18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > BAD END 贖罪の教室

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

BAD END 贖罪の教室 前編

BAD END 贖罪の教室 前編

<ストーリー>
明実学院にかようごく平凡な眼鏡の不良少年・美樹本俊貴は、ジャーナリストになるという夢に取り憑かれた挙句、ある日クラスで無記名回覧誌たる『贖罪新聞』をでっちあげてしまいます。

それは、父親が殺人容疑で逮捕されてしまった少女、平松七瀬を生贄にするものでした。

贖罪新聞によって触発されたクラスの不良グループリーダー・大張は、美樹本をふくむグループの仲間たちを引き連れて七瀬を激烈に輪姦してしまいました。

その成果に小躍りしてよろこび、内心でこいつらは全員おれの思うがままと狂った妄想にひたる美樹本でしたが、やがて当初予定していなかった七瀬の友人・結城まどか輪姦や、クラスメート・相澤成美による贖罪新聞を騙った無記名回覧誌の発行など、想定外のことがおこりはじめ…(ゼロアニメーションより)

<感想>
贖罪の教室シリーズのリメイク版と思われる作品です。

前シリーズのハイライトというべき電車内での痴漢風輪姦や、結城まどか凌辱などがこの一回にすべておさめられています。絵も前作とは比較にならないほどに美しいため、極めてエロ度が高く、実用向きとして超オススメです。

さて、それではエロを詰めこんだからストーリーが薄いかというと、じつはそうでもありません。今回は設定に大胆な改変がなされているらしく、前シリーズにおいてラストちかくに明かされた真相、たとえば贖罪新聞の執筆者とその動機など、まったくちがうものになっています。

ミステリー系列の作品だったものが、サスペンスにかわっているため、前シリーズを視聴したかたでも見応えは充分。そして、上記の謎がすでにあかされているため、必然的にラストもちがうものになると予想させます。さきが読めず、楽しみになります。

ところで、この作品において、女の子キャラクターのデザインは総じて可愛らしく、絵も肉感的で素晴らしいのですが、少々風変わりな表現がなされています。というのも、エロシーンで、男がメインに描写されているのです。

女の子がなにを考えて犯され、あえぎもだえているのかではなく、男がなにを思って犯しているのかに重点がおかれています。男に感情移入して見てほしいということなのかもしれません。こういうのは珍しいと感じ、なかなか新鮮でした。

とくに、美樹本が、女の子を犯しながら狂った妄想のなかでうぬぼれたセリフをはくシーンがあるのですが、その際さんざんオレスゲーとモノローグでかたりつつ、射精の瞬間なさけない声をあげるところなど、ギャップでなかなか笑えました。

なお、この作品には女同士の非常にえげつないいじめシーンが存在します。いじめる側の爽快感に感情移入できるように表現されており、ほぼ製作者の狙い通りの効果があがっていると思いますが、やはりいじめはいじめです。ひとにより、精神有害かと思いますのでご注意ください。



関連シリーズ
贖罪の教室
このエントリーをはてなブックマークに追加

BAD END 贖罪の教室 後編

BAD END 贖罪の教室 後編

<ストーリー>
平松七瀬の父が死にました。殺人容疑者としての拘留中に、自殺してしまったのです。

真相はわからないながら、容疑が晴れないままでの父の自殺は、唯一の肉親たる七瀬に重大な衝撃を与えました。

しかし、学院の不良少年たちに、そんな七瀬の心の機微などわかりません。むしろ、それを口実に、さらなる激しい贖罪という名の凌辱を加えてしまいます。

父の遺影のまえで、五人がかりで全身を舐めしゃぶられ、指でクリトリスとおまんこを同時にいじくられ、あまつさえ肛門までも辱められ、ついに七瀬は潮を吹いて絶頂してしまいます。

その潮のしぶきが遺影をぬらしたとき、七瀬のなかでなにかがはじけました。自ら腰をふり、ちんぽを吸い、気持ちいい、もっとしてと叫びながら五人の不良たちにむしゃぶりつき…(ゼロアニメーションより)

<感想>
DQN少年たちの蛮行を、じつに爽快なタッチで描いた作品です。内容からして極めて鬱度が高いものの、残酷な気分になりたいかたにはうってつけの作品でしょう。

とにかく、不良少年たちがいい味をだしています。リーダーの大張からしてそうですが、デブの加藤は渋い美声ですし、ほかのモブっぽいキャラたちも非常に的確なレイプ実況を披露してくれます。

また、主人公的立場にいる美樹本も、いい感じに狂気あふれる小物っぷりで、キャラがたっています。

もちろん、絵もきわめて美しく、エロ度もレイプものながら非常に充実しています。女性声優さんたちは総じて表現力がないのですが、内容が強姦であるため、むしろそこが素人っぽくていい感じかもしれません。

ストーリー的には中盤以降、極めて意外な展開になります。これはなかなか見応えがあり、しかも溜飲が下がってしまいます。キャラの一貫性という意味ではどうかとも思いますが、そういうマイナス面よりも展開の衝撃というプラス面が光ります。

そしてラストは、モノローグだけで語られる真相というのが残念ではあったものの、やはり衝撃のある展開で、バッドエンドというタイトルにふさわしいものでした。

全体として、エロ度が極めて高く実用向きです。しかし、鬼畜属性がないかたにはまったくオススメできませんのでご注意ください。

なお、一箇所、すさまじいシーンがあります。わたしはその展開自体は予想できたものの、まさかこのような表現方法でくるとは想像だにせず、思わずびっくりしてしまいました。ネタバレなのでくわしくいえませんが、精神有害としておきたいと思います。



※デブの加藤…モブのくせにやたらいい声だと思っていたら、今作では極めて重要(ストーリー的にはさほどではありませんが、エロアニメ的に)な役を演じています。エロアニメで、かつてこれほど活躍したデブキャラというのは、わたしは見たことがなかったので、なかなか新鮮でした。



関連シリーズ
贖罪の教室
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム