18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > 黒姫 桎梏(しっこく)の館

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

黒姫 桎梏(しっこく)の館 前編

黒姫 桎梏(しっこく)の館 前編


<ストーリー>
キャンプ場で盛り上がる数人の若い男女。彼らは興の向くまま、そばにある山を散策します。木々は生い茂り、森が深まる中、道に迷ってしまいました。

日も落ち、雨が降り始め、能天気な若者たちもさすがに焦り始めたころ、森の中で明かりを見つけました。近寄ってみると、ガーゴイルの彫像が飾られた門から玄関まで100mはあろうかという巨大な館。雨も激しくなり、進退きわまった若者たちは、勝手に館に入ります。

館には人の気配はあるのに、誰も見当たりません。不思議に思い、手分けをして館の内部を調べて回るうち、不思議なことが起こりました。なぜか、館の部屋の内装に若者たち自身の部屋が再現されているのです。そして、女性の悲鳴。すぐに駆けつけると、若者の一人、雪村さやかがベッドに下半身むき出しの状態で縛り付けられていました。それだけならまだしも、さやかのおまんこの中に巨大な白い幼虫が入りこもうと…(ゼロアニメーションより)

<感想>
出だしからして、古いアメリカンホラーのような感じを受けます。なんだか豚の皮を被ってチェーンソーとかを装備した大男が出てきそうな展開だな、と思ったら、出てきたのは美女でしたが、当たらずといえども遠からずの理不尽な展開になります。エロアニメというより、無修正のエロがあるホラーアニメだと考えた方がしっくりします。

何しろ、おまんこにカブトムシの幼虫のでかくなったようなやつが潜り込もうとするような気持ちの悪いグロシーンが出てきますので、見る人を選ぶ作品といえるでしょう。わたしは基本的にスプラッタ系のホラー自体は嫌いではないのですが、さすがにこれはちょっと引きました。

登場人物のセリフをよく聞いてみると、たまたま遊びに来た人たちが無意味に犠牲になったというより、何らかの因縁があるかのようにも感じられますが、前編である現段階ではよくわかりません。どっちにしても、巨大な洋館とかセットが大掛かりすぎるので、現実感もなく、因縁などが仮にあったとしてもたいした意味はないと思います。

なお、表現自体は非常に丁寧でいいです。例えば裸に剥かれた仲間を助けたときにはシーツを取って来て渡すようなところも描かれておりますし、その他細かい描写が非常にしっかりとしており、設定にまるで現実感がないにもかかわらず、見ている分には気にさせません。絵も、キャラクターのもみあげが妙に長い点を除けば美しいです。

何しろホラーなので、エロアニメで抜きたい方にオススメかどうかは難しいですが、緊迫感の表現もかなりのものなので、ホラー好きにはオススメとしておきたいと思います。



※桎梏(しっこく)…枷(かせ)のこと。自由を奪い、圧迫するものをいう。



※登場人物…人数が多いので書いておきます。

・若宮聖夜:黒髪。制服(?)を着ている。
・近見由香里:茶髪。頭に伊達眼鏡をつけ、体のラインがくっきり出る服を着ている。
・進藤冴紀:ショートボブ。ワンピースを着ている。
・雪村さやか:ツインテール。ロリっぽい服装。
・大神直哉:茶髪。マッチョっぽいタンクトップ姿。
・梶原淳:黒髪。気弱で背が女の子並に低い。
・朗:主人公。
・摩耶:謎の美少女。
このエントリーをはてなブックマークに追加

黒姫 桎梏(しっこく)の館 後編

黒姫 桎梏(しっこく)の館 後編


<ストーリー>
鉄格子のはめられた窓。その外で、冴紀は覆面を被った男たちにボロボロに犯され、ピクリとも動きません。外に出ることもかなわず、助けることさえできないで、呆然とたたずむ若者たち。もともと気の弱い淳は、精神的に追い詰められ、あらぬことを口走り、場の雰囲気はますます救いようのないものになっていきます。

ともかく、朗は状況を打開するため、淳を落ち着かせて女性たちの番をさせると、館の探索を続けます。館の主、そしてこの異常な状況を作り出したと思われる女性との奇妙な遭遇。さらに館を進んでいくと、淳に任せたはずのさやかが、覆面の男たちに犯されたところに遭遇してしまいます。

一方淳は、一時行方がわからなかった若宮聖夜のそばにいました。どうせ自分は死ぬとの絶望。そして気を失った聖夜。淳は聖夜にくちづけると、乳房を揉みしだきます。淳の欲望は歯止めが利かなくなり…(ゼロアニメーションより)

<感想>
まず、ホラーとして、非常に出来がいいです。設定には無理がありますが、その点を差し置いても緊迫感といい、謎めいた雰囲気といい、ホラー好きには見る価値があります。また、今回は黒姫 桎梏(しっこく)の館 前編と違い、生理的嫌悪に訴えるよりも精神的な怖さの方に重点を置いていて、とてもいい感じです。エロシーンがなくてもホラーとして十分成立しうるであろうクオリティで普通に面白いです。

そして肝心のエロシーンですが、これも素晴らしい。まず、犯される女性たちの表情がいいです。何しろキャラクターたちは死の恐怖に怯えているため、どうせ死ぬかもしれないんだから、という感じであんまり抵抗せず、しかも感じてしまう状況になります。また、おっぱいを揉みしだくときの肉体の質感や、フェラチオの描き方も迫力があり、実用性は高いと思います。さらに、精神的に追い詰められた淳の行動やセリフがなんともいい味を出していて、目が離せません。

万人向けとは言えませんが、ホラーが大丈夫な方にはオススメとしておきたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム