18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > ダーク・シェル 檻の中の艶(なまめき)

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

ダーク・シェル 檻の中の艶(なまめき)第一話 エデンを失う時

ダーク・シェル 檻の中の艶(なまめき)第一話 エデンを失う時


<ストーリー>
第二次世界大戦後、分割統治された日本。しかし、統治は失敗し、内戦が勃発しています。かつて同じ日本人だった人々は、憎みあい、殺しあい、国土を荒廃させていました。

廃墟と化した繁華街を、本部と呼ばれる避難場所に向かう部隊と民間人女性の一団。部隊の細川は、「おまえたちを守っている」ということを盾に、当たり前のように民間人の女性に肉体を要求します。はじめ、目の前で両親を殺され、しかも直後に敵に犯されたために心が壊れてしまった妹の萌を守るために、姉の智子が代わりに犯されることになりました。

次に、そんな行為に激昂し、細川を上層部に訴える、と息巻いた清音が犯されました。清音の恋人・浩は部隊の兵の一人でしたが、気が弱いために古参の細川には逆らえず、見てみぬふりをします。清音が犯され、喘ぎ声が響くなか、浩は膝を抱えてうずくまり…(ゼロアニメーションより)

<感想>
歴史パラレルワールド、もしくはIFものという感じですが、少々設定が乱暴すぎるのは気になります。しっかりした設定が構築しない(物語に必要ない)なら逆に語らないというのもありだと思いますが、ちょっと語りが中途半端に感じられました。国土がボロボロの内戦をしているのに、逃亡中の女性の衣服が普通だったり、テクノロジーとか教育もどうなっているのだろうかと、お話に入り込む前に枝葉で躓いてしまいます。

お話に関しては、謎のスナイパーに部隊と民間人の一団が襲われ、逃げながら「本部」を目指すというものです。途中なぜか「薫子」という女性のモノローグが入り、おそらくは重要な局面で明かされる謎なのだろうな、と予想させます。見終わった時点で先が非常に気になり、この点に関しては非常にできがいいと思います。

エロ度に関しては非常に高く、実用性が高いです。尺の長いセックスシーンが4人分あり、どのセックスも見所があります。特に、清音をスナイパーに殺されて切れた浩が、清音が死ぬ遠因(ほとんど言いがかりですが)になった良家の息女っぽい眼鏡っ娘の理恵を引っ叩き、裸に剥き、フェラチオを強要し、激しく犯すシーンはなかなか良かったです。気の弱い浩のいつになく恐ろしい顔に理恵が恐れおののき、怯え、許しを請いながら犯され、しかも感じてしまう姿はかなり爽快でした。

設定からもお分かりの通り、かなり鬱でグロな展開もあります。エロ度は高いものの、シチュエーションは決して気分のよいものではありません。閲覧の際はその点だけご注意ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダーク・シェル 檻の中の艶(なまめき)第二話 すすり泣く肌

ダーク・シェル 檻の中の艶(なまめき)第二話 すすり泣く肌


<ストーリー>
謎のスナイパーの狙撃により、一人、また一人と殺されていく一行。恐怖と怒りの捌け口は性へと向かい、未亡人の優夏が犯されてしまいました。

恋人を犯された挙句に失った浩は完全に凶暴化し、優夏の肛門を舐めて辱めます。一方、優夏の古い知り合いで、もともと優夏を愛していた黒田は、ついに想いがかなう、夫を忘れさせてやる、とばかりに激しく言葉と指で優夏を責めます。

極度の緊張と恐怖によって麻痺していた優夏の理性は、二人の男たちに同時に嬲られたことで崩壊し、夫に許しを請いながら、そばで見ている智子たちが思わず引いてしまうぐらいに乱れ狂ってしまい…(ゼロアニメーションより)

<感想>
戦争の狂気を存分に描いた作品です。エロアニメで、犯されてるのに感じてしまうというシチュエーションはよくあることですが、この作品ではいつどこから弾が飛んでくるかわからない状況で、追い詰められた末に、という形なので、それなりに説得力があります。もっとも、そんな鬱なシチュエーションなので、実用性に関しては人によるとしか言いようがありませんが。

なにしろ、目の前で恋人が殺されてしまい、その恋人の亡骸の目が開いていて自分を見ているのに輪姦され、しかもイキまくってしまうという凄まじい状況なども描かれており、エロいことはエロいのですが、ちょっと辛いものがありました。

お話自体は十分に面白く、いろいろと考えさせるものがありました。精神的・絵的なグロさに耐性がある方にはオススメだと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム