18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > 人心遊戯

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

人心遊戯~Love Lessons 1

人心遊戯~Love Lessons 1


<ストーリー>
夜の街。人の欲望を飲み込むネオンの下で、一人の男がぼこぼこにされていました。彼の名は草薙。つい借金を増やしてしまい、いまや金利だけでも首が廻らない状態。腎臓と角膜でも売るか?と、すごまれてしまってはぐうの音もでません。ともかく道端では埒が明かないので、組事務所に連れて行かれてしまいます。

事務所で待ち受けていたのは、草薙の高校生の頃からの友人・高森でした。腐れ縁とはまさにこのことで、草薙の借金はそもそもこの高森が原因なわけですが、今となっては高森しか草薙を助けられる者はいません。

借金を棒引きにするための条件として高森が提示してきたのが、ヤクザの新事業に力を貸すことでした。その事業とは、クライアントの要望にあわせて女性を調教し、商品に仕立て上げること。そう、草薙はいまでこそ落ちぶれていますが、実はそれなりのスキルを持った調教師で…(ゼロアニメーションより)

<感想>
よくある女の子をとっつかまえて調教し、性奴隷として売りさばくというタイプのお話かと思いきや、意外としっかり作られています。

特に面白いと思ったのは、設定がしっかりしている点です。調教される側の女の子も、出身地や家族構成などがしっかりプロファイリングされています。さらに、珍しいことに買う側、すなわちクライアントの設定もきちんと作り上げられています。また、こういう作品では舞台装置や設定が大掛かり過ぎて現実感がまるでないのが常ですが、この作品に関しては、大掛かりであってもありえないとは言い切れなそうな程度の大掛かりさです。

絵に関しては十分に美しく、人の動きも丁寧に作り上げられ、見て苦になるところはありません。エロ度に関しては、その丁寧さが裏目に出て下品さが足りませんが、無修正なので実用性は十分です。

調教系の作品で、ヤクザが出てくる割にはあまり鬼畜という感じがしません。その分後味は悪くないのですが、鬼畜なものが好きな方には向かないかもしれません。どちらかというとおとなしい佳作だと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

人心遊戯~Love Lessons 2

人心遊戯~Love Lessons 2


<ストーリー>
女たちを商品に仕立て上げていく草薙。彼の調教は女をその気にさせる演出が上手く、そのため女たちは、実際には騙され、借金まみれになったがために売られていくのに、自ら道を切り開くという前向きな気持ちに錯覚させられ、熱心に「仕事」をこなすようになります。

そんな中、順調に調教が進んでいた桜月佐奈について、「幼い頃に近所の年上の姉妹に可愛がられた経験から、女二人に可愛がられたい」というクライアントの要望に応えるためと、草薙の興味もあり、妹の奈津美を巻き込むことに…(ゼロアニメーションより)

<感想>
非常に丁寧に作られた作品で、お話が面白いです!

今回は佐奈の妹・奈津美を騙して闇の組織に引きずりこむという、悪辣なことが行われているのですが、不思議に鬼畜な感じがしません。というのも、舞台を揃え、上手く心理的に誘導し、本人に「自分の意思でそうすることに決めた」と錯覚させているからです。調教系のお話は無茶な展開の作品が多い中、これほど丁寧に作られた作品はあまりなく、見る価値があります。

エロ度に関しては、あまり高くありません。軽いSM描写と佐奈の調教シーン、そして奈津美が闇に堕ちる決意のオナニーが描かれていますが、どうも下品さが足りず、おとなしい印象がぬぐえないのです。妙にリアルなことに、メガネ娘の晩生な女子大生・奈津美の陰毛が全く処理されていない剛毛でおまんこを覆っています。心理描写からいろいろ想像を膨らますことはできますが、直接的な刺激は薄いと思います。

しかし、超傑作とまではいかないものの、全然有名でもない作品でこれだけ面白いのはかなり得をした気分になります。ただ、ラストに「続く」とありましたが、ぐぐってみても3作目以降の情報が見つかりません。もしかして打ち切りかもしれません。先が楽しみな作品なだけに、もしそうなら残念です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム