18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > 2007年05月

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラゴンナイト4 MAP1 - 「RETURN」

DRAGON KNIGHT WHEEL OF TIME(ドラゴンナイト2)


<ストーリー>
ストロベリーフィールズを救った勇者・ヤマトタケル。彼はその後もあまたの冒険を繰り返し、やがて生きながら伝説となりました。そんな彼の息子のカケルも、タケルに似た闊達な男の子に成長します。

ちょうど同じ頃、各地をルシフォンと呼ばれる魔法使いの軍が蹂躙するという事件がおきていました。タケルの暮らす国の王もこれに対抗する形でタケルにルシフォン討伐を依頼しますが、タケルは15歳になる息子の成長を願い、カケルを旅に送り出します。

しかし、事態は思っていたよりもずっと深刻で、タケルはルシフォンが放った「黒い霧」により石化し、さらに国も滅ぼされてしまいます。勇者タケルの息子として、反ルシフォン軍の旗頭に祭り上げられたカケルは、まだ幼さの残る力の限り、戦い抜きました。

と、それももう昔のこと。反ルシフォン軍は壊滅し、カケルは一人幽閉され、親しい人はみんな死んでしまいました。カケルは昔の記憶の断片を追いかけながら、今では「何で僕は生きているのだろう…」と呟く日々を送っています。おそらくは、苦痛を与えられる、ただそれだけのために、死ぬことも許されず、何もなければそのままカケルは朽ち果てていくはずでした。

ゴトリ。止まっていた時間が動き出した音は、カケルを閉じ込めた部屋の閂を開ける音でした。マルレーネ。かつてカケルとともに戦ったエルフの美女がそこにいて…(ゼロアニメーションより)

<感想>
ドラゴンナイト4というシミュレーションゲームを原作としたアニメです。ゲームでは1が前作DRAGON KNIGHT(ドラゴンナイト1)での主人公ヤマトタケルのお話で、2~3まではアニメでは描かれていませんが、その間にヤマトタケルは伝説の勇者ということになった様子です。わたしは残念ながらゲームは未プレイですが、冒険を繰り返して生ける伝説になる主人公というのはなかなか面白そうですね!

さて、この作品は前作と比べてギャグ要素があまりありません。なかなか変則的な構成で、おそらくゲームでははじめ隠されていたであろう事柄(主人公の仲間が実は未来の主人公)が、最初から明かされています。しかし、知っている人向けに作られているのではなく、わたしのように予備知識のない人間でも普通に楽しめるつくりになっています。

内容はゲームをアニメ化した作品にありがちな、時間経過や展開の拙さが全くなく、感心してしまうほど上手に表現しています。タイムパラドックスをテーマにした作品で、未来の主人公の時代ではすでに死んでしまった大切な人との再会での切ない気持ちも、見ていて非常に好ましく感じられます。ただ、シリアス寄りの作品ですが、描写はあまり重すぎないので、軽い気持ちで見ても感銘を受けることが出来るでしょう。

なお、絵は素晴らしいものの、軽めのセックスシーンが一回あるだけで、サービスカットすらほとんどないため、18禁作品にしてはエロ度はほぼ皆無です。作品自体が非常に面白いので、その意味でオススメです。



関連シリーズ
ドラゴンナイト DRAGON KNIGHT
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラゴンナイト DRAGON KNIGHT

ドラゴンナイト1


<ストーリー>
刺激を求めて旅から旅へ、当てもなく続けている腕っこきの剣士、ヤマトタケル。しかし、剣の達人ということから本来研ぎ澄まされたイメージであってしかるべきなのに、実際は気さくで楽天的、スケベでいやしんぼな性格の愉快な男です。

そんなタケルがストロベリーフィールズという国を訪れたときのこと。まだ宵の口にも関わらず、店屋の明かりは全て消され、道を歩く者も人一人いないという寂れたありさま。お酒でも一杯引っ掛けて美味しいものを食べるどころか、必要な食料の調達すらままなりません。あまりに酷いので王城にでもいれば人がいるのでは、と出向いてみると、人気はないものの食事の支度が整っていました。

とにかく長旅のおり、はらぺこであったタケルは、人がいないことを幸いと食べ物をつまんで食べていたのですが、たちまち現れた美女の衛兵にとっ捕まって縛り上げられ…(ゼロアニメーションより)

<感想>
同名のゲームを原作としたアニメです。原作はサーガとでもいうべき長編のファンタジーらしく、なかなか名の知られた作品のようです。

この作品に関しては、ギャグ寄りで、アクションやお色気の要素を加えた、という感じで、悪役も妙にずっこけており、あまり憎めません。不愉快なキャラクターや展開が一切でてこないので、気分よく観ることが出来るでしょう。

絵に関しては美しく、安心してみていられます。女の子のキャラクターも可愛らしい上に、サービスカット的なシーンが多いので目の保養になります。もっとも、一番可愛かったのは、お話の途中で出てくる子供のドラゴンだったりするのですが(笑)。

剣と魔法の世界観の作品にしてはアクションシーンがあっさり目なのですが、重い甲冑を着こなしているということを考えると、このぐらいの方が却ってリアルなのかもしれません。ピョンピョン跳ね回って爆発するようなものもいいのですが、あっさり目のわりには意外と主人公の動きが印象に残るアクションでした。

エロ度に関しては、どうかすると乳首すら隠されるぐらいの描写で、お色気以上のものではありません。楽しい作品なのでオススメしたいのですが、実用目的の方にはあまり向かないと思います。



関連シリーズ
ドラゴンナイト4 DRAGON KNIGHT WHEEL OF TIME
このエントリーをはてなブックマークに追加

A KITE -カイト-

A KITE -カイト-


<ストーリー>
エレベーターの中で、人目もはばからずに少女を愛撫する男。人気絶頂のコメディアンというその男は、「ブスのファンどもはこのマンションには呼ばない、君は可愛いから特別」などと得意気に語っています。おそらく、死に物狂いで這い上がったその男にとって、成功して自分が住めるようになったその洒落たマンションは自分自身にも等しいのでしょう。

しかし、そのような自慢は見ていて心地よいものではありません。まして、芸能人が可愛い女の子と乳繰り合いながら、というのでは尚更です。案の定、一緒にエレベーターに乗っていたマダムが毒づき始めました。香水を不愉快なほど香らせたその小太りの老婆は、公共のモラルを逸脱した若者への憎しみと、人気者への嫉妬をありったけ込めて、滔々と男への悪口を並べ立てます。これに切れた男は、老婆を足蹴にすると激しく罵倒しました。

蹴り倒された際に眼鏡を吹き飛ばされ、あたりの状況がわからない中、老婆は尚も口を動かすことをやめません。わたしの息子は腕のいい弁護士だ、お前など一捻りで潰してやる。そう叫ぶ老婆の老いた心臓は、数秒後に凍りつくことになります。

再び老婆が眼鏡をかけたとき、男と一緒にいた少女はいなくなっていました。そして、男は小気味良いほどにぐしゃぐしゃに破壊されて床に散らばっており…(ゼロアニメーションより)

<感想>
非常に素晴らしいアクション作品です!これは面白い!

依頼を受けて殺人を行う若い暗殺者たちが主人公のお話ですが、必ずしも殺人およびその背景が重要なテーマではなく、むしろ暗殺を実行する若者と依頼を受けて暗殺を志操し、あるいは暗殺者を育成する大人との葛藤がテーマになっています。

しかし、緊張感のある展開と、穏やかな部分のバランスがよく、まったく飽きがきません。この作品は前後編をくっつけてある完全版で、始めから終わりまで50分もあるのですが、時間がたつのを忘れただけでなく、終わった時にはまだ足りない、もっと見ていたいと思えるほどでした。

アクションについてはアニメならではというか、主人公は「砂羽(つかみ所のない砂に風まかせの羽)」という名前に負けない異常なまでの身軽さで、現実感はあまりありませんが、とにかく熱い!見ながら「おお~」と唸りたくなるほどの素晴らしいアクションの連続です。ガンアクションや格闘シーンについても、エロアニメなのにそれ目当てで見て十分満足できる最高の作品です!

エロ度については、絵が尋常でないほど美しく、しかも無修正。ボリュームに関しては作品全体の分量からするとそれほど多くありませんが、しかしシチュエーションなども優れており、実用性は十分です。

ストーリー的にも、最後まで目が離せない意外性があり、超オススメ!リアル志向なので腹を蹴られた人がリバースしたり、銃で撃たれてぐちゃぐちゃに体が損壊したり、というようなシーンは見る人を選びますが、グロ耐性があるようでしたらぜひ見てみてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

KAMYLA カミイラ 2

KAMIYRA カミイラ 2


<ストーリー>
人身売買組織ツェペシュ。女性を「カミイラ」と呼ばれる麻薬で廃人にし、売り飛ばしてしまう極悪非道の組織です。それに対する特警隊も、アジトを探り当てては末端の構成員を逮捕するなど、活動を強化していますが、前回KAMIYRA カミイラ 1で捕らえたのも束の間、まんまと逃げられてしまったレッドスーツをはじめとする幹部連中の行方はようとして知れません。

ツェペシュとの戦いの毎日の中、しかし特警隊隊長・アゲハは少しずつ蝕まれていました。以前、レッドスーツらに拉致された時に打たれた麻薬「カミイラ」の禁断症状のため、その豊満な肉体を激烈なほどの甘い疼きが襲うようになっていたのです。もはや最近では人前でこそ凛々しい隊長アゲハを装っていますが、一仕事終えると現場にもかかわらず隠れてオナニーすることが我慢できないほどになってきました。

このような状態では仕事もおぼつかなくなるのも遠くないはずですが、自分をこんな体にしたレッドスーツにこだわるアゲハは、なんとしてもレッドスーツをこの手で挙げてやると躍起になり、禁断症状についても誰にも言っていませんでした。そんな中、捕らえたツェペシュ構成員の中にあのレッドスーツの片腕と呼ばれる男が混じっていることがわかり…(ゼロアニメーションより)

<感想>
非常にエロい作品です。これはエロい!

とにかく、隊長アゲハが非常にいい感じです。よく酔っ払いの人が、「あんですか、あーた、あたしゃ酔ってませんよ。ヒック」みたいなことを言う、というようなコントがありますが、まさにそんな感じです。アゲハは自分では全く認めていませんが、実はすでに完全に犯される快楽の虜になっており、レッドスーツを追うのも、自分の中では憎い敵と決着をつけるため、という風に思いますが、実際には早くレッドスーツに逢って滅茶苦茶に犯されたくて仕方ないようにしか見えません。ツンデレの変形のようなもので、非常にそそります。

また、欲望との葛藤という心理面のエロさだけでなく、直接的な視覚の部分でのエロさも素晴らしい!主人公アゲハは爆乳で、おまけに犯されて快楽のあまり涙・愛液・乳汁を噴出しまくるという強烈さ!画像としても非常に実用性があります。

素晴らしい絵柄というほど美しい絵ではありませんが、演出も見事で、非常に見応えがあるオススメの作品だと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

KAMYLA カミイラ 1

KAMIYRA カミイラ 1


<ストーリー>
舞台は近未来、21世紀末のこと。非常に治安が悪化した日本では、人身売買、つまり、女の人を強烈な薬品で廃人にして売り飛ばすという悪質極まりない犯罪が流行していました。そこで、政府は婦警を主要メンバーとした対人身売買部隊・通称「特警隊」を組織し、人身売買組織への取り締まりを強化しています。

今日も、「レッドスーツ」と呼ばれる顔に傷のある男を頭目にしたグループが倉庫に女性を監禁するという事件が起こり、颯爽と出動した特警隊。正面から堂々と乗り込み、注意を引いた後、側面・後方からグループを制圧するという作戦です。正面から突撃をかけた爆乳の特警・アゲハは徒手での圧倒的な戦闘力を誇り、まさに取っては投げちぎっては投げという感じで、獅子奮迅の活躍を見せたのですが、敵グループの頭目レッドスーツは狡猾にも人質を利用し、逆にアゲハを打ちのめすと捕まえてマンションの一室に監禁してしまいます。

気絶から醒めたアゲハは…(ゼロアニメーションより)

<感想>
絵はあまり美しいという印象がありません。また、丁寧さも感じません。しかし、この凄まじいまでのエロさ。ある意味エロアニメの鑑と言える作品です。

わたしはあんまり「薬物もの」の作品は好みではありません。それだとセックスが気持ちいいのではなくて薬が気持ちいいのではないのか、と思ってしまうからです。しかし、ここまで激烈に快楽に狂う女体を描いてくれると、薬だろうがなんだろうがかまわなくなってしまいます。

とにかく、顔中涙と涎でベトベトに濡らし、ちんぽをおまんこに突き込まれる度に愛液をしぶかせ、絶頂の際には巨大なおっぱいから乳汁まで噴出するという強烈さ!この下品さは実用性満点です!

しかも、ストーリーに関してもなかなかひねりがあって面白い展開。さすがにストーリー重視の話のような作りではありませんが、エロアニメとしては申し分のない逸品で、抜きに使えたあと先が気になって楽しみになるという素晴らしい作品だと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

黒瞳皇 4

黒瞳皇 4


<ストーリー>
ジェルドからの皇女・アリエルとロハンからの皇女・ベルシエル、両方をバランスよく可愛がり、時に調教しているイシル。しかし、ボッサールに出入りする商人から、驚くべき情報がもたらされます。

なんと、ジェルドの皇帝が危篤とのこと。それだけでも、バランス・オブ・パワーを崩すのには十分なインパクトのある出来事ですが、さらに、新皇帝となる皇太子はベルシエルに執心で、もともと何事もなければベルシエルはそちらに嫁いでいたはずだったというのです。つまり、仮にイシルがアリエルを選んでしまうと、ベルシエルはジェルドに嫁いでしまう可能性が高く、それはロハン内の主戦派にとって大いに都合が悪いため、せっかくボッサールがロハンに接近しても、かえって立場が悪くなってしまいます。

逆に、ベルシエルを后妃に迎えた場合、ジェルドの新皇帝にとっては惚れた女を奪われたにくい奴、とばかりに力ずくで攻め込まれてしまうかもしれません。はっきり言って、これまでにないほど状況は悪化しています。

しかし。何はともあれ、厳しい状況の時こそ出来ることしなければなりません。と言うわけで、イシルは今日も今日とてお妃候補のしつけ・調教に精を出し…(ゼロアニメーションより)

<感想>
アリエルとベルシエル、両方バランスよく接しないといけない、という設定ですが、作中では明らかにベルシエルにスポットが当てられているシーンが多いようです。ともかく、ベルシエルのツンデレ的可愛らしさたるや尋常ではなく、製作側の猛プッシュが感じられます。

このシリーズ最大の魅力は、セックスシーンでキャラクターの心の中をモノローグで語っている部分です。これは、実写のアダルトビデオには絶対に表現できない領域だと思いますが、この作品ほどそれを上手く表現した作品はあまりないのでは、と思います。絵も美しく、十分目の保養になるのに、音だけ聞いていても作品が成立しうるという、珍しい作品です。

エロ度に関しては極めて高く、非常に実用的です。とりわけ巨乳で豊満なベルシエルは最高です!さらに、量的にボリュームが劣るアリエルや、メイド・イレーネのシーンでも質は非常に高く、大変お得感があります。シリーズ通して超オススメの作品だと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

黒瞳皇 3

黒瞳皇 3


<ストーリー>
国家の存亡を賭けたお妃選びが行われているボッサール。しかし、ボッサールは国というにはあまりにも規模が小さいため、お妃もお飾りではやっていられません。きちんと国の代表として公式行事に出なければならず、そのために習俗、いわゆる一般常識に精通している必要があります。

しかし、お妃候補の二人、アリエルとベルシエルは両方とも外国人。皇帝イシルの祖母は異教徒の出身で、その経験からお妃教育についての伝統のようなものがあるので、問題はありませんが、年単位での勉強が不可欠となります。

しかし、学生時代は才媛として鳴らしたベルシエルが調子よく勉強をこなすのに対し、おっとりおとなしいアリエルはあまり勉強が得意ではないようです。このままでは、ベルシエルがお妃に一歩近づいたような印象を国元に与えてしまい、微妙な外交バランスが崩れてしまいかねません。

そこでイシルは、ベルシエルの方に傾きかけた天秤を戻すため、あえて些細なことで「懲罰」を与えることに…(ゼロアニメーションより)

<感想>
やたらと理屈っぽいストーリー紹介になってしまいましたが、作中ではとても上手に説明しながら絵を動かしており、まったく苦になりません。上記部分もはじめの数分程度のもので、あとはほとんど濃厚なエロシーンの連続になります。

今回、メインを張っているのはベルシエルの方で、懲罰として浣腸をされたあと、地下牢で首を繋がれ、乳首を紐で縛られた状態で放置されてしまいます。初めて経験した浣腸の衝撃と乳首を引っ張られる感覚に思わず興奮してしまい、オナニーしてしまうと、そこにイシルが現れ、犯されてしまいます。

プライドが高いベルシエルは、自分がこんな状況なのにオナニーしているのをイシルに見られたことと、首の鎖を引っ張られて息がつまり、上体を起こすと乳首が引っ張られて取れそうになり、おまけにその状態で後ろからごんごんと突き込まれて、恥ずかしさと苦しさと痛みと快感のためにわけがわからなくなってしまうのですが、このあたりは非常に強烈な迫力がありました。これは素晴らしく実用向きな作品です!

なお、浣腸については「そのもののシーン」は描かれておらず、もっぱら「これから浣腸をされるベルシエルの心理描写」に重点が置かれています。コアな浣腸ファンには物足りないかもしれませんが、ごく一般的な嗜好の方でも抵抗なく見ることが出来るように作られています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

黒瞳皇 2

黒瞳皇 2


<ストーリー>
国境に、全軍どころか全国民の数倍以上もの軍を駐屯させられ、下手をすればすぐにでも併合されかねない状況に置かれた小国・ボッサール。その運命は、全てお妃選びと派遣された将軍への接待にかかっています。

猶予は一ヶ月半。かなり切羽詰ってはいますが、それでも館サイズのつつましい王宮には穏やかな空気が漂っています。この国は代々、こんな状況でずっと生き延び続けているので、この程度のことでは誰も騒がないのかもしれません。

とにかく、閣僚が二人、しかも片方は執事兼業、もう片方はメイド兼業という小さな街レベルの国。お妃候補といえど家事をこなさなければならないというしきたりがあります。とくに、国王イシルが最も重視していたのが食事でした。国王というのも因果な商売で、自由などというものはほとんどなく、せいぜいが美味しいものを食べられることぐらいだったのです。しかし、今日の食事の当番はベルシエル。イシルと同窓で、学校では最後まで成績で勝てなかった才媛ですが、残念なことに炊事に関しては全くの素人で、大失敗をやらかしてしまいます。

高慢ちきで自分の失敗にもあっけらかんとしているベルシエルでしたが、イシルを想う気持ちはアリエルに劣りません。イシルが食事を楽しみにしていて、自分がそれを台無しにしてしまったことを理解すると、ひそかに本気でへこんでしまい…(ゼロアニメーションより)

<感想>
緊迫した状況のわりに、おっとりとした展開です。人口1000人程度の国の王が「皇帝」を名乗っていたり、人口以上の軍で圧力をかけるとか、いささか乱暴な設定で、登場人物が平然としているのが奇妙な感じにも思えてしまいます。主人公イシルは冒頭で「国を併合されてもいい」と語っているので、半ば諦めが入っているのかもしれませんが、やはり不自然ではないでしょうか。併合された国の王や国民が無事保護される保障があるとも思えませんし…。

とはいえ、そういった「戦国時代もの」風の設定はこの作品を楽しむ上では味付けでしかなく、どちらかというと、可愛い女の子二人と王様ののんきな日常、として見た方が面白いかと思います。

エロ度に関しては、ちょっと珍しいことに剃毛プレイがあります。ツンデレが可愛いベルシエルが、「懲罰」と称して自ら陰毛を剃り落とし、さらに犯すようにして抱かれるのですが、これが実に素晴らしい!おまんこの毛がなくなってしまったことによる恥ずかしさと、いつにないイシルの激しさに、ベルシエルは異様に興奮してしまい、非常にエロいです。今回はこのシーンのほか、アリエルも「奉仕」がだんだん上手くなってきて、エロ度に貢献しています。

今のところまったりとした雰囲気ですが、これから緊迫することがあるのでしょうか?未だ登場していない伏線のようなものもありますし、先を楽しみにしたいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

黒瞳皇 1

黒瞳皇 1


<ストーリー>
人口1000人ほどの小国・ボッサール。ロハンとジェルド、巨大な二つの帝国に囲まれ、本来ならどちらかの国の庇護下に入っているのがちょうどいいぐらいの国なのですが、交通の要衝にあって商業が発展し、賄賂や皇太子の人質、あるいは政略結婚など微妙な外交戦略によって独立を守っていました。

ボッサールの国王イシル自身、幼い頃は各国を人質としてたらいまわしされ、まだ若輩にも関わらず小国の国王にふさわしい強かさを身に着けています。そんなイシルは今年20歳で、そろそろ皇后を迎え入れることを考える時期。そこに、両隣の大国が目をつけてきました。

二つの国が、同時にボッサールに皇女を送りつけてきたのです。当然、どちらかが皇后に選ばれ、相手の国はより影響力を強めることになります。逆に、領土を侵犯する口実に利用することもあるでしょう。ボッサールはここに存亡の危機を迎えました。

しかし、国王イシルはあまり焦っていません。幼い頃から各地を渡り歩いていたため、自分の国や領民という意識が希薄なのかもしれません。自分の代で国を終わらせ、自身は他国で下級の役人でもして暮らすのもよい、とすら考えていました。

とはいえ、イシルも男。送り込まれてきた皇女たち、アリエルとベルシエルの心をひきつけ、うまく立ち回れば、逆にボッサールの立場を大きくすることも可能です。どうせ負けても失うものはない賭け。イシルは皇后選定までの一ヶ月半を皇女たちの調教に…(ゼロアニメーションより)

<感想>
ファンタジーものながら、時代背景や国の勢力バランスなど、しっかりと構築された良作です。これは面白い!

所々主人公のモノローグをが挿入され、心の中の想いや状況の説明をしてくれるのですが、これが非常に詩的な表現で、作品の盛り上げに一役買っています。政治の問題は現実でもややこしいものですが、この作品ではきちんと理解しやすくつくってあります。

絵に関しては美しく、とりわけ二人の皇女アリエルとベルシエルはもともとイシルの人質時代の知り合いで、それぞれに思い出があるのですが、子供のような外見で従順なアリエルと、豊満で美しく高慢ちきで、話しかけて無視されたことがあるベルシエルの対比が効いています。

エロ度に関しては両者とも処女で反応も良くなく、おまけに事情が事情なので迂闊に孕ませるわけにもいかないため、外出し(避妊になってませんが)というのは面白みにかけるかもしれません。ただし、これから夜伽を繰り返し、慣れていくだろうということと、おそらく皇女の側からもイシルの気持ちを自分に向けるためにいろいろな奉仕テクニックを学んでいくのだろうと思うと、なかなか先が楽しみになります。

特に今回はベルシエルのツンデレっぷりが素晴らしく、非常に心に残りました。アリエルが外見的にもわたしの好みとちょっと違うため、とりあえずベルシエルを応援したいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。