18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > めじょく~復讐学園~

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

めじょく~復讐学園~ 前編

めじょく~復讐学園~ 前編


<ストーリー>
熱血教師に憧れ、かつては生徒たちにもわりと慕われていた教師・猿渡丈太郎。しかし、女教頭・汀杏子は4人の側近とも言える女教師たちを従え、病気で倒れた学園長に代わって5人組と揶揄されるほどの絶大な権力を掌握してしまいます。

学園長に目をかけられていた猿渡は5人組の格好の標的となり、担当授業時間の剥奪や雑用業務の強制、生徒の前で恥をかかせ、生徒に舐められるようにしむけるなどの陰湿な嫌がらせを繰り返され、ノイローゼになるか学園を辞めるかの瀬戸際まで追い込まれてしまいました。

そんなある日、猿渡は、自分の周りを生徒会長・坂上まりもがこそこそ探っている事に気付き、さてはこいつが5人組にあることないことチクっていたのか、と激怒してしまい、下校途中のまりもを拉致して公園のトイレに引っ張り込み、レイプしておまんこと口と肛門の処女を奪ってしまいました。

ところが、よく話を聞いてみると、単にまりもは昔から猿渡のことが大好きでそばにいたかっただけで、身辺を嗅ぎまわっていたわけではないことがわかりました。猿渡は、ヤケになっていたとはいえ、自分のやってしまったことへの後悔に打ち震えます。

しかし、まりもは愛する猿渡を許し、むしろ猿渡をここまで追い込んだ5人組に共に復讐しようと…(ゼロアニメーションより)

<感想>
例によって例のごとく、「虐げられた男が忠実な下僕となる女を手に入れて虐げてきた女たちの特殊な性癖を暴き、そこを衝いて復讐する」というタイプのお話です。ほとんどパターン化された展開で、このタイプのお話の面白さはひとえに標的の女たちの性癖の意外性に尽きます。

そして、この作品の標的の意外性は素晴らしい!特に一人目の標的・国語教師の観音寺美紀に関しては、よくぞこんなアホな性癖を思いついたと感心してしまいました。これを作った人たちは馬鹿に違いありません(褒め言葉です)!

お話がマンネリズム以外の何者でもないため、何がどう馬鹿なのか説明するとネタバレも甚だしいものになってしまい、説明できないのが残念です。こういうネタは一発目のインパクトが重要で、何度も見たいと思うかは微妙ですが、一回ぐらいは見ておいても損はないかと思います。

絵に関してはとても美しいですが、綺麗に整っているため、あまり下品さがありません。こういうタイプの作品は下品な絵の方が実用性の助けになるとわたしは思いますが、このあたりは好き好きでしょう。描写自体は遠慮がないもので、エロ度は高いです。

なお、坂上まりもは猿渡に処女を奪われた際、わりと派手に出血しています。血が苦手な方はご注意ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

めじょく~復讐学園~ 後編

めじょく~復讐学園~ 後編


<ストーリー>
復讐の鬼と化した猿渡丈太郎の調教によって、廃人に追い込まれた鬼島真由美と観音寺美紀。5人組もすでに残るは美術教師・愛崎歌織と化学教師・水田瑠維、そして教頭・汀杏子の3人になります。

さすがにおかしいと気付いた杏子は、誰かの陰謀ではないかと疑いはじめ、残った三人で対策会議を開きます。しかし、強引に学園の権力を掌握したために敵は多く、誰が相手なのか絞りきれず、会議もまとまりません。

杏子たちが小田原評定を決め込むなか、彼女たちを追い込む確実な証拠を次々と探し出す猿渡は、昼休み時に屋上で黄昏ていました。

自分のしていることやこれからのことについて、色々と考えていた猿渡でしたが、そばで少女のような美しい顔立ちの少年・勇馬が一人で昼食をとっていることに気付きます。

勇馬の、怯えた子犬を思わせる雰囲気に、猿渡は即座にこの少年が虐められっ子で、クラスや教室に居場所がないのだということを感じ取ります。あの頃の自分と同じ。そう思った猿渡は…(ゼロアニメーションより)

<感想>
今回の標的は三人になりますが、教頭・汀杏子のエロシーンはほとんどないため、実質二人が相手ということになります。二人を陥れるための陰謀はなかなか複雑なのですが、細かい描写はなされていません。ゲームが原作のストーリーで、アニメの限られた尺では描写しきれないため、エロシーンを優先したのでしょう。ストーリーの説得力は皆無ですが、エロアニメとしては正しい選択だと思います。

今回は女教師が男子学生を罵倒しながら辱めるという素敵なシチュエーションがあり、さらにレズメインの乱交あり、掃除機プレイ(笑)ありと、なかなかエロ度・実用性が高い仕上がりになっています。特に掃除機プレイのシーンでは「クリトリスが伸びちゃうぅぅーっ」とか愉快なセリフが多く、見た目のアホらしさもあり、笑えて楽しいです。

オチはこの手のパターンの作品としてはなかなか珍しいものです。良くも悪くも定型に拠ったマンネリ作品とはいえ、細かいところではいろいろと手を変え品を変える工夫を忘れないという意味では好感が持てます。ちょっと拍子抜けの感もありますが、少なくとも後味は悪くなく、なかなか爽やかな終わり方と言えるものでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム