18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > 同窓会again

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

同窓会 Again 小早川瑞穂編

同窓会 Again 小早川瑞穂編・ゼロアニメーション


<ストーリー>
中学の頃、同じテニス部員だった仲間たちが、成人式を迎えるのをきっかけに開いた同窓会。卒業後もそれなりに交流があり、久しぶりに会うというほどでもありませんが、それでも全員一同に会する機会はそうないので、おのおの楽しく盛り上がります。

そんな中、遅れて来た小早川瑞穂は、本人にはその自覚がないもののデニス部のマドンナ。お姫様のような美しさで、場に花を添えます。

同窓会で盛り上がった面々は、全員でスキーを楽しむため瑞穂の実家のペンションに泊まることになります。はじめは楽しくのんきに遊んでいたのですが、瑞穂の母親が過労で倒れてしまい…(ゼロアニメーションより)

<感想>
どうも作りが甘い作品という印象です。ちょっと説明不足で設定や展開にツッコミどころが多すぎます。

例えば、運動部の関連での同窓会なのになぜか瑞穂は体が弱く、みんなから労われながら生きてきた、という設定になっています。もちろん運動部にはマネージャーというのもありますから、おかしな設定とまでは言えませんが、事前に説明がありません。瑞穂が体が弱かったという設定も後半にセリフでいきなり出てくるため、「あれ?この人、運動部じゃ?」と一瞬戸惑ってしまいました。この設定が後々重大な意味を持つのに、これではあんまりです。

また、瑞穂は中学の頃に通っていた学校と同じ街の大学に通っているらしいのに、実家がなぜか田舎にあるというのもよくわかりません。世の中、いろんな人生がありますから、それではいけないとは言いませんが、少なくとも自然な流れで理解しやすい設定ではありません。何の説明もなくこんな複雑な(もしくは何にも考えてない適当な)設定を作られても、見る側は引っかかって困るだけです。

さらに演出が少々あざとく、わざとらしいです。ごく普通の世界観で「~でしゅ」のような変なしゃべり方をするキャラクターがでてくるのもどうかと思いますが、それよりも酷いのは主要キャラクターのセリフが芝居がかりすぎているのと、重要な設定や心の微妙な動きのほとんどを長いセリフで表現している点です。この作品はゲームが原作なので、もしかしたら情報量が多すぎたのかもしれませんが、ともかく、この作品しか見ていない人間からすると、演出が失敗したとしか言いようがありません。

一箇所、電車の窓ガラスに雫がついていて、窓に映りこんだ人物が泣いているように見えるシーンがあり、非常に良い効果をあげていました。こういうさりげない演出をメインにしたら素晴らしい作品になったと思うのに、非常に残念です。

絵に関しては概ね美しいですが、所々遠近法がおかしかったり人体のバランスが悪かったりするところがあります。全体が良い分目立つという意味で、惜しいところだと思います。

エロ度に関しては無修正ではあるものの、ストーリー重視の流れなため、それほど高くありません。一箇所、尺の長い愛のあるセックスシーンがあり、そのシーンに関しては実用性があります。ただし、処女のセックスで破瓜の血を流しており、血が苦手な方はご注意ください。

全体としては惜しさが目立つ作品で、見る価値がないとは言いませんが、出来が良いとも言えない、というところだと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

同窓会 Again 若林鮎編

同窓会 Again 若林鮎編・ゼロアニメーション


<ストーリー>
成人の記念を兼ねた、中学のテニス部員仲間での同窓会。もともと仲が良く、卒業後も交流があったメンバー同士ですが、改めて一同に会する機会はあまりないので、楽しく盛り上がります。

そんな中、若林鮎は窓ガラスに自分の姿を映し、身だしなみを整えていました。繁盛している魚屋の娘で、元気いっぱいの接客で鳴らす鮎は、着慣れないドレスが似合っているか心配な様子。そこに、隣に住む幼馴染みの久保達也が茶々を入れ、腹を立てた鮎は達也の頬をつねりまくります。

と、そんな様子はどうみても好き同士がじゃれあっているようにしか見えないため、メンバーに「新婚」とからかわれてしまいます。あわてて否定する二人でしたが、声が同時でものすごく息がぴったりなところを露呈してしまい…(ゼロアニメーションより)

<感想>
同窓会 Againシリーズの2作目に当たります。ただし、前作同窓会 Again 小早川瑞穂編の続編ではありません。ゲームが原作ということで、シナリオ分岐している様子。パラレルワールドだと理解した方がいいです。おそらく、前作でお話が動き出すきっかけになった「小早川瑞穂の母親が過労で倒れる」というイベントが起こっていない世界なのでしょう。

前作はあまり作りがよくなかったように感じましたが、今作は十分に良い出来です。恋人未満の幼馴染みとの間に入り込んできた魅力的な第三者、という、とても分かりやすい題材を無理なく描いています。いささか唐突に過去設定が出てきますが、流れがスムーズなのでひっかかりません。キャラクターを上手に描いているので、この人たちならそういうこともあったんだろうな、と思えます。

エロ度に関してはかなり高く、尺の長いエロシーンがあります。初めてのセックスであるだろうにかなり気合が入っているらしく、フェラチオのとき、精液を飲むシーンが描かれています。

傑作、超オススメ、というには少し足りず、絵や声優さんの演技に多少違和感はあるのは残念ですが、全体としてはかなり出来のいい作品で、見る価値は十分だと思います。個人的には、いなせな魚屋である鮎の家のお風呂が檜風呂でとても豪勢だったのがこだわりを感じて良かったです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム