18禁Top Pageレビュー記事索引このブログのテキストについてワンクリ(ツークリ)詐欺についてランキング

最新記事一覧

Top Page > 雛鳥の囀

ゼロアニメーションの最新作品

記事タイトル一覧

雛鳥の囀 前編

雛鳥の囀 前編


<ストーリー>
19世紀・大英帝国。鉄道王ドレッド=バートンの屋敷は、新しい女主人クレアのもと、穏やかな時を刻んでいました。屋敷は火災で一度焼け落ちていましたが、いくつかの調度品は焼失から免れ、良くも悪くもかつて起こった出来事を思い出させます。

かつて起こった出来事。いまでこそクレアの執事としてメイドたちを束ねるフォスターは、実は凄腕の調教師であり、クレアはバートンの命で高級娼婦になるべく調教されていたのです。とはいえ、それももう昔のこと。クレアは屋敷の主といっても絶対的な存在ではなく、友達のような感覚で、自らお茶を入れたりもしていました。

ところが、そんな平和な日常は、長くは続きませんでした。突然、キャロルという金髪の少女が屋敷にエリザベスという友人を連れて乗り込んできたのです。

なんとキャロルは大財閥の娘で、鉄道王の遺産を横から掠め取るために送り込まれてきたのでした。キャロルは合法に見せかけた不当な手段でバートンの屋敷を押収すると、あたかも王者の如くに振る舞い、そればかりかフォスターに、他に行くところのないメイドたちを娼婦として調教するように命じ…(ゼロアニメーションより)

<感想>
いわゆる「メイド萌え属性」がブームとなる始まりごろに位置するシリーズです。この前シリーズにあたる作品に「殻の中の小鳥」というのがあり、どうやらこちらが名実ともにメイド萌えの起源ということになるようです。

わたしは一応前シリーズの方は見たことがあるのですが、なにしろものすごく昔のことなので、内容は今回記事を書くために設定を調べるまですっかり忘れていました。もっとも、前シリーズのネタはちりばめられているものの、基本的にきちんとこの作品だけでも楽しめるように作ってあるので問題はありませんでしたが。

絵に関しては極めて美しく、背景やヴィクトリア朝時代のイギリスの庭園・習俗もきっちりと調べられている感じがして、それだけでも見る価値があります。そしてお話に関しても、大半メイドを調教しているだけの内容にしては意外性やドラマがあり、飽きさせません。とりわけ、キャラクターの描きわけは見事なもので、調教されるメイドたちの反応もバリエーションがあり、さらにキャロルの傍若無人っぷりはむかつきながらも爽快感があります。

エロ度に関しては無修正で、絵が美しいので実用性は十分です。メイドの人数が多いため、一人一人の時間が必然的に短くなってしまうのが難点ですが、最初に調教を受けるキャラクターに関しては尺が長めにとってあるのでボリューム感もあります。

さすがに歴史的作品という位置づけにあるシリーズに相応しい安定した面白さです。萌えと一口に言っても、その歴史や定義などは実はあんまりよく分からない方、この作品を見て勉強してみてはいかがですか?(笑)



関連シリーズ
殻の中の小鳥
このエントリーをはてなブックマークに追加

雛鳥の囀 後編

雛鳥の囀 後編


<ストーリー>
バートンの屋敷に君臨するキャロル。まだあどけない少女といってもいい年齢にもかかわらず、フォスターによるメイド調教の現場に同席し、さらには自ら接客と称するメイドの性的接待をセッティングするなどの仕事をも精力的にこなし、過労から机で眠ってしまうことすらあります。

そんなキャロルのメイドたちへの接し方は、ほとんど虐待に等しく、とりわけ元友人のエリザベスはまだ満足に調教が出来ていないにも関わらず、二人のジェントルマン(紳士)に同時に犯させ、それを見て笑みを浮かべるなど、勝者による敗者への搾取を遺憾なく表現しています。

キャロルの異常ともいえる暴君っぷりに密かに怒りを感じるフォスターは、何とか状況を逆転させるべく裏で動きますが、どうにも上手くいきません。キャロルが属するウェラクスタ財閥とはそれほど巨大だったのです。

しかし、勝者であることを常に義務付けられているウェラクスタの血統であることのプレッシャーは徐々にキャロルを追い詰め…(ゼロアニメーションより)

<感想>
お話を見てるとわかるのですが、どうやらこのお話はいわゆる「本筋」ではないようです。というのも、どうやら登場人物たちは全員、暴君キャロルも含めて、巨大な流れに飲み込まれてもがいているだけだからです。そういう流れのなかで、勝ち続けることを求めて苦しむキャロルと、苦痛に慣れたり、日々の楽しみを見つけたりしてしなやかに生き続けるメイドたちとの対比がテーマになっているように感じます。格差社会だの勝ち組負け組だののキーワードが氾濫する現代社会においてはいろいろと身につまされるところもあるドラマなのでは、と思います。

とまあ面倒臭いことも考えてしまう深みのある作品でしたが、もちろんこれはエロアニメ。大事なのはエロシーンです。その肝心なエロ度ですが、乱交やイラマチオなど、絵自体は豊富なのですが、各シーンの尺は長くなく、お話の添え物とか前提といったもの以上ではありませんでした。また、メイド虐待が重要なテーマになっているため、そのようなシーンが多く、少々精神的にキツイところもあります。万人向けでエロさを楽しめるとは残念ながら言えないと思います。

とにかく予想外な展開があり、また、暴君で不愉快な強者なのにどこか脆さを抱えたキャロルもなかなか魅力的なキャラクターです。エロアニメとしては見る人を選ぶかと思いますが、作品としては面白いので、ぜひ見てみてください!



関連シリーズ
殻の中の小鳥
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトショッピングドットコム