18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > STAR BALLZ

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

STAR BALLZ スターボールズ

STAR BALLZ スターボールズ


<ストーリー>
孫悟空っぽいハン・ソロのような人が、ピカチュウっぽいR2D2のようなキャラクターたちとともに月野うさぎっぽいレイア姫のような人をミッキーマウスっぽいダース・ベイダーのような人から救い出すお話です。スターウォーズのパロディである他、様々な映画のワンシーンを取り入れているようです。(ゼロアニメーションより)

<感想>
スターウォーズのパロディであり、かのジョージ・ルーカスが本気で激怒して1億4千万ドル(今なら150億円強です)の賠償金を求め提訴したという曰くつきの作品です。

とにかくあらゆる場面にパロディがちりばめられており、なかなか楽しめます。わたしは映画はあまり詳しくありませんが、猿の惑星のパロディと思われるシーン(砂漠の廃墟に自由の女神)やセブンのラストシーンだと思われるシーン(別にグロくはありません)、羊たちの沈黙と思えるシーン(鉄格子越しに精液を投げかけられる)など、なんとなく元ネタがわかるシーンはニヤリとさせられました。映画に詳しい方なら、そういう意味でももっと楽しめるのではと思います。

また、音楽がわりと出来がいいです。ダースベイダーのテーマ曲をアレンジしたような曲や、ミッションインポッシブルをアレンジしたっぽい曲など、パロディというコンセプトらしくシーンに合わせて作られています。

絵に関しては背景がコンピュータグラフィックで処理されていてきわめて美しいです。人物に関しては明らかに下手糞な絵が見られる一方で、特にアクションシーンや一部のセックスシーンでの滑らかな動きなどはかなり躍動感がありました。出来にムラがあるものの、良いシーンに関しては普通に見応えがあってカッコイイです。

全編英語ですが、「OH!Yes.That's Good!」が聞き取れれば十分なわかりやすいストーリーであり、なおかつそれだけでも十分な面白さがあります。40分の作品で、見ている間ずっと面白かったとまでは言えませんが、いくつかのシーンではギャグで爆笑できたところがありました。

エロ度に関しては、セックスシーンのノリがまんま洋モノであるため、好みは分かれます。さらに、人物の絵にムラがあるのとエロがお下品ギャグの方向に向かっているので、実用性に関しては微妙ながら、ライトセイバーがちんぽの形をしていたり、兵士たちのヘルメットが亀頭の形をしていたりとなかなか笑えます。

なお、最後まで見ているとわかりますが、これはジョージ・ルーカスの激怒も納得です。顔を真っ赤にして憤慨するルーカスの顔が目に浮かぶようでしたw
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム