18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > 夜勤病棟・参

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

夜勤病棟・参 Experment.1

夜勤病棟・参 Experment.1


<ストーリー>
目が覚めると、見知らぬ白い天井。傍らには豚のように肥えた不愉快そうな表情の看護婦。主人公・空は、全く身動きが出来なず、しかも状況もよくわからないことに恐怖します。

どうやら空は、大怪我をして病院に入院している様子。しかし、あまりよく覚えていません。怪我の原因の記憶がないということもありますが、何より昔のことを覚えていないのです。それは、思い出すのがあまりにも辛すぎるために自ら記憶を封印したという感じでした。

ともあれ、浮浪者であった空には入院の費用を払うことなど出来ようはずもありません。体も動くようになったし、逃げよう。そう思い、担当の肥った看護婦を殴り倒して走り出した空でしたが、脚がもつれて転んでしまい…(ゼロアニメーションより)

<感想>
夜勤病棟シリーズの作品です。ただし、比良坂竜二やその勤務先であった聖ユリアンナ病院とは関係ありません。タイトルと病院という関連があるだけの別シリーズということになります。

出だしから少々陰鬱な雰囲気で、しかも主人公の風貌が(自粛)のような感じであるなど、どうなることか、という感じでしたが、最後まで見てもなかなか嫌な気分にさせてくれる作品です。誤解のないように付け加えると、これは作品のレベルが低いということではなく、嫌なテーマの作品であるということです。

浮浪者であった主人公が何らかの新薬の治験に採用されるという内容なのですが、この報酬が一億円という法外なもの。もうこの段階で嫌な雰囲気が漂ってきます。

さらに、主人公は治療が必要なレベルで精神に障害を負っていることが仄めかされています。異様な精神世界の描写をはじめ、他人との会話の最中に待ったく別のことを考えているとか、一般常識がかなり欠如しているなど、かなり異様な設定です。

例えば、主人公はヤキモチという単語を知らず、本当に食べる餅のことと勘違いします。こういう種類の一般常識の欠如は、普通はギャグに使われるものですが、この場面での話し相手の態度は、いかにも可哀想な人を見るような眼差しということで、嫌でも「ああそういうことなんだな」とわかってしまいます。

これらは新薬投与後の描写で、どれだけ薬の影響があるのかわかりませんが、この主人公はかなり見ていて辛いものがありました。

正直なところ、見て気分のいい作品ではありませんのでオススメはしません。ただ、暗い内容だけでなく、妙に笑えるコマなどもあり、丁寧に作られている印象です。見応えは間違いなくあると言えるでしょう。

なお、エロ度に関してはかなり高く、ボリュームもあり、充実していますが、主人公があまりにもあまりなキャラクターであるため、萎えます。少なくともわたしには無理でした。



※豚のように肥えた…別にわたしの主観で悪く書いているわけではありません。後の方で主人公が見るカオスな夢に登場する豚の目つきが、この看護婦さんとそっくりなのです。


※治験…日本では新薬というのは動物実験を経て人体への安全性が確認されたあと、さらに有志のボランティアを募って人間に投薬実験をする、という流れになります。このとき、有志には交通費や食事代の名目で報酬が支払われるわけですが、わたしが調べた限り、高くても一日1万円程度が限度です。日給としてはアルバイトレベルであり、ある程度の期間拘束されるとはいえ一億円というのは法外というか非常識、つまり人に言えないような薬である可能性が極めて高いということです。



関連シリーズ
夜勤病棟 NIGHT SHIFT NURSES
夜勤病棟・弐
このエントリーをはてなブックマークに追加

夜勤病棟・参 Experment.2

夜勤病棟・参 Experment.2


<ストーリー>
八神優をレイプした挙句、さらに辱めてしまった主人公・空。しかし、犬に噛まれたような態度ではありましたが、とりあえず優は空を許しました。優は主人公が特殊な薬物の被験者であり、悪気がないことを理解していたのです。

ところがある日、優は空の担当を外されてしまいました。一応自分のせいではないと聞いて安堵した空でしたが、すっかり好きになってしまった優がいないという状況は退屈でしかありません。

退屈しのぎに遊びにいった図書室も、字ばかりの本しかありません。もともと浮浪者で教養の薄い空は、エロ本でもないものか、と辺りを物色します。

と、図書室のインターネットコーナーでは、看護婦の如月ひよりがなにやら熱心に調べ物をしていました。この子供のような外見(それでも18歳)のひよりは、どうやらセックスに対して深い興味を抱いているらしく…(ゼロアニメーションより)

<感想>
カオスで陰鬱な展開を見せた前回夜勤病棟・参 Experment.1と違い、今回はかなり笑える作品に仕上がっています。

もともと夜勤病棟シリーズ通して絵はリアル志向なのですが、この作品に関しては絵の崩しやコミック的表現(一瞬で全裸になってジャンプする、いわゆるルパンダイブとか)が目立ちます。イメージをいい意味で破壊しており、非常に楽しいです。

また、エロ度に関しては極めて高いです。とくに、今回のメインキャラクター・如月ひよりは早熟の天才という設定のようで、かなり奇行が目立ちます。それがギャグに活かされているのですが、同時に、セックスに対する研究熱心さに繋がっています。

すなわち、資料を調べ、さまざまな器具を駆使して快楽を追及するというある意味求道者のようなキャラクターです。サムネイルのひよりの衣装もその一環なのですが、見たときは開いた口がふさがりませんでした。

なお、夜勤病棟・参シリーズとしての陰鬱さは、消えたわけではありません。今回はほとんど描かれていませんが、たまに日常の傷口から闇の世界が垣間見えるように嫌なものが仄めかされています。概ね笑えて楽しい作品ですが、油断しているとなかなかクルものがあるので、視聴にはご注意ください。

ところで、今回ひよりが研究するセックスの資料の中に、夜勤病棟シリーズのDVDがあります。七瀬恋が出演しているシーンなのですが、よほど気に入ったらしく、頬を染め、じっと見入っているひよりの表情はなかなか良かったです。当該のシーンは恋が糞汁をぶしゅーとほとばしらせているようなシーンだったのですが…。



※看護婦…作中ではきちんと看護師と呼ばれています。ただ、エロ関係ワードでは看護婦の方が一般的なのでそうしました。ぐぐって看護師の方がたくさんヒットするようになったら看護師を使おうかと思っています。



関連シリーズ
夜勤病棟 NIGHT SHIFT NURSES
夜勤病棟・弐
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。