18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > MEZZO FORTE メゾフォルテ

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

MEZZO FORTE メゾフォルテ 1

MEZZO FORTE メゾフォルテ 1


<ストーリー>
非合法の品物を売り込みに来たのは、少女といっていい若い娘と、幾分年上と思しきファンキーなファッションの若い男でした。もちろん、物騒この上ない取引。相手が人生経験が少なそうな若造であっても油断はしません。組織の男たちは、二人に身体検査を施します。

途中、相手が可愛い女の子であったためついスケベ心を出した方の男がぶん殴られて血を見たりしましたが、まあ商談は成立。品物、すなわち自ら客引きをし、出された精液を自動排出する機能までついた超高性能ダッチワイフを引き取ることになります。

しかし、当然のことですが、この二人の若者を始末すれば、品物の代金を払う必要はありません。男たちはいやらしい笑みを浮かべると、銃を二人の若者―鈴木海空来(すずき みくら)と原田智久(はらだ ともひさ) に突きつけ…(ゼロアニメーションより)

<感想>
わたしは未見ですが、この作品の続編として地上波で放映されたMEZZO(メゾ)というのがあるそうです。ちょっと調べてみたところ、なんでも地上波で正式な続編が放映されたエロアニメというのは史上初らしく、そういう記録に相応しい素晴らしいクォリティの作品です。

絵は極めて美しく、キャラクターの動きはさりげない小さな仕草まで描きこまれており、見ているだけで感心してしまうほどです。また、近未来SFのお話も緊張感のある展開で、アクションシーンも非常に見応えがあり、引き込まれます。

ちょっと残念なのは、エロアニメであるにも関わらず、エロシーンがほとんどありません。多少はあり、そのちょっとしたエロシーンは迫力・内容・クォリティとも素晴らしいのですが、時間が1分50秒ぐらいしかなく、短すぎます。このエロシーンの少なさは、逆に普通の作品をエロアニメにしないと売れないから無理にエロを加えたのでは、と邪推したくなるほどです。もっとも、そう思いたくなるほど普通の作品として面白いということもあるのですが…。

今回は前半ということで、なかなか緊迫感のあるところで終わっており、続きが楽しみになります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

MEZZO FORTE メゾフォルテ 2

MEZZO FORTE メゾフォルテ 2


<ストーリー>
海空来たち危険代行業(DSA)の3人が依頼を受けて誘拐し、誤って死なせてしまった小太りの中年は、プロ野球球団・ピーチツイスターズのオーナーで桃井グループのトップ・桃井桃吉でした。楽天的な海空来は別として、まさかそれほどの大物と思っていなかった原田や黒川は、下手を打つと命に関わる事態に巻き込まれてしまったことを理解してげんなりしてしまいます。

一方、桃吉の娘で「血の赤は青春の赤」と述べるほど殺人が好きな「サイコ女」桃実は当然このままでは収まりがつきません。憤怒のあまり誘拐時の銃撃戦で生き残った10人ほどのボディガードたちを役立たずと罵り、その場で銃で皆殺しにすると、桃井グループの総力を上げて「オレンジ女」海空来たちの捜索に乗り出し…(ゼロアニメーションより)

<感想>
実に面白い作品です。切れのある展開と滑らかで迫力のあるアクション。喋っている口元まで緻密に描きこまれた美麗な絵。どれをとっても一級品です。アクション大作という感じの作品なので、心に残るストーリーというよりは見て爽快感を覚えるタイプの作品になります。

エロ度に関しては、前作に引き続き、エロシーンがかなり少ないです。一応可愛い女の子が「お願いわたし好きな人がいるの」などと言いながら、しかし男たちに輪姦され、二穴同時に犯されて悶絶するというかなり迫力ある内容なのですが、時間的なボリュームが少ないのです。きちんと伏線が効いており、クォリティも十分に高いのに、どうにもとってつけた感がぬぐえないのは残念です。

ともあれ刺激的な娯楽作品ですので、エロ度は高くないもののお話の面白さだけで超オススメとしておきたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム