18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > 処女オークション

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

処女オークション 出品編

処女オークション 出品編

<ストーリー>
人間とモグラにのみ存在するといわれる処女膜。おまんこに存在する襞の一種にして穴をふさいでいる膜状の器官をちんぽで貫くために、100万円以上のお金を惜しみなく支払う金持ちが存在します。

そして、そんな金持ちに上質な処女を提供することを目的としたオークションが、秘密裏に開催されていました。

とある高級マンションの一室。ここでは処女を集め、管理することを生業とする男・四十万論外と、実際に処女かどうかを鑑定し、証明書を発行する女医・須賀無白蛇が共同で作業を行っています。

今回の処女候補は三人。軽そうな外見の娘『雪』、大柄な娘『海』、美しい銀髪の娘『銀』です。白蛇によって便宜上、偽名を与えられた彼女たちは、あてがわれた部屋で身の上話を…(ゼロアニメーションより)

<感想>
処女オークションというタイトルなので鬼畜・調教な展開を想像しましたが、実は全然そんなことはありませんでした。とはいえ、ほかに分類しようもないので、いちおう鬼畜系としておきます。

なにしろ、前半の13分ぐらいにわたって、処女とは全く関係ない論外と白蛇(すごい名前ですねえ)のセックスに費やされています。ただのセックスではなく、足コキと罵倒されながらの騎乗位で、いわゆるM男モノになっています。

足コキシーンは、わたし自身あまり興味がないものですから、そんなに面白いとは思いませんでした。こういうのは、ワンポイント的に使うからこそ映えるのではないでしょうか。延々と足コキをされても、ちょっと飽きます。

しかし、そのあとの騎乗位シーンはなかなかよかったです。腰の動きが変則的で、かなり見応えがありました。絵の綺麗さもあわせ、エロ度・実用性は十分です。

お話に関しては、最初こそ会話のノリが掴み辛かったものの、セリフ回しは軽妙ですし、ギャグのセンスもいいほうだと思います。とくに前半のカウパー氏腺液発見者の子孫に関する考察はわりとよかったです。

全体として、タイトルから期待したら確実に裏切られます。しかし、内容自体はそこそこレベルなので、期待しなければ、見ても損はないでしょう。M男描写と後半の処女検査、すなわち分娩台でM字開脚シーンなど、ある意味マニア向けの作品かもしれません。



※処女オークション…この作品のタイトルでぐぐったら、現実に海外で女子大生がオークションをし、普通に金持ちが落札したなどという話が引っかかりました。200万円近い金額というから驚きです。

※処女膜…破れるとか穴が開くなどという言われ方をしますが、実際は完全に膜になっているようなものではありません。たいていの女性は最初から穴が空いています。というか、穴が開いてなければ生理のときに困ります。なお、当然ながら、セックスをしているうちになくなったりもしません。要するに、ただの襞ですから。

※人間とモグラ…ただの俗説で、これ以外にも処女膜を持つ動物は存在します。たしか、太宰治だか三島由紀夫がネタに吹聴した与太話が有名になったという話を聞いたことがあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

処女オークション 落札編

処女オークション 落札編

<ストーリー>
『雪』のおまんこを検査しながら、不穏な妄想を語る白蛇。なにか思いついたらしく、怪しげな笑みを浮かべます。

そんなこんなで、オークション当日。『雪』『海』『銀』の三人娘に訓戒を垂れる白蛇でしたが、なぜか『雪』だけには残るように指示しました。

もう時間がないのにと渋る論外でしたが、白蛇には逆らえません。部屋のドアの前で、ふたりの話し合いを待つことになります。

ところが、ふいに大きな物音が響き…(ゼロアニメーションより)

<感想>
正直なところ、ずいぶんと感想に困る作品です。

面白いか面白くないかで言えば、暇つぶしレベルの面白さはあります。トンデモ展開も笑える部類ですし、エロ度も、特に後半の白蛇がらみのものはかなり強烈で、見応えがありました。

しかし、ストーリーがぐだぐだにもほどがあります。

『海』と『銀』に関しては、アホな展開ながらいちおう筋は通っていたのですが、『雪』についてのお話はひどすぎます。エロ優先といえば聞こえはいいのですが、ここまでされてしまうとせっかくのエロまで萎えてしまうぐらいのひどさ。はっきりいって、いただけません。

また、エロに関しても、描写は見応えがあるものの、実はほぼ処女と関係ありません。というより、処女セックスをしているのが『海』だけなのに、その『海』はアナルセックスに慣れており、自らアナルマスターというほどで、しかもフェラチオの達人という、いくら貫通前とはいえこんなのを処女と称していいのだろうかと思いたくなるような経験豊富な女です。正直、このタイトルでこの内容は、詐欺ではないでしょうか。

再三申し上げますが、面白くないわけではなく、十分にエロいのです。しかし、これではオススメするのは難しいでしょう。ネタにして笑い飛ばすのが正しい鑑賞法だと思います。

なお、『銀』のお話に関して、流血シーンがあります。といっても破瓜の流血ではなく、ちょっとホラーっぽいので、苦手な方はご注意ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム