18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > ***殻の中の小鳥関連シリーズ***

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

雛鳥の囀 前編

雛鳥の囀 前編


<ストーリー>
19世紀・大英帝国。鉄道王ドレッド=バートンの屋敷は、新しい女主人クレアのもと、穏やかな時を刻んでいました。屋敷は火災で一度焼け落ちていましたが、いくつかの調度品は焼失から免れ、良くも悪くもかつて起こった出来事を思い出させます。

かつて起こった出来事。いまでこそクレアの執事としてメイドたちを束ねるフォスターは、実は凄腕の調教師であり、クレアはバートンの命で高級娼婦になるべく調教されていたのです。とはいえ、それももう昔のこと。クレアは屋敷の主といっても絶対的な存在ではなく、友達のような感覚で、自らお茶を入れたりもしていました。

ところが、そんな平和な日常は、長くは続きませんでした。突然、キャロルという金髪の少女が屋敷にエリザベスという友人を連れて乗り込んできたのです。

なんとキャロルは大財閥の娘で、鉄道王の遺産を横から掠め取るために送り込まれてきたのでした。キャロルは合法に見せかけた不当な手段でバートンの屋敷を押収すると、あたかも王者の如くに振る舞い、そればかりかフォスターに、他に行くところのないメイドたちを娼婦として調教するように命じ…(ゼロアニメーションより)

<感想>
いわゆる「メイド萌え属性」がブームとなる始まりごろに位置するシリーズです。この前シリーズにあたる作品に「殻の中の小鳥」というのがあり、どうやらこちらが名実ともにメイド萌えの起源ということになるようです。

わたしは一応前シリーズの方は見たことがあるのですが、なにしろものすごく昔のことなので、内容は今回記事を書くために設定を調べるまですっかり忘れていました。もっとも、前シリーズのネタはちりばめられているものの、基本的にきちんとこの作品だけでも楽しめるように作ってあるので問題はありませんでしたが。

絵に関しては極めて美しく、背景やヴィクトリア朝時代のイギリスの庭園・習俗もきっちりと調べられている感じがして、それだけでも見る価値があります。そしてお話に関しても、大半メイドを調教しているだけの内容にしては意外性やドラマがあり、飽きさせません。とりわけ、キャラクターの描きわけは見事なもので、調教されるメイドたちの反応もバリエーションがあり、さらにキャロルの傍若無人っぷりはむかつきながらも爽快感があります。

エロ度に関しては無修正で、絵が美しいので実用性は十分です。メイドの人数が多いため、一人一人の時間が必然的に短くなってしまうのが難点ですが、最初に調教を受けるキャラクターに関しては尺が長めにとってあるのでボリューム感もあります。

さすがに歴史的作品という位置づけにあるシリーズに相応しい安定した面白さです。萌えと一口に言っても、その歴史や定義などは実はあんまりよく分からない方、この作品を見て勉強してみてはいかがですか?(笑)



関連シリーズ
殻の中の小鳥
このエントリーをはてなブックマークに追加

雛鳥の囀 後編

雛鳥の囀 後編


<ストーリー>
バートンの屋敷に君臨するキャロル。まだあどけない少女といってもいい年齢にもかかわらず、フォスターによるメイド調教の現場に同席し、さらには自ら接客と称するメイドの性的接待をセッティングするなどの仕事をも精力的にこなし、過労から机で眠ってしまうことすらあります。

そんなキャロルのメイドたちへの接し方は、ほとんど虐待に等しく、とりわけ元友人のエリザベスはまだ満足に調教が出来ていないにも関わらず、二人のジェントルマン(紳士)に同時に犯させ、それを見て笑みを浮かべるなど、勝者による敗者への搾取を遺憾なく表現しています。

キャロルの異常ともいえる暴君っぷりに密かに怒りを感じるフォスターは、何とか状況を逆転させるべく裏で動きますが、どうにも上手くいきません。キャロルが属するウェラクスタ財閥とはそれほど巨大だったのです。

しかし、勝者であることを常に義務付けられているウェラクスタの血統であることのプレッシャーは徐々にキャロルを追い詰め…(ゼロアニメーションより)

<感想>
お話を見てるとわかるのですが、どうやらこのお話はいわゆる「本筋」ではないようです。というのも、どうやら登場人物たちは全員、暴君キャロルも含めて、巨大な流れに飲み込まれてもがいているだけだからです。そういう流れのなかで、勝ち続けることを求めて苦しむキャロルと、苦痛に慣れたり、日々の楽しみを見つけたりしてしなやかに生き続けるメイドたちとの対比がテーマになっているように感じます。格差社会だの勝ち組負け組だののキーワードが氾濫する現代社会においてはいろいろと身につまされるところもあるドラマなのでは、と思います。

とまあ面倒臭いことも考えてしまう深みのある作品でしたが、もちろんこれはエロアニメ。大事なのはエロシーンです。その肝心なエロ度ですが、乱交やイラマチオなど、絵自体は豊富なのですが、各シーンの尺は長くなく、お話の添え物とか前提といったもの以上ではありませんでした。また、メイド虐待が重要なテーマになっているため、そのようなシーンが多く、少々精神的にキツイところもあります。万人向けでエロさを楽しめるとは残念ながら言えないと思います。

とにかく予想外な展開があり、また、暴君で不愉快な強者なのにどこか脆さを抱えたキャロルもなかなか魅力的なキャラクターです。エロアニメとしては見る人を選ぶかと思いますが、作品としては面白いので、ぜひ見てみてください!



関連シリーズ
殻の中の小鳥
このエントリーをはてなブックマークに追加

殻の中の小鳥 1 ~クレア・バートン~

殻の中の小鳥 1 ~クレア・バートン~

<ストーリー>
19世紀・イギリス。鉄道王ドレッド=バートンの屋敷に、ひとりのみすぼらしい中年男が連行されてきました。男の名はフォスター。かつては政府特務機関・キュレイポートにて、女性を使った陰謀のための高級娼婦を育成する仕事に携わっていた男です。キュレイポートが解散し、犯罪者として追われる身となってしまいましたが、その眼には不敵な光が宿っています。

そんなフォスターがバートンの屋敷に連れてこられた理由。それは、クレアというメイドの高級娼婦への調教でした。なんらかの理由により莫大な借金を作ってしまったというクレアは、そのために体を売らなければならなくなったのです。

自分は落ちぶれたままではいない。かならず這い上がる。そう心に誓うフォスターは、当初この仕事をきっちりとこなすことで足がかりを得ようと考えていましたが、どうもおかしなことになってきました。どうやらドレッド=バートンはクレアに対してただのメイド以上の、憎しみにも似た感情を抱いているようです。

まだろくに調教の成果もでないうちに、無理に客を取らされるクレア。でっぷりと肥った肉と脂肪の塊のような客にイラマチオされ、苦しさのあまり思わず肉棒に歯を立ててしまうという醜態をさらしてしまい…(ゼロアニメーションより)

<感想>
以前レビューした雛鳥の囀シリーズの前作にあたる作品です。

わたしはものすごく大昔にこの作品を見たことがあるのですが、昔すぎてほとんど内容を覚えておらず、今回ほとんど初見の新鮮な気持ちで見ることができました。

絵に関しては、十分に美しいです。館の様子や庭の草木、あるいは雨や水滴などの水の表現などもこなれています。また、女の子キャラクターに関しても、デザインは可愛らしく、妙にスカートが短いメイド服もいい味を出しています。今回のヒロイン・クレアはちょっと可愛くしようとしすぎ感があるものの、バートンの秘書・ミーファやフォスターの助手としてクレアを調教するメイヤはかなりいい感じです。

そして肝心のエロ度ですが、修正が必要ない描写ではありますが、なかなか実用性があります。キャラクターデザイン的には少々あざとさを感じたクレアですが、その精神性には初々しさが漂っており、いかにもこれから調教されるという雰囲気で、かなりそそります。また、メイヤとの絡みも、いかにも女性調教師という感じがして、好きな方にはたまらないでしょう!

とりわけ、メイヤは淫乱キャラとしてセリフも味わい深いものがあり、かなり見応えがありました。

そして、男キャラが中々渋い!声優さんたちの素晴らしい演技もあり、またフォスターは年齢不詳ながら若さを失っていないセクシーな中年という感じで魅せます。ストーリー的な盛り上げもよく、この作品の最大の魅力はむしろ男かもしれません。さらに、カッコイイ男だけでなく、客としてやってくる男の醜悪さも、短い登場なりになかなかインパクトがあります。

ストーリーに関しては、長編の最初の作品なのでまだなんとも言えません。サブタイトルを見ればわかるとおり、ある重大な秘密がいきなり明かされており、衝撃があるとともに先が楽しみになります。

全体として、古い作品ですが問題なく超オススメできます!メイド萌えの草分け的作品ですが、歴史的価値ではなく、作品の面白さでオススメします。ぜひ見てみてください!



関連シリーズ
雛鳥の囀
このエントリーをはてなブックマークに追加

殻の中の小鳥 3 ~アイシャ・ファーファリス~

殻の中の小鳥 3 ~アイシャ・ファーファリス~

<ストーリー>
追憶。酒場の喧騒のなか、フォスターはかつて愛した女性を思い出します。それはかつてフォスターが政府特務機関で働いていたころのこと。その女性はすでにこの世におらず、最近、フォスターは暇をみて近くにある彼女の墓を訪れたばかりでした。

実は、墓に花束が置かれていたのです。どうやらフォスターの知らない誰かが、彼女の墓参りをしていたようです。墓石に刻まれた名は、ファーム=バートン。鉄道王ドレッド=バードンの妻でした。

と、フォスターの物思いはひときわ盛り上がるテーブルの声によって破られました。見ると、金髪で健康的な肢体を持つ美しい娘が、賭けに負けて身包みはがされています。派手な格好や態度から、その娘は娼婦のようでした。

その娼婦、アイシャ・ファーファリスはどうやら、ひとりで酒を飲んでいた美中年、すなわちフォスターに興味を抱いたようで、テーブルに近づいてくるとトランプを…(ゼロアニメーションより)

<感想>
ゼロアニメーションでは殻の中の小鳥シリーズ第二話として配信されていますが、実際には第三話ということになります。第二話にはユウキ・レン(結城恋、すなわち日本人)というロリっぽいメイドにまつわる話が描かれています。シリーズの途中が抜けているのは残念ですが、とりあえず見なかったからといって話がわからなくなるような回ではないかと思います。

さて、今回のヒロイン・アイシャは高身長・グラマラス・容姿端麗という素晴らしいデザインの娼婦になります。行動が少々エキセントリックで、性格がつかみきれないところがあり、つまり言動が嵐を巻き起こすタイプのヒロインということになります。

お話自体は、シリーズ通じての伏線などが全面に押し出され、メインを張るアイシャについての描写は薄めかもしれません。行動がエキセントリックと書きましたが、つまり行動原理がよくわからないので、驚かされはするもののあまり感心するというものではなく『このキャラはなにを考えているのかさっぱりわからない』という印象を抱いてしまいます。

そして肝心のエロ度ですが、アイシャはメイドの中ではもっとも体が大きく、大女フェチの方にはかなり好ましいのではないかと思います。とくに前半のノーマルなセックスシーンは相手役であるフォスターのセクシーさもあり、なかなか見応えがありました。

ただし、後半の接客・調教シーンについてはお話との絡みもあり、あまりそれが目的で見るというような仕上がりではないかと思います。女の子のおまんこに蝋燭を挿してキャンドルスタンド、などとアホな遊びをする紳士というのはかなり笑えますが、やはりネタレベルでしょう。

全体として、見る価値は十分にあります。最高の作品とはいえませんが、体の成熟したいい女というのはそれだけで目の保養になるのではないでしょうか。



関連シリーズ
雛鳥の囀
このエントリーをはてなブックマークに追加

殻の中の小鳥 4 ~リース・ウェン・ネフタ~

殻の中の小鳥 4 ~リース・ウェン・ネフタ~

<ストーリー>
春にしては珍しく冷え込み、雪が降り積もった日、ひとりのみすぼらしい娘がバートンの屋敷につれてこられました。

つぎをあてた衣服を身にまとい、三つ編みと大きな眼鏡、そばかすを隠そうともしないその娘の名は、リース・ウェン・ネフタ。莫大な借金のため、親に売られてしまったのでした。

もとより、健康であるという以外にはたいしたとりえもなく、当初全く関心を持たなかったフォスターでしたが、あまりにも気弱でおどおどしたリースの態度に業を煮やし、いきなり客を取らせるという荒療治を…(ゼロアニメーションより)

<感想>
今回のメインは、やぼったい眼鏡娘のリースです。上記ストーリー紹介では全く魅力がない少女のように書いてしまいましたが、実はシリーズ中のエロ担当としてかまわないほど実用性が高いヒロインになっています。

なにしろ、性格は本好き、家事関係が得意、ドジ娘、気弱という記号の塊であり、また風貌も眼鏡を取ると実は可愛らしいというギャップ萌え。なおかつ、犯される際の反応が素晴らしい!

リースは売られてきたバートン屋敷で自分がどんな仕事をするのか全く知らされておらず、はじめて仕事仲間のアイシャが客に「奉仕」しているのを見せ付けられたとき、衝撃のあまり呆然としてしまいます。そして客は、そんなリースの反応に思わず激しく興奮してしまい、荒々しくリースを犯します。この嗜虐感はかなりそそるものがあります。

そして今回、アニメとしても実に優れた仕上がりになっています。絵は極めて美しく、カメラワークなども斬新で、見ていて感心させられます。また、キャラクターの動きなども描写が丁寧で、見応えがあります。

さらに、ストーリーについては長編シリーズのなかの出来のいい回と言って差支えがないと思います。リースをメインに描きながら、仲間たちのとの微妙な関係、さらにフォスターにまつわるちょっとしたサイドストーリーも渋い展開を見せます。これまで見てきたシリーズの中では最も面白い回だったと思います。

全体として、普通に超オススメの作品です。シリーズものの途中として優れているだけでなく、この回単体としてみても面白いので、ぜひ見てみてください!



※リース…どうやら、設定上リースはぽっちゃり体型をしているということになっているようです。セリフでも肉付きがよすぎるという言い方をされています。しかし、絵ではバランスの取れた美しい体型となっていました。なお、上記顔にそばかすと書きましたが、後半には消えています。化粧がうまくなったといっても納得のストーリー展開ですが、貧乏キャラなので、もしかしたらただの汚れだったかもしれません。



関連シリーズ
雛鳥の囀
このエントリーをはてなブックマークに追加

殻の中の小鳥 5 ~最終章~

殻の中の小鳥 5 ~最終章~

<ストーリー>
自らの誇りと英国鉄道の発展を担うという自負を持って日々仕事に邁進する鉄道王ドレッド・バートン。しかし、会社組織はすでにひとりの独裁者が引っ張れる大きさを超えはじめていました。バートンの配下であり忠実なイエスマンであることが求められる役員たちは、ある陰謀をめぐらせはじめます。

そんなある日、ドレッドが馬車に乗っていたときのこと。たまたま御者の選んだ道が悪く、貧民のこどもたちに囲まれ、金を恵めと騒がれてしまいました。

御者は害鳥にそうするように空砲を発射して貧民を追い払いましたが、ひとりだけ逃げない娘がいました。その娘・チェリーは身寄りのない花売りで…(ゼロアニメーションより)

<感想>
殻の中の小鳥シリーズの最終話ということになります。

お話に関しては、政財界の大物にして巨星とも称されるドレッド・バートンという老紳士に焦点が当てられています。なかなか渋い展開を見せるうえに、後半、意外なところで意外な自分が登場するなど、非常な盛り上がりを見せます。はっきり言ってとても面白く、お話だけで超オススメできるほどです。

しかし、老人がお話のメインにも関わらず、尋常ならざるエロ度があります!今回は最終回ということでほぼ全てのヒロインにエロシーンが存在します。必然的に一人当たりの分量は減るはずなのですが、ほんのワンカットほどのシーンの連続にはかなりの迫力があり、実用性は十分です。

とりわけ、今回はクライマックスが乱交パーティということになります。乱交というのは人間が多く、絵が大変なわりには質的に報われないことも多いのですが、この作品においては完全に見所、これほど優れた乱交シーンは滅多にないと太鼓判が押せるほどのクォリティです!

さて、手放しで面白い作品なのですが、ラスト近くどう形容していいのかわからないことになります。凄すぎて笑えるというか…。非常にシリアスなシーンで、なおかつ登場人物たちが衝撃を受けたためにこんなふうになったことはよくわかるのですが、それにしてもこれは異様すぎます。ラストで壊れた、というと貶しているようですが、とにかく突き抜けた描写で、綺麗でまとまりがいいとは言えませんが、これはこれでよかったと思います。

とにかく、迫力ある乱交シーンとこの衝撃のラストは一見の価値があります!ぜひ見てみてください!



※チェリー…正真正銘のロリというかペド対象の年齢であるため、エロシーンは存在しません。ただし花売り(売春婦の隠喩)という設定や後半のパーティでのシーンなど、微妙に妄想させる展開はあります。メイドのひとり・レンがロリっぽい姿のわりにきちんとエロ展開があるのとは対象的です。

※レン…上記エロ展開があると書きましたが、それはシリーズ全てを通しての話で、実際にはゼロアニメーションで配信されていいない『殻の中の小鳥 2 ~ユウキ・レン~』以外では一切描写されていません。今回も、上手に避けられています。やはり、なにか問題があったのかもしれません。



関連シリーズ
雛鳥の囀
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム