18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > 花の女子アナ ニュースキャスター・悦子 生でイキます!

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

花の女子アナ ニュースキャスター・悦子 生でイキます! TAKE1

花の女子アナ ニュースキャスター・悦子 生でイキます! TAKE1

<ストーリー>
近未来、東京フラワーテレビの看板ニュースキャスター・山野辺悦子は、キャスターとしての実力と、カメラの前で脚をひろげ、パンツのなかに手をつっこんでいじくりまわすパフォーマンスなどにより人気を博していました

そんなある日、丸出駄目助という名のアルコール依存症男が、人質監禁篭城事件を起こしてしまいます。

被害者は若林真由美という女子大生で、駄目助は彼女の父が経営する銀行を首にたったがために、このような凶行をしでかしたのこと。悦子はニュースキャスターとして犯人を説得するため、カメラの青年とともに現場に向かいますが…(ゼロアニメーションより)

<感想>
ストーリー紹介の冒頭で近未来としましたが、登場人物がもっているノートパソコンが妙に発達していたり、安全総合武装警備保障という現在の日本には存在しない民間の警察組織ふうのものが登場したりしているので、おそらくSFの類になる作品です。

内容は、ニュースキャスターが表の顔とは裏腹に、暗躍して小規模な事件を煽りたて、大事件に作り上げていくというものです。ドタバタとしては楽しく、またわりと美形のキャラクターでも変顔をさせているので、なかなか笑えます。

エロ度に関しては、キャスターがカメラのまえで脚をおっぴろげ、あるいは人質がレイプされているところを実況しつつ解説したりする性にあけすけな世界観であるため、非常に高いです。とくにフェラチオに気合のはいった描写がされているため、フェラ好きな方にはオススメできます。

ただ、一箇所飲尿シーンがあります。尿を出すのが中年の男で、受けるのは若い女という組み合わせですが、あまり美しくないし、趣味も分かれると思いますので、ご注意くださいませ。



※マスゴミ…この作品の製作がどんな気持ちでつくったのかはわかりませんが、かなりマスコミに対して批判的なメッセージが込められているような気がします。あるいは、毒が強いギャグ作品なので、そう感じてしまうのかもしれません。たしかに笑えましたが、なにかひっかかるものがあり、そういう意味では万人向けではないかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

花の女子アナ ニュースキャスター・悦子 生でイキます! TAKE2

花の女子アナ ニュースキャスター・悦子 生でイキます! TAKE2

<ストーリー>
丸出駄目助の引き起こした人質監禁篭城事件は、大詰めを迎えていました。

なんと、被害者・若林真由美は衆人のまえで全裸に剥かれ、おまんこどころか肛門すら犯され、あまつさえ膣と直腸に精液を流しこまれるなど、暴虐の限りを尽くされてしまったいたのです。

火炎瓶で武装した駄目助はあたりにそれを投げつけては火を放つほどの凶暴さをしめし、もはや真由美は恐怖と苦痛とでパニックを起こし、ヘラヘラと笑いながら小便を漏らす始末です。

しかも、駄目助はどこから手に入れたのか、拳銃すらも所持しており…(ゼロアニメーションより)

<感想>
極めて毒の強い作品です。

上記ストーリー紹介でものすごい展開になっておりますが、もともと駄目助は包丁を所持していただけで火炎瓶も拳銃も持っていませんでした。すなわち、ぜんぶ『説得』に出向いたという主人公・山野辺悦子の自作自演になります。

このあたり、ドタバタギャグとしてはなかなか秀逸な表現であったものの、毒気が強すぎて不愉快になってしまいました。

もちろん、製作者さんは外見は美女でありながら中身が醜悪きわまりないマスコミ人・悦子のおぞましさを、ギャグをまじえつつきちんと描いているので、これがマスコミ批判の作品であるということは理解できます。しかし内容が悪趣味きわまりないため、正直オススメする気になれません。

その昔、カントリーミュージックを愛聴している黒人のひとに『君らにはブルースという人生の苦悩を表現したすばらしい芸術があるじゃないか。なんであんなくだらん流行歌を聞くんだ』とたずねた白人がいたそうで、対する黒人は『なんで金を払って人生の苦悩を味わわなきゃならんのだ』とこたえたそうですが、わたしもそんな気分です。クオリティはともかく、この作品、単純に楽しむのには向きません。

あるいは、マスコミに腹が立っているような気分のときに見たら、わが意をえたりと思えるのかもしれません。

なんにせよ、クオリティは高い作品なので、あとは見る側の気分の問題でしょう。なお、エロ度に関してはかなり強烈な陵辱シーンがあるので、加虐属性のかたには悪くないかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム