18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > 2007年10月

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

双子ノ母性本能 第二章 悦楽の協奏曲

双子ノ母性本能 第二章 悦楽の協奏曲


<ストーリー>
主人公・実と最近知り合い、セックスフレンドのようになっていた茜。しかし、なんということでしょう。大きなおっぱいを揉みしだき、中出しし、SMプレイの末に浣腸までした茜は、実(みのる)の生母だったのです。このあまりにも衝撃的な真実を聞かされ、実は自暴自棄になり、育ての母で茜の双子の妹である巴を犯してしまいます。

実を育てるために人生を捧げ、未婚のまま母になった巴は、まだ処女でした。

しかし、実のやり場のない怒りと自己嫌悪は収まることがなく、巴に対する陵辱はしだいに激しさを増していきました。そんな状況では勉強に身が入るはずもなく、学校の成績まで落ちてしまった実は、三者面談に巴とともに呼び出されてしまいまいます。

しかし実は巴に「成績が落ちたのはお前のせいだ、罪滅ぼしにこれをつけろ」と、リモコンバイブレーターディルドつきペニスパンツを…(ゼロアニメーションより)

<感想>
前回双子ノ母性本能 第一章 欲望の二重奏の感想で、エロアニメでは血が繋がってる近親相姦はタブーで、無理にでも義理の関係にしているものなのに、この作品では実の親子がやってしまっている、なんということ、と書きましたが、本当にタブーを破ることはできなかったようで、今回真相告白という形でその問題を回避しています。しかし、この回避の仕方は凄すぎます(笑)。そういう問題じゃないだろう、というか、別の問題が発生しているというか…。なんというか、違う意味でも楽しめる作品です。

しかし、正統的な楽しみ方、すなわちエロアニメとしてのレベルも非常に高いです。絵に関しては、少々乱暴な部分もないではありませんが、女性キャラクターが可愛い上に爆乳なので、十分目の保養になります。また、声優さんの演技が素晴らしい!快楽のために呂律がまわらなくなっている感じが見事に表現され、実用性に貢献しています。

キャラクターがあんまり老けて見えないため、近親相姦テーマなわりに年上属性には向かないと思いますが、主人公の鬼畜っぷりはなかなか素晴らしく、爽快感があります。もっとも、いくら自暴自棄とはいえ、こんないいお母さんにこんなひどいことをするのはほとんど逆恨み、言いがかりに等しく、そういう意味で感情移入できずに引いてしまうところがあるかもしれませんが…。。

とにかくエロ度が高く、エロさだけでも超オススメといえる爽快な作品だと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム