18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > 僕のセクシャルハラスメント

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

僕のセクシャルハラスメント 1

僕のセクシャルハラスメント 1


<ストーリー>
一部上場企業のサラリーマン・望月順哉。細やかな心遣いができ、先輩・後輩・同僚女子と誰にでも好かれる気さくな人柄で、年齢から考えると十分有能と言っていい好青年ですが、本人は華奢で顔立ちにも子供っぽさが残る自分にコンプレックスを抱いています。

そんな望月が尊敬するのは、上司の本間。同じ大学出身という意味でも先輩に当たる本間は、望月からみて完璧な企業戦士で、とても敵わない存在と思えたのでした。

ある日、望月がひとりで残業をしていると、そこに本間が現れました。はじめ、仕事についての話をしていた本間でしたが、ふとした瞬間、マウスを握る望月の手にやさしく手を重ねてきたのです。心の中で本間に深い憧れを抱いていた望月は、思わず体が痺れたようになってしまいました。

本間が、望月の唇を奪いました。そして、体を抱きすくめます。

ぼ、僕はホモじゃありません。うろたえる望月に、本間は、僕だってホモじゃないさ、企業戦士たるもの、両方できなければ、と自らのサラリーマン哲学を絡めつつ大人の色気を見せつけ、抵抗力を奪ってしまい…(ゼロアニメーションより)

<感想>
ボーイズラブ、いわゆるホモアニメです。

絵に関しては極めて美しく、背景なども非常に美麗。また、逆光をうまく使った人物の表現は迫力があります。男同士というのは人によって好みが分かれるかと思いますが、とにかく絵が美しいため、男同士が嫌な人でも不愉快にはならないと思います。

お話に関しては、作中ホモがわりと一般的な存在らしく、会社の女の子たちが「あの二人はできているらしい」と普通のカップル同士をいうように噂したり、タクシーの中で運転手さんが運転してるのに男に告白しようとする男がいたりします。ある意味普通の恋愛ドラマのような感じで、キャラクターたちが真剣に生きている描写も好ましいです。さらに、自分の体を餌にしてでも実績を積み上げ、のし上がっていこうとする企業戦士といった、興味深いテーマが取り上げられています。

エロ度に関しては、わたしは性的な意味で興奮はしませんでしたが、妙にテンションが上がってしまいました。どうもこういうのをみるとワクワクしてしまいます(笑)。渋い上司・本間の大人の色気がかなりよかったです。

とにかく作画や雰囲気作りがとても丁寧なので、見ていると作品に入り込むことができます。男同士がどうしても生理的にうけつけない、というようなことでもなければ、普通に面白いので見て損はないかと思います!



※ホモ・ゲイ

ホモとは本来同じタイプという意味。ヘテロが異なるタイプということで、異性愛をヘテロとした場合に対する同性愛を意味します。したがって、女性・男性どちらも同性愛であればホモになります。この言葉を好ましくないと考える人がいて、ゲイと言い換えるようになったそうですが、どちらも同じ意味になります。女性同士でもゲイ・ホモで間違いではありません。なお、レズビアンに関してはきちんとした語源がある完全に女性専用の言葉です。

※性同一性障害

肉体と精神の性別が異なっている人。例えば、肉体的に男性でも心が女性で、自分の肉体に違和感を持っていたりする人を指します。同性愛は、男として男を愛する、というような感じになりますので、自分を女だと感じる男性が男性を愛しても同性愛ということにはなりません。なお、男性が女性の姿をすることで女装趣味などと混同される場合がありますが、女性の性同一性障害の人に言わせると「自分は男のはずなのに胸が膨らんでいるのはおかしい、すごく嫌だ」というレベルの話のようで、違う人間になるという変身願望の延長にある女装などとは、似ていても根本的に違うようです。

※オカマ・オナベ

上記の事柄を全て混同した俗語。ショービジネスの世界ではおしゃれにニューハーフなどと言われるようになりましたが、いずれにしてもこれらは正確な定義がない、いい加減な言葉になります。もっとも、適当であるがゆえに日常にはこちらの方がよく使われています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

僕のセクシャルハラスメント 2

僕のセクシャルハラスメント 2


<ストーリー>
自らの体を張った「特殊な接待」で主任の地位を手に入れた主人公・望月順哉。望月は優秀な成績を収める一流のサラリーマンですが、本人には自信がありません。実力より、接待の成果や派閥力学による昇進ではないかとどうしても思ってしまうのです。

そんな中、望月と上司・本間に栄転が決まりました。3年間、アメリカ・ボストン支社に転勤ということになったのです。本間には支社長という肩書きがつき、まさに絶頂を目指して突き進むという感じです。望月は、本間の企業戦士としてパワー溢れる生き様に心惹かれていました。

転勤して一ヶ月。ボストンで望月を公私にわたって面倒を見ている新見ジョーという日系人の男が…(ゼロアニメーションより)

<感想>
これは実にクォリティが高く、気合の入った作品です!ホモアニメということで好みは分かれると思いますが、わたしは超オススメします!

絵は極めて美しく、また演出も素晴らしい。作中、望月の少年時代、ホモに目覚める、というような描写があるのですが、ノスタルジー溢れる美しい描写で、見応えがあります。また、男性同士の行為ですが、そういう趣味のないわたしから見てもまったく苦にならない上手な見せ方。とにかく、アニメとして優れているため、お話の面白さがダイレクトに伝わります。

お話に関しては、自分の体を利用して仕事を優位にすることへの葛藤、さらに職場の企業戦士としての同士でありながら同時に恋愛の対象でもあるという状況を説得力十分に描いています。

特に、今回男同士ではありますが、レイプ、脅迫、陰謀なども緊張感たっぷりに描かれ、お話の面白さも群を抜きます!

エロシーンについては、性器の描写はありません。例えば肛門を舐めるシーンなどでは舐められている側の表情を描く、というような感じで、直接的な描写は避けています。万人向けな描写で、そういう趣味がない人でも見やすくてよいと思います。



※アルコール浣腸…肛門からお酒を直接注入するのは危険なのでやめましょう。口から飲むのより吸収が早いため、急性アルコール中毒になる可能性があります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

僕のセクシャルハラスメント 3

僕のセクシャルハラスメント 3


<ストーリー>
ボストンでの仕事にも大分慣れてきた主人公・望月順哉。ある日、働いている望月のところに、久しぶりに本間支店長がやってきました。仕事の話ではなく、ちょっと見に来た、ということのようです。

その日は仕事の後、英語学校をサボって本間と食事ということになりました。そして、当然のように一夜を共にすることになります。

本間の愛撫に、激しく悶える望月。そして、「愛している」と口にする本間。本間には妻子がおり、また望月も本間への気持ちは尊敬・憧れのようなもので、この唐突な愛の告白に、望月は違和感を覚えます。

一方、望月は新見ジョーとの事件で傷ついた心を癒すため、日本に住む気の合う友人で、自分に深い好意を寄せている男・藤田とハワイでの旅行を計画していました。それを知った本間は…(ゼロアニメーションより)

<感想>
例によって、性器が描かれない描写ですが、今回は中々生々しい。わたしはどちらかというとそういう趣味がないため、性的な意味で興奮はしませんでしたが、それでも迫力がある、と思いました。

お話自体は主人公が女性でも成立する内容であるため、普通に女の子が主人公という作品にしていたら、大変なことになっていただろうな、と思います。全く、世のエロアニメが全部この作品並のクォリティがあればいいのに!

内容は、枕営業というような汚い手段を使ってでも成績を上げる主人公と、その上司で愛人、そして遠く離れた場所から主人公を真摯に愛し、待ち続ける男、というシチュエーションで、実にわかりやすい面白さがあります。

ホモ同性愛とか関係なく、これは普通にお話としてもアニメとしても優れた超オススメの傑作です。男同士というのがどうしても嫌なら仕方ありませんが、そうでないならぜひ見てみてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム