18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > 刻音色

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

刻音色 ~一の刻~

刻音色 ~一の刻~

<ストーリー>
山奥にある旧家、詩条家の館には時計がありません。時計が13回目の鐘を鳴らすとき、人がひとり消えるという奇妙な言い伝えがあり、そのためたった一つ、壊れて鎖でつながれた柱時計を除いては全ての時計が撤去されているのです。

雪深い冬の日、詩条家に使えるメイドたちが風呂に入り、仕事の疲れを癒しているときのこと。仲良くじゃれあったり、軽口を叩き合ったりしている彼女たちがあずかり知らぬところで、恐るべき事態が進行していました。

当主・詩条刹弥が、何者かによって殴り倒され、監禁されてしまったのです。そして、その何者かは空調や水道に細工をすると…(ゼロアニメーションより)

<感想>
いきなり女の子たちの入浴シーンというサービスカットからはじまり、怒涛のエロ展開を見せる作品です。実用性大爆発であり、見応えがあり、超オススメ!しかし、微妙にひとを選ぶ表現があります。

登場人物の描き分け方がなかなか面白いです。実はこの作品、開始早々に登場人物がほぼ全員薬物を盛られて発狂してしまうのですが、それはつまり正常な状況の描写がほとんどないということです。それにも関わらず、特徴的なシーンとセリフ、回想などを駆使して登場人物たちの個性をきっちり説明してくれています。

そして、女の子たちの狂い方が素晴らしい!涎をたらすのはデフォルトで、目つきや表情もイカれたものになり、さらには鼻水まで垂らすようなだらしない表情になります。そして、声優さんたちの演技も素晴らしい!演技自体も素晴らしいうえに、狂ったセリフも素晴らしく、壊れた女の子が好きな方にはたまらないものだといえるでしょう!

わたしがとくに素晴らしいと思ったのは、メイドのひとり、夢叶さやかが発狂するシーンです。さやかはビリヤード場を掃除している間に薬物の影響が出てしまうのですが、錯乱し、おまんこや肛門に大量のビリヤード球を詰め込みます。そして、『入った…。また入っった…。このままじゃ、ランアウトしちゃう』などとわけのわからない言葉を口走りながら涙と涎、さらに鼻水を垂らします。

BGMもいい味を出しており、わたしは見ながら開いた口が塞がりませんでした。呆気にとられるとはまさにこういう作品に使うべき言葉なのでしょう。

ただ、当然ながら人間が発狂するシーンは場合によって精神有害です。また、この作品には一部、女の子を激しく罵倒し、殴り倒し、顔面を足蹴にするような暴力的シーンがあり、さらにフィストファックや上記のビリヤードのシーンをはじめとする異物挿入などのえぐい描写もあります。そういうのが好みでない方はご注意くださいませ。

ところで、この作品には珍しく、剃刀で陰毛を処理したり、生理の女の子がタンポンを挿入するような生活感溢れるシーンが存在します。それが目当てで見るようなものではありませんが、一応特筆しておくべきだと思いました。



※ランアウト…最後のボールまでとりきること。ビリヤードのルールはよく知りませんが、つまり台の上のボールが全部おまんこ穴に入った状態になってしまう、ということが言いたかったのでしょう。作中のセリフでは、激しい喘ぎに呂律が回らず、ラーアウドになっちゃう、というようにしか聞こえませんでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

刻音色 ~二の刻~

刻音色 ~二の刻~

<ストーリー>
狂気の乱痴気騒ぎから明けて一夜。激しく性器を酷使したメイドたちでしたが、なんとか怪我などはしないで済んだようです。そればかりか、薬物の副作用で記憶がなく、なぜ自分がすっぽんぽんで転がっていたのか理解できないというような状況でした。

ともあれ、メイドの勤めは館の管理と主人の世話。メイドたちは、いつものように仕事を開始します。

しばらくして、メイドのひとり、藤乃カスミがいなくなっていることがわかりました。館に伝わる言い伝え、時計が13回目の鐘を鳴らすとき、人がひとり消える。そのとおりのことが起こったのです。

これは、神隠し?しかし、本当にそんなことが?疑問が噴出するなか、しかしメイドたちは再び正気を失いはじめ…(ゼロアニメーションより)

<感想>
前回刻音色 ~一の刻~において、大変なことになったメイドたちでしたが、今回は出だしで正気を取り戻します。詩条葵の顔面の靴跡が消えていないなど、細かい笑いの要素を盛り込んであり、実に微妙でとぼけた味わいのある描写に仕上がっています。

そして、前回はじけた分、今回はストーリーを重視していくのか、と思いきや中盤からやはりメイドたちが発狂します。それも、前回を上回る桁外れのエグさとド迫力!これは凄すぎて、表現がキツすぎ、精神有害としかいいようがありません。

エロシーンにおいては、藤乃カスミ・詩条葵・琴崎美季が関わる場面と、夢叶さやか・綾瀬梨花が関わる場面と、二組に分かれて交互に描かれる、ということになるのですが、とくに凄まじいのはさやかと梨花のペアです。台所で発狂したふたりはそこらにある食べ物や調味料を体に塗りたくり、さらにオーブンの中の骨付き肉の丸焼きから肉の塊を剥ぎ取っておまんこに食べさせてしまいます。

詩条葵の方にしても、おまんこを縫う(!)というあまりにもあまりなシーンが存在するなど、これははっきり言ってグロの領域です。

ネタバレになるので全てを詳しくは書きませんが、それ以外にも、実写で見たらわたしは確実に吐くと思えるほどの凄まじい描写がてんこ盛り!アニメでなかったらこれはさすがに見れないでしょう。

ストーリーに関しては、完全に意味不明です。ただ、どうやら原作のゲームを知っている人間向けに作られたと思われ、作中に原作との繋がりを仄めかす描写があります。また、絵に関しては総合的に見て十分に美しいものの、動きに微妙になめらかさがないかもしれません。それと、愛液が黒、もしくは虹色で表現されているのもどうかと思わないでもありません。

しかし、そういったことよりもなによりも、グロさすら感じる遠慮のない表現は特筆ものです!万人向けでない以上、超オススメというわけにはいきませんが、人生経験という意味で、これは見ても損がないかと思います!



※おまんこを縫う…(!)というより、(*)という感じでした。



※吐くと思えるほどの凄まじい描写…これだけ丁寧な絵を描くためには、スタッフの方たちはきっと参考資料としてこの種の三次元グロ画像をじっくり見たりしたのだろうなあと思うと、正直頭が下がります。また、声優さんたちの気合の入った演技も、感動的ですらあります。一視聴者としては面白いつまらないで済ませてしまうだけですが、そういう部分に思いを馳せるというのもたまにはいいかもしれませんね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム