18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > バイブルブラック

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

Bible Black 1 第一章・黒魔術の学園-降臨-

バイブルブラック・黒魔術の学園


<ストーリー>
12年前、学園のオカルト好きな少女たちが寄り集まって、黒魔術の真似事をして遊んでいました。しかし、少女たちの行為は次第にエスカレートし、動物を殺し、悪魔に魂を捧げるまでになります。そして、ワルプルギスの夜。血なまぐさい惨劇は起こりました。

現在。普段から黒魔術を笑い飛ばしている美術部学生・水無瀬多喜が休憩時間中、なぜか突然クラスメートの少女・村井亜由美に恋の魔術をかけてやると言い出しました。指に針を刺して血を出させ、それを紙で作った人型に垂らし、血で想い人のイニシャルを書かせます。

その後、亜由美が偶然、恋人と一緒に歩いている想い人の近くを通りかかると、想い人はいきなり少女に告白し、人目もはばからずその場でセックスし始めてしまいました。想い人の恋人は泣き崩れ、人だかりができ、大変な騒ぎに…(ゼロアニメーションより)

<感想>
名作・バイブルブラックシリーズの第一話です。黒魔術をテーマにしており、最初に少女が生贄に捧げられるというショッキングなシーンがあります。あまり残酷度は高くありませんが、シリアスなので笑いの要素はありません。

長編シリーズの第一作で、この話だけでストーリーの面白さを云々できませんが、時系列に沿わない話の構成はうまいと思います。先が気になり、続きを見たいと思わせます。

絵に関しては、光と影の使い方が独特です。肉体の描き方や背景なども美しいですが、リアリティある表現のために、口元のしわが描きこまれたりするので、人によっては好みが分かれるかもしれません。

エロ度に関しては相当高いです。特に、オカルト好き少女・佐伯香織が水無瀬から魔術の秘密を聞き出すためにフェラチオで奉仕するシーンは、そういうシチュエーションがものすごく好みなのでかなりよかったです。

全体として、長編シリーズのはじめとしてつかみもよく、絵も美しいため、普通に超オススメできます。



※ワルプルギスの夜…聖女ワルプルギスの記念日である5月1日に対抗し、その前日である4月30日に黒魔術の祝祭を開く。



関連シリーズ
新・バイブルブラック
バイブルブラック オンリー版
このエントリーをはてなブックマークに追加

Bible Black 2 第二章・黒の儀式-近づくワルプルギスの夜-

バイブルブラック2 黒の儀式


<ストーリー>
魔術を使うということが少しずつ知られ始めた主人公・水無瀬多喜。クラスメートのオカルト好きな少女・佐伯香織にフェラチオをしてもらう代わりに、魔術の秘密を少し教えてやります。佐伯は魔術の本を貸して欲しいといいますが、水無瀬はそれは拒絶しました。

同じ頃、水無瀬の家の隣に住む幼馴染みの少女・伊万里胡桃のもとに、水無瀬の姉・由起子から連絡が入ります。悪いが、遅くなるので弟に晩御飯を作ってやって欲しい、と。

ひそかに水無瀬に思いを寄せる伊万里は、嬉々として水無瀬の好物、カレーの材料を買いにいきます。一方、水無瀬の家には前作Bible Black 黒の儀式で水無瀬が魔術を使って虜にした白木里香が訪れていました。白木は家の中に入るのもそこそこに水無瀬にむしゃぶりつき、激しく愛を求めます。

カレーの材料を買ってきた伊万里は、当たり前のように鍵の開いた水無瀬家に入ってきました。晩御飯を作ってあげるね。そう水無瀬に告げるため、階段をのぼる伊万里。寝室で身も世もなくセックスに没頭する水無瀬と白木。伊万里が水無瀬の部屋のドアを開けると…(ゼロアニメーションより)

<感想>
バイブルブラックシリーズの第二話になります。長編らしく、物語は少ししか進みません。のちのちのために、どんどん伏線を張りまくっている状態なので、まだお話として面白いかどうかは未知数です。しかし、エロ度が素晴らしい。エロさだけで超オススメできるほどです。

まず、のっけからクラスメートのフェラチオと、肛門責めで主人公水無瀬が悶絶します。変な話ですが、よがってるのが男なのにかなりいいです。

また、美しいアンドロギュノスで、学園の少女を影で毒牙にかけている、いかにも「なにかあるな」という感じのキャラクターとして登場していた保健室の養護教諭・北見麗華が、ついに本性を現し始めます。この北見と水無瀬のセックスが、必見です。淫魔のような北見の責めに水無瀬は目を剥き、涎を垂らし、頭を打ち振りながら狂ったように悶え、間抜けな声を上げながらイキまくります。男の絶頂をこんな風に描いた作品をあまり見たことがなかったので、かなり新鮮でした。

男のシーンばかり言及しましたが、女のシーンも素晴らしいです。たとえば、水無瀬は北見に悪魔の力を授かります。その力は絶大で、水無瀬の手に触られた水無瀬の姉・由紀子は強烈な性欲の虜となり、どこからともなく取り出したローターを使ってオナニーしまくります。

前作もかなりエロかったですが、今作はその数倍はエロいです。ここまでエロいと、続編がこれを超えるのか楽しみになってしまいます。



※アンドロギュノス…両性具有。つまり男性器と女性器両方持っている人。ふたなり。



関連シリーズ
新・バイブルブラック
バイブルブラック オンリー版
このエントリーをはてなブックマークに追加

Bible Black 3 第三章・黒の生贄-ワルプルギスの雌羊-

バイブルブラック3 黒の生贄


<ストーリー>
黒魔術の秘密を知るらしい美術部顧問、高城寛子。北見たちは高城をスタンガンで気絶させると、佐伯の家に連れ込み、全裸に剥き、太い注射器で浣腸します。腸内に注ぎ込まれた水のせいで妊婦のようになった高城に対し、北見は水無瀬に栓をしてやれ、と命じました。

水無瀬がその逞しい肉棒で高城の肛門に栓をすると、北見は高城に、自分のことを話し始めます。12年前のワルプルギスの夜、なにがあったかを。そして、話し終わると今度は両性具有である北見が直々に高城を犯し、高城は肛門から大量の水を垂れ流しながら中出しされます。

と、水無瀬の魔術で心を狂わされた白木が部屋に入ってきました。白木は水無瀬の後をつけてきたらしく、恐怖のあまりその場にへたり込んでおり…(ゼロアニメーションより)

<感想>
バイブルブラックシリーズの第三話です。今回、ストーリーに大きな進展が見られました。北見の正体、そして12年前のワルプルギスの夜に何があったかの真相が一部語られており、なかなか興味深いです。

ただ、高城に「なぜこんなことをするのか」と聞かれ、北見が演説するシーンはちょっと萎えるかもしれません。悪役の行動原理というのは、熱く語られるとかえって卑小に思えるものです。

わりといいなと思ったのは、描写がかなり細かくて丁寧なところです。例えば、水無瀬が高城の肛門を犯している最中、高城と北見が会話をするのですが、そこで意外な発言があり、水無瀬も驚いて突くのをやめてしまいます。すると、北見が「水無瀬くん、動いてあげて」と厳しい表情で指摘するところ。他にも、北見が高城を犯しているシーンで、その他大勢のような感じで見物している水無瀬の垂れていたちんちんがぴこーんと勃起するとか、細かすぎて思わず笑ってしまいました。

エロ度に関しては、浣腸、肛門性交、乱交にぶっかけ、フェラチオなどシーン自体は多いのですが、むしろ多すぎて忙しく感じられるかもしれません。一つ一つのシーンにねちっこさが感じられるものが少なく、ちょっと薄めです。前作Bible Black 2 黒の儀式に比べると、エロ度は低いかと思います。ただし、ラストあたり、伊万里が拘束され、媚薬を飲まされて快感がこみ上げてくるのを我慢しているところを言葉で責め嬲るシーンはかなりいいです。

全体としては、シリーズ通して面白さは変わりません。超オススメとしておきます。



関連シリーズ
新・バイブルブラック
バイブルブラック オンリー版
このエントリーをはてなブックマークに追加

Bible Black 4 第四章・黒の愛撫-ワルプルギスの夜-

バイブルブラック4 黒の愛撫


<ストーリー>
全裸に剥かれ、しかも鎖で拘束された伊万里。北見はいやらしい笑みを浮かべながら言葉と指先で伊万里を嬲ります。

一時は北見に忠誠を誓っていた水無瀬でしたが、さすがに幼なじみの伊万里がこんな風に嬲られるのには引いてしまいました。伊万里を助けるため、果敢にも北見に挑みかかります。自身の魔力をぶつける水無瀬でしたが、力を与えた北見に勝てるはずもなく、打ちのめされ、逆に伊万里のアナルを陵辱するための道具として、魔術で操られてしまいます。

はじめアナルの処女を奪われることに嫌悪を示し、痛がっていた伊万里でしたが、無理やり服用させられた媚薬の効果と、悪の手先に堕したとはいえ愛する水無瀬が相手であることで、快楽に身を任せるようになります。一方、水無瀬も伊万里のアナルの激しい締め付けに強烈な快感を覚え、射精したあとに失神してしまいました。

水無瀬が失神から覚めると、伊万里はすでに5人の男たちにアナルを犯されており、涙と涎を垂らしながら狂ったように悶え、アナルセックスの虜に…(ゼロアニメーションより)

<感想>
バイブルブラックシリーズの第四話になります。実に面白い!安心して見ていられます。さすがに人気シリーズというのは伊達ではありませんね。エロアニメファンなら、是非とも一度は見ておきたい超オススメの傑作シリーズだと思います。

今作ではついに謎めいたキャラクター北見麗華の真の目的が明らかにされ、しかも主人公・水無瀬が北見と決別するという重要な局面になります。いわばクライマックスに向けて走り出したあたりということで、シリーズの中でも重要な意味を持つ回だと思われます。

しかし、そんなストーリー上の重大分岐点であるにも関わらず、エロ度がとても濃厚です。今回はかなりエロく、今まで見てきたバイブルブラックシリーズの中ではトップクラスのエロさだと思います。各エロシーンの描写自体もいいのですが、シチュエーションがいいです。特に、惹かれあう男女が、お互いが見ている目の前で違う相手に犯され、しかもイカされてしまうというシチュエーションは素晴らしい。これは使えます(笑)!

この作品で好感がもてるのは、非常に丁寧なところです。何気ないキャラクターの動きが本当に何気なく、しかし丁寧に描かれており、手抜きとは対極にあるスタッフの地道さに感動しました。



関連シリーズ
新・バイブルブラック
バイブルブラック オンリー版
このエントリーをはてなブックマークに追加

Bible Black 5 第五章・黒の晩餐

バイブルブラック5 黒の晩餐


<ストーリー>
北見らによって強烈な媚薬を使われた高城。その影響からなかなか醒めることができず、水無瀬の若く逞しい肉棒を求めてしまいます。

幾度もの激しい交合のあと、ようやく落ち着いた高城を残し、水無瀬は一人、大切な幼なじみである伊万里を助けるため、佐伯の家に乗り込みます。

しかし、すでに伊万里はおらず、どうしたものか、と思案にくれる水無瀬。そこに白木が現れました。白木は何も言わず、突然水無瀬の腹をナイフで刺します。わたしが他の人とセックスをしていても平気だし、酷いことをされても助けてくれなかった。白木は泣きながら、水無瀬を責め…(ゼロアニメーションより)

<感想>
バイブルブラックシリーズの第五話になります。物語はすでにクライマックスを迎えようとしており、続きが気になる本当に面白い作品です。超オススメ!

緊迫感あふれる展開で、先が全く読めません。のっけから水無瀬が刺されるなど、予想外の展開が続きます。レビューをしていると、ネタバレと内容説明のバランスが難しいのですが、今回は開始してすぐにものすごいことになるため、どこまで紹介するか本当に悩みました。

エロ度に関しては、今回ちょっと血が出る描写が多いため、純粋に楽しむにはいささか難があるシーンもありますが、基本的にはかなり高いです。乱交のシーンや、激しいセックスのあとの中出しなどもさることながら、処女のおまんこを広げて長く伸ばした舌をねじ込むなど、ほんの短いシーンでありながら妙に印象に残るものもありました。



関連シリーズ
新・バイブルブラック
バイブルブラック オンリー版
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム