18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > 淫獣~ねらわれた花嫁~ Bride of Darkness

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

淫獣~ねらわれた花嫁~前編 Bride of Darkness 1

淫獣~ねらわれた花嫁~ Bride Of Darkness 前編・ゼロアニメーション


<ストーリー>
大正時代、華族の藪川伯爵家に住み込みで絵画に勤しむ郷田三四郎は、出戻りの姉の麗子には飼い犬と罵られ、娘の百代の伴をして街に買い物に出かけるだけで調子に乗るなと主の康正に殴り倒されるような扱われ方をするなか、三四郎は日々の鬱屈を天井裏の散歩、そして各部屋を覗いてまわるという秘密の趣味で紛らわしていました。そのことを知っているのは康正の愛人にされているメイドの珠緒だけ。人に言えない秘密を持った二人は体だけの関係を持っています。

三四郎は身分の低い自分に対してもやさしく接してくれる百代に崇拝に近い気持ちを抱き、百代が着替えているところを天井から覗くのも、百代を汚すような気がして抵抗を感じるほどです。百代は古芝財閥の御曹司と近く婚礼が決まっており、三四郎は悶々とした毎日を過ごしていました。

そんなある日、百代の婚約者古芝洋一郎が藪川家を訪れて…(ゼロアニメーションより)

<感想>

邦題がいささかダサめというか一昔前のエロ系Vシネマっぽいですが、かなり面白いです。ただし、時代ものということで、ちょっと設定が分かりにくいところがあります。

舞台が大正時代と時間的に近いため、なんとなく現代と同じように考えてしまいがちですが、実際には大正時代も時代劇の世界。華族の家に住み込みの画家とか、陰陽師とか、なじみのない設定や描写が多く、いささか分かりにくいところがあります。時代の描き方がどの程度正確なのかは知識がないためよくわかりませんが、昔読んだ江戸川乱歩の小説っぽいテイストがあり、淫靡な雰囲気が十分に醸し出されていたのは好ましかったです。

絵に関しては丁寧で美しく、背景などは特筆すべき素晴らしさです。人物の描写のうち、不愉快なキャラクターの描き方がいささか過剰な気もしますが、分かりにくいよりはいいかと思います。人が死ぬシーンもありますが、グロ度は皆無です。なお、なぜか映画のように横長の画面で、サムネイルのような比率になっています。小さな画面だと、ちょっと見にくいかもしれません。

エロ度に関しては、エロシーン自体の尺は長くありませんが、決して低くはありません。女性キャラクターは可愛らしい人が多く、またフェラチオやクンニ、激しいSMなど、バラエティにも富んでいます。ただ、ストーリーの方が優先されているので、実用に至れるほどのエロさのボリュームが足りないのは残念です。

陰陽師に妖(あやかし)、魔というような単語が出てきますので、淫獣系に分類しておきましたが、この作品の中にはそういうようなものはほとんど出てきていません。前編ということで、これから後編にかけて盛り上がるところで終わっています。先が気になり、楽しみな作品です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

淫獣~ねらわれた花嫁~後編 Bride of Darkness 2

淫獣~ねらわれた花嫁~ Bride Of Darkness 後編・ゼロアニメーション


<ストーリー>
ついに妖(あやかし)と遭遇した三四郎と小女子(こおなご)。美しい百代の姿を借りている妖に、小女子は手のひらからほとばしらせた光球を叩きつけようとします。しかし、妖はするどく気合を発すると、逆に小女子に一撃を加え、その場を離脱しました。ダメージを受けながらも、小女子は妖を追い、夜空を舞います。

小女子と妖が霊力を駆使して争っている間、三四郎は異常な頭痛に苦しみ、幻覚を見ました。三四郎は、自分が飼育していたコガネムシのように、ガラス瓶に閉じ込められています。目の前、分厚い曇りガラスの向こうで、なまめかしい姿の百代が洋一郎と愛し合っていました。憧れ、崇拝すらしている百代が他の男に抱かれ、淫らな姿を晒していることに、三四郎は強い苦しみを覚え、涙を流します。

小女子が妖を仕留め損ね三四郎のもとにもどってくると、三四郎は頭痛と幻覚のために完全に錯乱しており、見た目は少女のようでありながら推定年齢200歳以上の陰陽師小女子をいきなり押し倒し、服を引き裂き…(ゼロアニメーションより)

<感想>
淫靡な雰囲気が良かった淫獣~ねらわれた花嫁~ Bride Of Darkness 前編と打って変わって、アクションシーンが熱い作品です。手からエネルギー弾を出すタイプのアクションは、光とか爆発ばかりでしょぼいことが多いので、はじめ大丈夫かな、と思ってみていたのですが、なかなか燃えるものがありました。超傑作アクション、とまでは行きませんが、見得を切るシーンもよく、十分見ごたえがあります。

また、大正時代という背景もストーリーに生かしており、十分な効果をあげています。エンターテインメント性も高く、展開も意外性があり、上手くまとまっていて非常に出来のいい作品だと思います。

しかし、たった一つだけ残念なことに、あまりエロくありません。色っぽいシーンはあるし、触手も出てきます。また、一応無修正でおまんこも描かれています。しかし、ちょっとしたサービスカットレベルのものでしかありません。後編ということで、ストーリーの方を重視したのでしょう。

別にエロくなくていいから面白いアニメを見たい、という方にはオススメ、ともかく抜きたいんだ、という方は他の作品をみた方が無難だと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム