18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > ドラゴンナイト4 DRAGON KNIGHT WHEEL OF TIME

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

ドラゴンナイト4 MAP1 - 「RETURN」

DRAGON KNIGHT WHEEL OF TIME(ドラゴンナイト2)


<ストーリー>
ストロベリーフィールズを救った勇者・ヤマトタケル。彼はその後もあまたの冒険を繰り返し、やがて生きながら伝説となりました。そんな彼の息子のカケルも、タケルに似た闊達な男の子に成長します。

ちょうど同じ頃、各地をルシフォンと呼ばれる魔法使いの軍が蹂躙するという事件がおきていました。タケルの暮らす国の王もこれに対抗する形でタケルにルシフォン討伐を依頼しますが、タケルは15歳になる息子の成長を願い、カケルを旅に送り出します。

しかし、事態は思っていたよりもずっと深刻で、タケルはルシフォンが放った「黒い霧」により石化し、さらに国も滅ぼされてしまいます。勇者タケルの息子として、反ルシフォン軍の旗頭に祭り上げられたカケルは、まだ幼さの残る力の限り、戦い抜きました。

と、それももう昔のこと。反ルシフォン軍は壊滅し、カケルは一人幽閉され、親しい人はみんな死んでしまいました。カケルは昔の記憶の断片を追いかけながら、今では「何で僕は生きているのだろう…」と呟く日々を送っています。おそらくは、苦痛を与えられる、ただそれだけのために、死ぬことも許されず、何もなければそのままカケルは朽ち果てていくはずでした。

ゴトリ。止まっていた時間が動き出した音は、カケルを閉じ込めた部屋の閂を開ける音でした。マルレーネ。かつてカケルとともに戦ったエルフの美女がそこにいて…(ゼロアニメーションより)

<感想>
ドラゴンナイト4というシミュレーションゲームを原作としたアニメです。ゲームでは1が前作DRAGON KNIGHT(ドラゴンナイト1)での主人公ヤマトタケルのお話で、2~3まではアニメでは描かれていませんが、その間にヤマトタケルは伝説の勇者ということになった様子です。わたしは残念ながらゲームは未プレイですが、冒険を繰り返して生ける伝説になる主人公というのはなかなか面白そうですね!

さて、この作品は前作と比べてギャグ要素があまりありません。なかなか変則的な構成で、おそらくゲームでははじめ隠されていたであろう事柄(主人公の仲間が実は未来の主人公)が、最初から明かされています。しかし、知っている人向けに作られているのではなく、わたしのように予備知識のない人間でも普通に楽しめるつくりになっています。

内容はゲームをアニメ化した作品にありがちな、時間経過や展開の拙さが全くなく、感心してしまうほど上手に表現しています。タイムパラドックスをテーマにした作品で、未来の主人公の時代ではすでに死んでしまった大切な人との再会での切ない気持ちも、見ていて非常に好ましく感じられます。ただ、シリアス寄りの作品ですが、描写はあまり重すぎないので、軽い気持ちで見ても感銘を受けることが出来るでしょう。

なお、絵は素晴らしいものの、軽めのセックスシーンが一回あるだけで、サービスカットすらほとんどないため、18禁作品にしてはエロ度はほぼ皆無です。作品自体が非常に面白いので、その意味でオススメです。



関連シリーズ
ドラゴンナイト DRAGON KNIGHT
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラゴンナイト4 MAP2 - 「PRINCESS」

DRAGON KNIGHT WHEEL OF TIME 2(ドラゴンナイト3)


<ストーリー>
戦力を増強し、ますます勢力を増すルシフォン軍。しかし、各地の抵抗勢力が蹴散らされる中、伝説の勇者の息子・ヤマトカケルを旗頭とし、エトが実質的なリーダーを務める軍だけは連勝を重ね、ルシフォンの本拠である東を目指して進撃しています。

強い軍には力の使い場所を求める豪傑が集まってくるもので、このところエトはアクの強い同志たちの調整に大わらわ。そんな中、見回りをかねて散歩をしていると、カケルが幼馴染みのナターシャと逢引きをしているところに出くわしました。

エトは、未来から過去を変えるためにやってきたカケル自身。過去の自分を、恥ずかしい気持ちを抱きつつも、温かく見守っていたのですが、どうやらナターシャとカケルはささいな事で喧嘩をしてしまったようです。カケルは一人、立ち去ってしまいました。

どうしたものか、と迷ったエトでしたが、ナターシャにいることを気付かれたこともあり、少し話をすることに…(ゼロアニメーションより)

<感想>
非常にお話が面白い作品です!

主人公たちの集団は義勇軍という感じで、わりと規模の大きい戦闘シーン(戦争シーン)が描かれえているのですが、なかなか迫力があります。また、さっぱりと簡潔めな描写ながら味方の死についての痛みもきちんと描写されています。死んだキャラクターはセリフもほとんどないのですが、ほんのわずかな登場シーンでも心に残るように描かれているのは見事です。

さらに後半、マルレーネとエトの「対決」シーンは言葉を選びながらという感じで、非常に緊迫感があります。これからどうなるのか、と気にさせられ、先をもっと見たくなる傑作です!

エロ度に関しては、ほとんど一般向け作品といっていいほどソフトなのですが、気が強くて先走りたがるお姫様騎士をエトが顔色一つ変えずに犯して言うことを聞かせるシーンはなかなか面白かったです。残念ながらあんまりエロくはありませんが、この男やるなあ、という感じである意味溜飲が下がりました。



関連シリーズ
ドラゴンナイト DRAGON KNIGHT
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラゴンナイト4 MAP3 - 「DESTINY」

DRAGON KNIGHT WHEEL OF TIME 3(ドラゴンナイト4)


<ストーリー>
航海中に敵に襲われ、無人島に漂着したカケルの軍。もっとも、未来からやってきたエトにとってはかつて経験した事であり、少したてば助けの船がやってくることも承知しているので、焦りはありません。実質的リーダーであるエトの力強い態度を見て、仲間たちもあまり不安には陥っておらず、中には恋を語らう者たちもいるようです。どちらかといえば、束の間の安息の日々、という感じでしょうか。

そんな中、ナターシャは悩んでいました。幼馴染みであるカケルと、あまり上手くいかないのです。大好きなのに、なぜ?ナターシャは、そんな気持ちをリーダーでもあり、なぜか自分を気にかけてくれるエトにぶつけます。エトは未来のカケル自身であり、カケルがナターシャを本当に大切に思っていることをよく知っていますが、それを上手くナターシャに伝えることができませんでした。

ナターシャが心の痛みに耐えかね、思わずエトに縋りつくと、ふと何かの感触に気付きました。エトが、何か首から提げているようです。隙をついてそれを取り出してみると、それはナターシャが自分で作ってカケルに贈ったお守りでした。

手作りで、二つとない品物。そして、カケルは確かに直前会った時にこれを持っていた。なぜ、エトがこれをもっているの?ナターシャの詰問に、エトはごまかしきれなくなり…(ゼロアニメーションより)

<感想>
起承転結のうち、承と転の間のような感じです。シリーズがそろそろ佳境に入る、その直前で次回に続く観があります。

今回は大きなストーリーより、軽めのラブストーリーで、ちょっとした弛みの回かもしれません。長いシリーズにはこういう回もないと疲れてしまうので、これはこれでいいと思います。ラスト近くに急に盛り上がり始め、続きが気になるように作られているのはさすがという感じです。

エロ度に関しては修正済みの描写で、18禁作品としては平均点レベルです。ただ、今回セックスシーンに登場する弓使いのお姉さんはけっこう色っぽい感じの人で、実用性は疑問ながら目の保養にはなるかと思います。



関連シリーズ
ドラゴンナイト DRAGON KNIGHT
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラゴンナイト4 MAP4 - 「ETERNAL」

DRAGON KNIGHT WHEEL OF TIME 4(ドラゴンナイト5)


<ストーリー>
奇襲により、大打撃をうけてしまったカケルの軍。合流してきたセイルのドラゴン部隊の活躍もありましたが、どうにか全滅を免れたというような有様です。そんな中、撤退する敵の一人が隙をついてマルレーネを捕らえ、ドラゴンに乗せて連れ去ろうとしました。

すぐさまドラゴンの脚に取り付いたエトは、そのまま果敢にも敵を切り伏せたのですが、場所は上空。傷を負ったドラゴンはコントロールを失い、川に墜落してしまいます。

それでもなんとか生き延びたエトとマルレーネでしたが、川に流されたせいで予定よりもずっと先に来てしまったようです。あと3日ほど待たなければ皆とは合流できないでしょう。エトとマルレーネが焚き火に当たって濡れた体を温めていると、マルレーネが唐突に「エト、ルシフォンと戦うのはやめてください」と…(ゼロアニメーションより)

<感想>
素晴らしい冒険活劇です。ラストまで飽きることなく楽しめ、感動しました!シリーズ通して、超オススメです!

最終決戦に際し、マルレーネとルシフォンの正体が明かされます。マルレーネといえば、エトが過去である作中世界に戻るために尽力した謎の女性であり、エトの時代では何かに後悔しており、さらに作中の時代ではどうやらルシフォンに味方しようとしているらしいことが仄めかされていましたが、この複雑なキャラクターをきちんと理解できるように説明しているのはさすがです。

わたしはこのマルレーネは表情が乏しいキャラクターだと思っていましたが、その「表情の乏しさ」は今回明かされた心情を隠すための必然性があるものだということがわかり、感心しました。エトに真実を伝えた後のマルレーネは別人のように表情豊かになり、これまで以上に魅力的に見えます。

そして、ラストバトルにおいてはラスボスの強さを静かでありながら迫力ある描写で存分に描き、なおかつ主人公がそれを乗り越えるという王道!しかも、主人公が超サイヤ人みたいに都合よく何かに覚醒するというようなありがちな倒し方ではなく、ラスボスの心理的盲点を衝き、動揺から隙を生ませて倒すというもので、見応えがあります!

ラストシーンは、こうするしかないとはいえ、非常に切なく、感動的な幕切れでした。

なお、エロ度に関してはこのシリーズの他の例に漏れず、ソフトなものですが、何しろ女の人の方が男に惚れまくっているという素敵なシチュエーションのセックスシーンであるため、描写はソフトでもかなりいい感じです。実用性があるかどうかはわかりませんが、見る価値は十分。また、終わったあともしばらく抱き合っているなど、愛を感じさせる描写でした。



関連シリーズ
ドラゴンナイト DRAGON KNIGHT
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム