18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > 愛姉妹 二人の果実

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

愛姉妹 二人の果実 第一夜 汚されたマドンナ

愛姉妹 二人の果実 第一夜 汚されたマドンナ


<ストーリー>
主人公・野川丈人は夢を見ます。年上の幼馴染み・岡本由美が、父の会社に就職した時の情景。そう、幼い頃から姉弟のようにして育った少女・由美は社長である父の秘書になったのです。

父はその日、由美を犯しました。

目が覚めたとき、大人になった由美がそこにいました。学校をサボって昼寝か、という由美でしたが、なんという格好でしょう。下半身にブルマをつけ、スカートも履いていません。そんな格好恥ずかしくないのかよ、と呆れて言う丈人に、仕事だから仕方ないと開き直る由美。そんな由美の後ろ姿を見ながら、丈人は、親父を見返してやる、と心に誓います。

由美、そして丈人はそれぞれ別の場所で「仕事」をしていました。それは…(ゼロアニメーションより)

<感想>
見せ方が極めて上手い作品です。

お話の内容だけを考えると、息子の幼馴染みを犯す非道な父親、その父に似て悪辣な息子、そして犯されて仲間に加わらざるを得なくなった幼馴染みの三人が、平和な家庭を騙して蹂躙する、というだけの話なのですが、キャラクターの背景を回想シーンや夢などを駆使し、ドラマチックに描いています。出だしから引きこまれ、先が楽しみになります。

絵に関しては極めて美しく、特に女体、おっぱいのぷよぷよむにゅむにゅさ加減はただ事ではありません!エロ度に貢献しており、非常に見応えがあります。

アイキャッチが作品の雰囲気と合っていない妙に明るいものであるとか、今時の学生がブルマ?とか、蹂躙される北沢家の家族写真で、なぜか夫の顔部分にゴキブリが張り付いているとか、ちょっと変な描写も目につきますが、全体としては超オススメの面白い作品だと思います。

なお、一応鬼畜系ではありますが、今回蹂躙される北沢幸絵・留美親子はどちらも犯されることをすぐに受け入れ、わりと感じまくっているため、あまり鬼畜という感じがしません。エロ度自体は高いものの、そういう意味ではソフトで見やすいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

愛姉妹 二人の果実 第二夜 堕ちた優等生

愛姉妹 二人の果実 第二夜 堕ちた優等生


<ストーリー>
幼い頃から好きだった岡本由美を父に犯されてしまい、それ以来、いつか父を見返そうと考えて生きてきた主人公・野川丈人。今回、父の標的となった北沢家の女たちを堕とすことでそれを実行しようとします。

そこで、手始めに主婦・北沢幸絵を犯しまくって快楽に染め上げ、抵抗など考えられないように仕立て上げた丈人は、続いて幸絵の娘たちに魔手を伸ばそうと目論見ます。

しかし、所詮まだ丈人は子供でした。場所が学園、また白昼ということもあり、どうしても強く出られない丈人は、せっかく幸絵の娘・留美や智子に話しかけ、脅しの糸口を掴んだのに、まんまと逃げられるという醜態を演じてしまいます。

一方、丈人の父は…(ゼロアニメーションより)

<感想>
丈人の父が「不動産会社の社長」から「学園の理事長」になったり、丈人が由美のことを「由美さん」と呼んでいたり、少し設定の変更が行われたようです。いつの間にか学園に銅像が建っているのに、なぜか学生が理事長の顔を知らなかったり、「社長、いや理事長」と最近クラスチェンジしたかのようなセリフがあったりと、微妙にちぐはぐなところがあります。

また、主人公・丈人は父に似て悪辣で鬼畜な男なのですが、女の子に強く出られると動揺したり、困惑したりというシーンが目に付きます。父の方が鬼畜な魅力に溢れたキャラクターであるので、劣化コピーになるのを避けるため、あえてキャラクターを変えてきたのかもしれません。途中からということで少々無理矢理な感じもありますが、判断自体は悪くないと思います。

一応鬼畜系の作品ですが、あまり女の子が酷い目にあっているという感じはありません。まず、母親の幸絵は、夫が単身赴任ということもあり、欲求不満という面があったようです。罪の意識はあれど、かなり若い丈人の肉棒に溺れています。

また、娘たちのうち、姉の留美は自己顕示欲と性欲がもとから強く、人に見られながら犯されるというシチュエーションが嫌いではないようで、感じるときはかなり素直に感じます。

そして、妹の智子は最近オナニーを覚えたばかりで癖になっており、金のために犯されるという悲劇的な出来事よりも性への好奇心が勝っている状態です。

今回特にわたしがおもしろいと思ったのは、秘書・由美です。優しい口調で、暗示をかけるようにして、犯される女の子が感じることを肯定しています。慰めながら心まで犯す、という感じで、極めてエロ度が高いと思いました。こういう心を責める描き方は好みが分かれるかとは思いますが、わたしはこの部分だけで超オススメしたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

愛姉妹 二人の果実 第三夜 愛と快楽に溺れて…

愛姉妹 二人の果実 第三夜 愛と快楽に溺れて…


<ストーリー>
留美に続き、智子までもが野川不動産社長に犯されてしまった北沢家。気丈な姉・留美は妹を守れなかったことに深い悲しみと後悔を覚えます。

しかし、智子の考えは違いました。もともと自己評価が低い智子は、自身の処女喪失をそれほど深刻なことだとは考えていなかったのです。それどころか、姉と同じ立場になり、家族のために何かすることができた、とすら考えていました。

母・姉・妹、それぞれ血の繋がらない北沢家は、だからこそ困難にあたって家族の連帯が強まっており、やがて姉妹は互いを慰めあい始めます。

物音に気付いた母・幸絵は姉妹の部屋を見て衝撃を受けますが、そこにどこからともなく現れた由美が、「家族なら、二人を抱きしめてあげなさい」といい、家族揃って傷口を舐めあうように慰めあうことになります。

そして、北沢家の女たちと同じように弱みを握られ、身寄りがないために社長に逆らえなかった由美も混ざって4Pを…(ゼロアニメーションより)

<感想>
実にはっちゃけた作品です。これほどアホな展開(褒め言葉)の作品を見たのは久しぶりで、非常に笑えました!超オススメです!

前半は北沢家の女たち3人と由美の4Pなのですが、さすがにこの展開には唖然としました。何しろ、いきなり血が繋がらない、というセリフが飛び出し、ざくざくと家族でレズセックスを始めてしまうのですから!設定はシリアスながら、どこかずっこけたところのある作品だとは思っていましたが、さすがにここまで来ると爽快感すらあります。

そして、前半で飛ばしたので後半はさすがに大人しい展開だろうと思いきや、後半はさらにとんでもない展開になります。しかし、鬼畜系の作品で、こんなに楽しいことになろうとは。溜飲が下がるだけでなく、ハッピーエンドでもあり、見ていて気分がいいです。

笑える展開であるため、お話の説得力などは皆無という感じですが、下手にシリアスにうじうじされるよりはこういう陽性のからっとした展開の方がわたしは好きです。

肝心のエロ度ですが、ほとんど全編エロシーンである上に乱交シーンも多く、また絵も極めて美しいので実用性は十分でしょう。もっとも、楽しすぎて笑えてしまうため、そういう気分にならないかもしれません。まあ、これは贅沢な失点といえますが。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム