18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > 紅蓮

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

紅蓮 第一幕 「鬼」

紅蓮 第一幕 「鬼」


<ストーリー>
日本の江戸時代に似た世界。人間のほかに、「鬼」と呼ばれる異形の知的生物が生息していました。鬼は、その恐ろしい姿や凶暴な性質により、人々から恐れられ、嫌われています。そして、鬼によって引き起こされる虐殺や拉致、強姦などさまざまな事件の情報収集・解決のための機関「紅蓮」が組織され、厳しい戦闘訓練などの後、日々鬼たちと死闘を演じていました。

主人公烈火は孤児だったのを紅蓮の頭領に拾われ、ともに育ち訓練をこなしていった月影を姉とも母とも思って慕っていました。しかし、鬼たちとの戦いのなか、月影とはぐれてしまいます。

傷を負った烈火は、意識を失いますが、人里離れた小屋の中で目を覚まします。親切な老婆が助けてくれたのです。暖かい食事を振舞われ、感謝しつつも、このような辺鄙な場所で一人で暮らす老婆を不審に思った烈火は…(ゼロアニメーションより)

<感想>
日本の時代劇風のお話ですが、封焔国という国が舞台のようです。キャラクターのファッションやあんパンなどという単語が出てくるところからファンタジー系に分類しました。ちょっとRPGを思わせるような展開で、なかなか面白いです。

絵はとても美しく、ストーリーも意外性といい構成といい申し分ないのですが、いささかグロ度が高いです。例えば、戦闘シーンにおいてはそこらじゅうで血柱が上がり、主人公たちが返り血に塗れ、ひどいことになります。また、鬼たちは村娘を攫って犯すのですが、肉棒が太すぎて体を突き破り、しかもその状態で頭からばりばり齧ったりと悪趣味きわまりありません。わたしはスプラッタホラーが嫌いではないので平気ですが、これは厳しいという人もおられるかと思います。

エロ度に関しては非常に高く、肉体の描き方がいい感じです。鬼が村娘を犯すシーンも、グロくなる前段階ではかなりエロく、淫獣系とどちらに分類するか迷ったほどです。また、ラストのセックスシーンは女性のセリフと設定からくるシチュエーションが実に素晴らしいです。

グロシーンが強烈ですが、平気な方は見て損のない作品だと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

紅蓮 第二幕 「闇」

紅蓮 第二幕 「闇」


<ストーリー>
住民が皆殺しにされた村。しかし、紅蓮(ぐれん)の面々がそこにたどり着いたとき、村人を虐殺した鬼はすでに血まみれの肉塊に変わっていました。異国で魔物を狩っていた凄腕の退魔師、「鬼狩り」と異名をとる紅葉(くれは)の仕業です。今回の紅蓮の旅は、最近帰国していた紅葉を仲間に加えることで、紅蓮の戦力補強を図ることでした。

しかし、紅葉の姿はどこにも見えません。何しろ、途中でいろいろ道草を食ったため、遅すぎたということでどこかに行ってしまったのかも。茜(あかね)がそんな軽口を叩いている時、突然後ろにいた遥(はるか)に鬼が襲い掛かりました。鬼は、死んでいた一匹だけではなかったのです。

鬼は遥の脚をつかみ、無理やり開かせると、おまんこを旨そうにぴちゃぴちゃと舐め…(ゼロアニメーションより)

<感想>
主人公たちがパーティを組んで目的を達成するための冒険に出かけている、というRPGのような展開の作品です。敵との遭遇や、ボスキャラを倒すためにアイテムが必要な点など、まさしくゲームのような感じです。

しかし、ゲーム風の展開なのに、物語としての自然な流れはいささかも損ねていません。もちろん、細かいツッコミを入れようと思えばいくらでも入れられますが、見ている分にはあまり気になりません。むしろ、描かれていない部分を想像させるという意味で上手い描写と言えるかもしれません。

絵に関しては非常に美しく、しかも丁寧です。安心して見ていられる上に、男の引き締まった筋肉質な肉体と、女のしなやかな体の表現も見事。また、涎や愛液などの液体の表現も、美しいのにいい具合に下品で、エロ度に貢献しています。絵が素晴らしいというだけで十分エロいのに加え、喘ぎ声やセリフ、擬音なども強烈で、実用性十分です。

エロアニメなので、エロければ十分価値があるのですが、さらにアクションシーンが熱く、見ごたえがあります。また、伏線の張り方が上手く、先が非常に気になり、ストーリーも面白いです。

前作の紅蓮 第一幕「鬼」ほどグロい悪趣味さもなく(とはいえ一箇所、女の人の顔をグーで思い切り殴るシーンがありますが)かなり万人向けな仕上がり。オススメのエロアニメだと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

紅蓮 第三幕 「炎」

紅蓮 第三幕 「炎」・ゼロアニメーション


<ストーリー>
ついに月影と再会した烈火。鬼との死闘のため、月影の体はボロボロになり、体中に抉れたような醜い傷跡をつけられ、片目を潰されてさえいました。しかし、烈火は月影を以前と変わらぬ眼差しで見つめます。

しばらく月影の看病をして過ごした紅蓮の面々でしたが、巨大な鬼が出た、との通報を受け、出動します。ところが、そのようなものは影も形もなく、誤報だったのでは、と話し合いながら帰路につく途中、ふと、ある気配に気付きました。

烈火がその気配に対して身構えると、以前殺鬼部隊である「鉄(くろがね)」に連れ去られた優しい小鬼が現れました。紅蓮の面々に再会し、嬉しそうな笑みを浮かべる小鬼でしたが、その体は傷だらけで…(ゼロアニメーションより)

<感想>
紅蓮三部作の完結編に当たります。今作はストーリー重視で、ぎっちり詰め込んでいる感じがして、30分に満たない作品にしては非常にボリューム感があります。構成やセリフの作り方がうまいので、これだけ早い展開なのに、状況が十分理解できるのは見事です。さすがに冷静に考えるとなんだそりゃ、と突っ込みを入れたくなるようなところもありますが、はったりの効いた迫力ある演出のおかげで深く考える前に流れに引き込まれます。

絵に関しては十分に美しく、ギャグとして崩すところもきちんと押さえていて、メリハリがついています。ストーリー重視の流れであるのにも関わらずエロ度も充実しており、実用性もしっかり確保しています。

ただ、紅蓮シリーズはシリーズ通して非常に悪趣味なグロ・精神有害描写が散見されます。今作もかなり強烈に悪趣味で引いてしまうようなシーンがあったので、グロが苦手な方は注意しましょう。

ところで、今作のヒロイン月影は体中に醜い傷を負い、包帯を巻かれ、片目が無残にも潰れています。このヒロインが主人公烈火と愛のあるセックスをするシーンは非常に味わい深いものがありました。綾波レイあたりからの流れを汲む、包帯眼帯属性(眼帯はしてませんが)をお持ちの方にはかなりオススメかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム