18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > 妖獣教室

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

妖獣教室 第一話

妖獣教室


<ストーリー>
とあるビルの一室。机の上に横たわり、男を迎え入れる女。男は女の下着を引き裂くと、荒々しく女の中に入っていきます。男が体を揺さぶり、女が激しく息をつきはじめた時、異変は起こりました。

男の筋肉が、膨れ上がっていきます。腕も、肩も、背中も。やがてその筋肉の隆起は衣服をも引き裂き、見る間に男は異形の生物に姿を変えていきました。

男、だったその異形の生物の胸や下腹部から太く長い男根状の触手が幾本も伸び、それが女を犯していきます。しかし女の体は異形の生物の陵辱に耐え切れず、水の詰まった風船が破裂するように、壊れてしまいました。夥しい量の血と、恍惚の表情を浮かべた生首を残して…(ゼロアニメーションより)

<感想>
「うろつき童子」で有名な前田俊夫氏が原作の作品です。どうやら1990年代のものらしく、古いことは否めません。ダイヤル式黒電話が出てきたりするのも時代を感じますし、コンピュータが出てくるシーンでは宇宙戦艦やまとを思い出してしまいました。

直接的エロ度に関しては、修正作品であるため、あまり高いとは言えません。ただし、原作者の前田俊夫氏らしいグロの混じったテイストがあり、好ましいです。

お話の面白さに関しては、さすがにうまく作ってあると思います。シリアスでハードボイルドなタッチの中にも細かい笑いも入れつつ、王道のストーリーを作っています。幸か不幸か、わたしはタイムリーにこの作品を見ておらず、懐古という感情がないので、出来がいいけどやっぱり古いな、という印象しか持ちませんでした。

ただし、ラスト10分、クライマックスのあたりは古さを差し引いてもかなりいいと思います。名作として押さえておいていい作品だと思います。



関連シリーズ
妖獣教室外伝 劇場版
妖獣教室外伝2
このエントリーをはてなブックマークに追加

妖獣教室 第二話

妖獣教室 2


<ストーリー>
妖獣教室事件で恋人を失ったヒロイン・加代は不思議な夢を見るようになります。下腹部に不思議な感触があり、あのおぞましい妖獣たちが都市を破壊する夢。

そんなある日、加代はサングラスをかけた不審な若い男に追いかけられます。痴漢?そう思った加代は、建物の陰に隠れて男を撒きます。しかし、ほっと息をつくのも束の間、突然後ろから睡眠薬をしみこませたハンカチを口に当てられ、眠らされてしまいました。

加代を眠らせたのはバカボンのパパのような腹巻をつけた中年の痴漢で、夜の公園に加代を運び込むと、全裸に剥き、強姦しようとします。途中で気がつき、逃げようとしたのですが、押さえつけられてしまいました。

痴漢の汚い肉棒が加代のおまんこに挿入されると、痴漢は突然悲鳴を上げました。なんと、痴漢の股間は無残にも噛み切られ、大量の血が滴っています。そして加代の股間からは蛇のようないやらしい触手状の…(ゼロアニメーションより)

<感想>
活劇として、かなり出来のいい作品だと思います。エロ度に関しては、90年代の作品ということで表現が古く、使えるかと問われれば微妙ながら、見て損はありません。

内容はそれなりにシリアスな展開のはずなのですが、かなり笑えます。空気感というか、狙いすました絶妙なずっこけ具合があり、ストーリーを味わいながらもくすくす笑いが止まりませんでした。例えば、妖獣のセリフの言い回しの下品さや、オチでの解決方法など、真剣に変なことをやってる感じが素晴らしいです。また、外宇宙から数千の妖獣が飛来し、現在地球にいる妖獣を見守っている、という展開は、キン肉マンの完璧超人を思い出してしまいました。

このシリーズの特色として、グロ度がかなり高いです。血をそのまま赤く描いており、しかもかなりエグい怪我の仕方、殺害の仕方をしているので。ただ、精神に来るグロさというより、スプラッタホラーのような、さっぱりとしたグロさなので、そんなに嫌な感じはしません。

ラスト、妖獣がとの対決の中で、むしろ、妖獣に殺されたちょい役の人間より、妖獣の方が可哀想になってしまいます。ただの勧善懲悪ではない作りになっていますが、このお話の方向性にそのテーマがふさわしいものかな、とは思います。シリーズは長く続いていきますので、その答えは続きを見て考えようと思います。



関連シリーズ
妖獣教室外伝 劇場版
妖獣教室外伝2
このエントリーをはてなブックマークに追加

妖獣教室 第三話

妖獣教室 3


<ストーリー>
暗闇の中、一筋の稲妻が走ります。ビルの上。しかしその電光は自然のものではありませんでした。3人の美女が、雷の光るビルの上に降り立ちます。彼女らは肌も露な装束に奇妙な形のヘルメットをつけると、閉鎖され、荒れ果てた学校に現れました。あの、妖獣事件が起こった学校です。

彼女たちはヘルメットを通して、過去に起こった事件の様子を見ることができます。妖獣が、女子生徒を襲い、陵辱する様。そして、加代と宗徒が愛の力で妖獣を葬り去った時のことを。

一方加代と宗徒はあの忌まわしい事件を忘れるためテレフォンセックスをしてお互いを慰めあっていました。加代が受話器をおまんこに当て、ぬちゃぬちゃといやらしい音を立て、宗徒がそれを聞きながら自身の肉棒をしごいていると…(ゼロアニメーションより)

<感想>
前田俊夫氏原作・妖獣教室のアニメ化シリーズ第三弾です。しかし、前作までと大きな違いが散見されます。

まず、作画が別物と言ってもいいほど良くなっています。今風と言い換えてもいいかもしれません。特に人物に関して、はっとするほど美しいシーンがあり、とてもいい感じです。今作はストーリー重視であるため、エロシーンやグロシーンは量も少なく、薄めですが、絵が美しいので十分な満足感があります。

また、若干設定の変更が見られます。例えば、前作までは主人公たちは大学生と言ってもいいような描写がなされていましたが、今作では学生服を着用しています。妖獣のデザインも変わっていますし、前作では描写されていなかったキャラクターたちがいきなり登場しているので、ちょっと面食らってしまいました。

ストーリーには相変わらず無茶な点が多いですが、シリアスなストーリーの中にちょっとしたズッコケが入る味わいは変わりありません。しかし、都庁を巨大妖獣が襲うってのはやりすぎかもしれません。ゴジラじゃないんだから(笑)。



関連シリーズ
妖獣教室外伝 劇場版
妖獣教室外伝2
このエントリーをはてなブックマークに追加

妖獣教室 第四話

妖獣教室 4


<ストーリー>
妖獣は未だ滅んではいませんでした。虎視眈々と復活の機会を狙い、加代の従姉妹である美雪という女性を犯してしまいます。妖獣によって胎内にもぐりこまれ、蛇のような触手を股間から生やした美雪は、お告げがあった、として加代と宗徒を電話で呼び出しました。

美雪は代々巫女の家系で、昔からお告げがよく当たっていたため、加代は美雪の言葉を信頼し、宗徒とともに美雪のもとに赴き、神聖な霊山で禊をすることにします。

話も済み、加代と宗徒が、雲行寺の境内の墓石に腰掛けてフェラチオをしていると、寺の本尊で恐るべきことが起こりました。なんと、弥勒菩薩の木像がひとりでに動き出し、オナニーを…(ゼロアニメーションより)

<感想>
もはや教室とは何の関係もありませんが、前田俊夫氏原作のアニメ、妖獣教室シリーズの四作目です。これは凄まじく面白い!淫獣触手ファン必見です!

ストーリーに関しては、主人公の1000年前の因縁が重要になっています。もちろん一方の主役の妖獣はしっかり関わっていますが、もともと宇宙人の襲来モノであった妖獣教室シリーズのこれまでとは一線を画します。

しかし、この展開はすごいです!意外で衝撃的な展開の連続で、飽きさせません。また、シリアスな展開なのに細かい笑いをしっかり入れるというエンターテインメント精神も立派の一言。ネタばれになるので書けませんが、一個一個の細かいギャグを紹介したいほどの面白さです!

そして、肝心のエロ度ですが、修正の必要がないのにも関わらず、実に素晴らしい!今回は加代と宗徒は暇があるとセックスやフェラチオをしており、しかもその表現も、大胆な構図、美しい絵、リアリティのある喘ぎ声と睦言、どれをとっても一級のエロさ。またノーマルなセックスシーンだけでなく、例えば妖獣に取り憑かれて年齢の割りに異様に艶かしくなった美雪が自らの股間に生えた触手をしゃぶりながらしごき上げるシーンや、触手でがんじがらめに拘束され、さらに犯されている加代が、同時に肛門を吸われて悶絶するシーンなど、出色の出来です。ぜひ見てみてください!



関連シリーズ
妖獣教室外伝 劇場版
妖獣教室外伝2
このエントリーをはてなブックマークに追加

妖獣教室 第五話 香港復活編

妖獣教室 5 香港復活編


<ストーリー>
異常気象なのか、何かの汚染か、理由は不明ながら、香港に緑色の粘ついた雨が降っていました。川で洗濯をしている少女も、いつにない奇妙な雨に、困惑の表情を浮かべます。

同じ頃、薄暗い森の中、川のほとりを、二人の男女が走っていました。男たちに追われています。何とか撒くことには成功しましたが、いつ見つかるやもしれません。

ともかく二人は、束の間の安息を、お互いの愛を確かめ合うことに費やします。雨の中、濡れることも厭わずに服を脱ぐと、セックスを始めました。そんな二人をじっと見つめている蛙に似た奇妙な生物が…(ゼロアニメーションより)

<感想>
妖獣教室シリーズの5作目にあたります。第5章となっていますが、その前に総集編というのが売り出されているという話ですので、外伝のような扱いなのかもしれません。ただ、妖獣教室シリーズには外伝と銘打たれたものもあり、ややこしいことこの上ありません。

何の脈絡で香港なのかはよくわかりませんが、一応海外を舞台にする必然性はあるようです。すなわち、日本では非合法組織とか武器の調達に難があるため、スケールの大きいバトルものを作ろうとすると、舞台を海外に移さなければならないからです。外国なのになぜか全員言葉が通じるなどは愛嬌として、アクションシーンについては一定の効果を挙げており、それなりに成功だったと言っていいと思います。

ストーリーについては、40分強の作品の中で、はじめの10分ぐらいを舞台を香港に持っていくためのいろいろな説明に費やしており、そのあたりはちょっと退屈です。ただし、物語が明確に動き始めてからの展開は、さすがに人気シリーズだけあって面白かったです。

エロ度に関しては、エロシーン自体が尺も短く、あっさりめなので、無修正なのにも関わらずそれほど高くありません。キャラクターの体の描き方やセックスの表現はこなれており、目の保養にはなると思いますが。全体の出来として、傑作であった妖獣教室3妖獣教室4に比べると落ちるかな、といった印象です。



関連シリーズ
妖獣教室外伝 劇場版
妖獣教室外伝2
このエントリーをはてなブックマークに追加

妖獣教室 第六話 完結編

妖獣教室 6 完結編


<ストーリー>
修学旅行で、沖縄の地図にも載っていない小さな島にやってきた宗徒と加代。抜けるような空と青い珊瑚。開放的な雰囲気。宗徒の友人吉岡はまだ明るいうちから、今夜は女子の夜這いをかけるぞ、と息巻いています。

宗徒もそういうのが嫌いではありませんが、ともかく自分には加代という相手がいる、ということで、宗徒は加代を連れ出し、二人きりの気分を楽しみます。

暗くなってから浜辺で豪快に魚を焼いたりして食べていると、民宿のおじさんが島に伝わる美しくも悲しい、そしてちょっと気味の悪い民話を話してくれました。なんとなく毒気を抜かれたようになった学生たちでしたが、性欲が爆発している吉岡はそんなことはどこ吹く風。宗徒を誘って夜這いに繰り出します。

運悪く宗徒は引率の教師に捕まって夜回りさせられることになりましたが、吉岡は無事女子寮にたどり着きました。そして、窓から中の様子をのぞいていると、佐藤という女子がオナニーを…(ゼロアニメーションより)

<感想>
妖獣教室シリーズの完結編です。一応、なぜ沖縄に妖獣がいるのかの説明が作中でなされていますが、なんだか妖獣ってどこにでもいるなあ、という感じです。前作妖獣教室 5 香港復活編の舞台が香港で、今作が沖縄ということで、なんとなくスタッフが取材旅行をしたかったのでは、と勘繰りたくなりますね(笑)。

作品は完結編と銘打つにふさわしい素晴らしい出来です。まず、お話自体が面白く、エロ度も十分な高さがあります。いささかシリアスに流れすぎていて、このシリーズらしい細かい笑いの要素が少なかったのは残念でしたが、それも見終わったあとよく考えてみて気付くようなことで、見ている最中には気になりません。

作中、島に伝わる民話が描かれているのですが、かなりしっかり作られていて雰囲気があり、しかもきっちり作品のテーマと連動していて、心に残るものがありました。わたしは昔話とか民話が好きなので、この話をエロアニメとして見ることができるだけでもこの作品を見た甲斐があった、と思えました。

一箇所、軽いアクションシーンがあるのですが、重要キャラクターである島の娘がえらく強いです。どういう意図でこうしたのかはわかりませんが、沖縄には琉球空手という格闘技があり、この娘はもしかしたらその使い手、という設定なのかもしれません。この娘もかなり存在感があり、心に残るキャラクターでした。



関連シリーズ
妖獣教室外伝 劇場版
妖獣教室外伝2
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム