18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > 2007年04月

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

けらくの王~快楽の王~ 1

けらくの王~快楽の王~ 1


<ストーリー>
もっさりと鈍い動きときつい体臭のため、クラスメートどころか学校中の生徒たち、さらには両親からも「汚い」「臭い」と蔑まれ、馬鹿にされている佐志摩龍一。龍一は幼い頃は明るく心優しい子供だったのですが、事故にあい、脳に障害を負ってしまったためそのようなことになったのでした。

そんな龍一の唯一の楽しみは、部屋に閉じこもってオナニーにふけること。体の動きや感覚の鈍い龍一でしたが、なぜかちんぽだけは人並み以上に成長し、その気になれば1日に5回でも10回でも射精できるのです。

嫌われ、目の敵にされ、不良どもには殴られ蹴られ、と惨めこの上ない毎日を送っていた龍一でしたが、ある日、クラスに姫ノ木千尋という転入生が入ってきました。なんと、千尋は龍一の幼馴染みで、龍一がこのような体たらくに陥る原因ともいえる事故を起こした張本人だったのです。まだ幼かった千尋は、事故後すぐ家庭の事情でアメリカに引越し、さらに親の心遣いにより、龍一が後遺症のために肉体的、社会的に苦しんでいることを少しも知らされていなかったのでした。

あまりの龍一の惨状に千尋は衝撃を受け、罪の意識から龍一に「なんでもするから遠慮しないで言って欲しい」と申し出ます。辛い毎日のためにすっかり性格が捻じ曲がってしまった龍一はこの申し出を受け、即座にホテルに連れ込むと…(ゼロアニメーションより)

<感想>
ストーリー説明だけを見るとヘビーで陰鬱な作品のように感じられるかもしれませんが、全くそのようなことはありません。これは愉快で面白い作品です!

一応主人公はいじめられっ子ですし、後半自らの力に覚醒し、女たちに復讐しまくるくだりははっきり言ってセックスの暴力という感じなのですが、それでもあまり嫌な感じはしません。結構えぐい描写であるはずなのですが、セリフや独特の間合いがいい味を出していて、どこか妙に可笑しいのです。

絵に関しては手抜き等ではないものの、少々癖があり、実用性については好みによるかと思いますが、遠慮も会釈もないその描写は非常に迫力があります。さらに、セックスシーンのテンポのよさが素晴らしい!

かつてGS美神で、進化して知性を得たゴキブリが自らの知力を誇り愚かな人間を支配し世界制服を目論み、1ページの間にボコボコにされて命乞いをした挙句「生まれてきてすいません」と謝るという非常に秀逸なギャグがありましたが、この作品のセックスシーンでの女の堕ち方はまさにそんな感じです。ちょっと絵柄のせいで人を選ぶところがありますが、例え使えなくてもかなり笑えると思いますので、ぜひ見てみてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム