などもしっかりしています。また伏線もわかりやすく張り、きちんと回収しており、教科書どおりに作ったという感じの展開になっています。心理治療やトラウマなどを絡めたお話にしてはそれほど緊張感もなく、どちらかといえばまったりとギャグを楽しむ作品の類でしょう。

エロ度に関してはサービスカット及び下ネタレベルです。エロにも笑い用のエロさと興奮用のエロさというのがあろうかと思いますが、この作品はもともと前者の成分が強い上に絵があまり美しくないため、実用性はかなり低いと言わざるを得ません。

ともあれ、こういう馬鹿馬鹿しい作品は結構好きなものですから、わたし的にはゲラゲラ笑えてかなり楽しめました。なお、精神世界のシーンに関してはかなりカオスな感じになっています。これもツッコミを入れながら見る分には楽しいと思うのですが、こういう抽象的な描写は人によって嫌がる方もおられるようですのでご注意ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。