18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > flutter of birds ~鳥達の羽ばたき~

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

flutter of birds ~鳥達の羽ばたき~ 第1章 夏の星座

flutter of birds ~鳥達の羽ばたき~ 第1章 夏の星座

<ストーリー>
東京から、幼いころに過ごした村に戻ってきた主人公・松井裕作。彼は医者の卵です。これから研修のため、『森の診療所』という村の病院で働くことなっています。

森の診療所を経営する森野大熊・通称熊先生は裕作の親戚で、その娘である森野大気は裕作を『ゆうにい』と呼んで歓迎してくれました。裕作と大気は歳も近く、従兄妹同士というよりは幼なじみ、もしくは実の兄妹にも近い関係だったのです。

診療所には脚が悪いながらも可愛らしい南田白風(しろっぷ)や、神秘的な雰囲気の神楽琴羽などの入院患者たち、あるいは大人びた雰囲気の看護師・朝比奈めぐみなど、美しい女性が多くいます。

しかし、裕作が働きはじめてすぐに…(ゼロアニメーションより)

<感想>
絵などは極めて美しく、また女性キャラクターのデザインも可愛らしいのに、わたしは思わず『これはひどい』と口にだしてしまいました。

とりあえず、さきによいところだけでもあげておこうかと思います。まず、風景の美しい田舎の診療所で、体や心に傷を負った女の子たちが、医者の卵である主人公との心の交流を通して癒されていくというコンセプト。これは、実に素晴らしいと思います。その設定を聞いただけで、なにか胸にいいようのない感慨が浮かんできます。実際、この作品も途中までは成功していたように思います。

また、絵が美しいのも相まって、エロシーンもかなりよいできです。とくにふたり目、虹掛美雨(にじかけみあま)に関しては、なかなか描写にも気合が入っていてよかったと思います。

しかし、エロと雰囲気はよかったのに、お話がひどすぎます。

ネタバレになるので書けないのですが、あるキャラクターの病気と、それに対する解決があまりにもあまりな展開になります。この病気は実在するものなのに、こんなカウンセリングはさすがにありえません。わたしは思わず久しぶりにキレてしまい、製作者さんたちといっしょに屋上に行きたくなってしまいました。

エロゲー原作ですし、人気キャラクターが多いのなら、ある程度は描写がすっ飛ばされざるをえないのも仕方ないとは思います。しかし、それにしたところで、ほかにやりようはなかったのでしょうか。せっかくのいい雰囲気と可愛らしいキャラクターだったのに、非常に惜しいです。

なお、エロはいいと書きましたが、行為中のセリフにセンスがあまり感じられないため、微妙に萎えるかもしれません。全体としては、残念ながら見る価値あまりなしとしたいと思います。



※あまりにもあまりな展開…恋空というケータイ小説に、大病を患って死をまつばかりの人間が、なぜか無菌室でキスをしたり野外セックスをしたりという描写があるらしいのですが、この作品の展開も、死がからむほど深刻ではないにせよ、そちら系のトンデモなさです。わたしはそういうのを見ると腹が立ってしまうので、楽しませんでした。逆に、あまりのアホらしさに笑ってしまうかたもおられるでしょうし、そういうかたなら楽しめるかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

flutter of birds ~鳥達の羽ばたき~ 第2章 線香花火

flutter of birds ~鳥達の羽ばたき~ 第2章 線香花火

<ストーリー>
虹掛美雨とむすばれた主人公・松井裕作。しかし、その運命は酷薄なものでした。交際をはじめてから時間もたっていないというのに、おりからの病は美雨を蝕みつづけ、ついに命をも奪ってしまったのです。

裕作と美雨は、まだ周囲に交際したことすら話していませんでした。

一方、ふたりが男女の関係になっていたことをしらない森野大気は、しかし美雨の死に裕作が強い衝撃をうけていることを理解し、自身までふさぎこみそうになってしまいます。

そんなある日、裕作は、看護師長の朝比奈めぐみがなにか悩みをかかえているらしいことに気がつきました。めぐみには、婚約者がいるのですが…(ゼロアニメーションより)

<感想>
前作flutter of birds ~鳥達の羽ばたき~ 第1章 夏の星座のヒロイン・虹掛美雨が、冒頭でいきなり天に召されてしまうという衝撃的な展開を見せています。モノクロで登場人物のセリフがまったくない演出、直後に鳥が空へと舞いあがっていくというメタファーなど、かなり美しい表現で、おどろかされました。

しかし、全体としては微妙な作品です。

前作をみたときも感じたのですが、どうも配慮が足りないような気がするのです。たとえば、美雨が死んだあと、時系列から見ておそらく最初の墓参りの帰り道で、大気が裕作に『つきあっている女はいるか』という内容の質問をします。恋人が死んだばかりの男にありえない質問であり、悪い意味でおどろいてしまいました。

もちろん、この質問がなければ話がすすまないのはわかりますし、大気がふたりの関係をどのていど把握していたかについての描写はあいまいなので、がんばって好意的に解釈すればお話のすじがとおっていないとまではいえません。しかし、どうにも空気が読めていないような感じがして微妙な気分になります。

また中盤、朝比奈めぐみと裕作がセックスすることになるのですが、これもちょっとみょうな感じなのです。めぐみはいわゆるおおらかなお姉さんタイプで、こういう人物が主人公と簡単にセックスするのはかまわないのですが、直前の描写とかみあっていない感じがするのです。

めぐみはある悩みをかかえており、それをふっきるために裕作とセックスをします。しかし、とてもつらそうな顔で、深刻に悩んでいためぐみが、いざセックスをはじめると『我慢できないの』と口走り、みずから裕作のちんぽを手にとっておまんこに導きいれと、あきらかに自分から楽しんでいます。

いやもちろん、実際に悩みごとがあるときにセックスするとなれば、いやなことをわすれてしまおうとばかり、ケダモノのようになってしまうのも、むべなるかなという感じですが、悩みの告白のあと数分のあいだにこんなふうになってしまうと、見ているこちらとしては、非常にとまどってしまいます。

と、あまりよくない点ばかりをあげてしまいましたが、絵は美しく、また今回は声優さんが総じて気合のはいったすばらしい演技をしてくれているため、エロ度・実用性はかなり高いです。ストーリーを見せるタイプの作品としてはすこし穴がおおいものの、エロアニメとしては中の上レベルの作品でしょう。見応えのある演出やちょっとしたミスリードも決まっており、見る価値自体はあると思えました。



※病人…この作品には死にそうな病人とのセックスシーンが存在します。セックス描写自体はかなり秀逸でしたが、そもそもあきらかにトンデモない展開であり、不快になるひともおられると思いますので、ご注意ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム